5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Vip大使館

1 :学生さんは名前がない:05/03/08 16:33:50 ID:vqWOo9Em0
VIP国歌


ぷぷっぴどぅー やらないか
乳首と聞きつけるやいなや
溶けた氷の中に処女がいたら
たまたましこしこしてみたいね

薫製うんこをひねり出す 薫製うんこをひねり出す
水上置換方よりもむしろベテルギウス的なロマンス

美人は性格がぶす フラッシュ職人いればいいな
どっしゃ どしゃ ぷーひゃら どしゃ どしゃ
おうおういいぇえー
左まがりなのは童貞のせいじゃない。
幼女をストーキング ラララ ラララ


2 :学生さんは名前がない:05/03/08 16:35:00 ID:J5fMoOkr0
unko

3 :学生さんは名前がない:05/03/08 16:35:40 ID:3RdfPmHb0
全角英数ですかそうですか

4 :学生さんは名前がない:05/03/08 16:40:20 ID:DZk/c+DX0
あれは8月の中旬。
 その年の夏は酷い暑さで、僕はやりきれなかった。
 いつも喫茶店「サムタイム」に行き、自分を見つめ直した。
 サムタイムに行くのは、実は大きな理由があった。
 髭面で強面のマスターは、いつもグラスを磨いている。
 となりには、赤いエプロンの女性がいた。
 エプロンの胸元に「跨櫨」と書かれた名札を付けている。
 この跨櫨の存在が僕をサムタイムへ行かせる最大の理由だ。
 跨櫨が日本人ではないことを、注文のときの片言で僕は悟っている。
 僕が、まず知らなければならないのは、彼女の名前だ。
 跨櫨を何と読めばよいのか、僕の漢語力では無理だった。
 
 その日、僕はいよいよ彼女の名前を知ることができた。
 その瞬間は突然だった。
 他の客が注文を頼んだあとすぐの出来事であった。
 跨櫨が裸になり、オムライスを持ってその客のとなりについた。

 その客が注文したのは、「オムライス」と「コーラ」だった。

5 :MC29 ◆zIYf.h6cS. :05/03/08 16:42:08 ID:wtlJfrUH0
| 何について調べますか?
| ┌────────────┐
| | >>1をVIPに帰す方法     |
| |                    |
| └────────────┘
| [ オプション(O) ]   [ 検索(S) ]
| 
`──────────┐ ┌───
           , '´l,  ..| ./
       , -─-'- 、i_  |/
    __, '´       ヽ、
   ',ー-- ●       ヽ、
    `"'ゝ、_          ',
      〈`'ー;==ヽ、〈ー- 、 !
       `ー´    ヽi`ヽ iノ
                ! /
              r'´、ヽ
              `´ヽノ


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)