5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

薫×梓 電波なお仕事観測所 97

1 :名無し草:04/12/05 22:10:02
ある時は作家、ある時は評論家、そしてまたある時は演出家にして脚本家、
さらには作曲家、しかもピアニスト、たまにはワクショ講師、
その正体は分泌家中島梓・栗本薫こと温帯。
ここは温帯の「仕事」を包括的に語るスレです。
公式サイトの内容のうち、温帯のプライベートに関する突っ込みは無し。
サイトヲチはネットwatch板でどうぞ。
関連スレヲチは当スレでお願いします!
(外部リンク・関連スレは>>2-5あたりのどこか)

前スレはこちら
薫×梓 電波なお仕事観測所 96
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1099460475/l50
*お引越しは>>980を目安に


2 :名無し草:04/12/05 22:10:34
■ 2ch内関連スレッド
薫×梓 電波定点観測所 95
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/net/1101129749/
グイン・サーガ73 【私情全開の作家氏(ライトノベル板)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1098034688/
ぐいんさぁが 2(一般書籍板・現状肯定?派につき手出し無用)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1059029106/

※ 21禁板につき注意
【天下】栗本@温帯【万敵】〜ここは神楽坂10丁目(801板)
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/801/1098241633/

■ 外部リンク
・あぐら坂
homepage2.nifty.com/kaguraclub/
・温帯用語の基礎知識(閉鎖・ログは有り)
ttp://zonu.2ch.net/85/tomatoes.html
・温帯用語:基礎の基礎
(「温帯」「トマト」について手っ取り早く知りたい人はこちらを)
ttp://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Pochi/6593/tomato/kisokiso.htm
・更新日記入門・跡地
ttp://rotten-tomatoes.netfirms.com/
・栗本薫・中島梓(温帯)に関する覚書
ttp://slugemanon.dnsalias.net/aguraclub/index.html
・温帯ナビ
ttp://zonu.2ch.net/121/slug.html
・辺境の倉庫番さんからうけつがれた
 なめくじemanonさんの過去ログ倉庫
ttp://slugemanon.dnsalias.net/nospherus/index.html
・温帯ナビの補完に便利。過去ログ嫁!
ttp://slugemanon.dnsalias.net/cgi/namazu.cgi.exe


3 :名無し草:04/12/05 22:11:38
あああいけね_| ̄|○

ラノベグイソスレも新スレ立てたので

グイン・サーガ74 【知らんもう嫌】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1102252001/


4 :名無し草:04/12/05 22:22:31
4様

5 :名無し草:04/12/05 22:31:18
>1
乙です!


6 :名無し草:04/12/05 22:33:17
>1
乙彼〜。

7 :名無し草:04/12/05 23:24:06
>1
乙です。いやホントに

8 :名無し草:04/12/06 01:20:09
>1
乙鰈様〜!

9 :名無し草:04/12/06 20:06:34
>さて、本当はですねえ。夢幻戦記書かなくちゃいけなかったんです。年内に1冊
>どうしてもって云われていたんですけど、諸般の事情により、どうしてもグインの
>101巻も書かなくちゃならないってことになりまして、やっぱし、どうも、そっちが
>先になっちゃいますねえ。いや、これはですね、グイン100巻が出たあとに、
>ハヤカワさんのほうで、またまた「月刊グイン」やらないかっていうすごい話があって、
>101,102と続けて出せないかなっていうことで、これはイラストの丹野さんの
>ご都合もあるからあんまり急に出すってわけにゆかないので、なるべく早いうちに
>何冊かグインを書きだめしなくちゃならないはめになりまして、だったらまあ、
>続けて書いちゃったほうがアタマがグインのままですみますもんね。
>でも、これが終わりしだい、なんとか年内からせめて年明けくらいには夢幻戦記の14,
>書かなくちゃとは思ってるんですけれども。なんか来年もしんどい年になりそうですねえ。

これも「乙彼」と言えるのか?w

10 :名無し草:04/12/06 21:33:38
>ハヤカワさんのほうで、またまた「月刊グイン」やらないかっていうすごい話があって、
>101,102と続けて出せないかなっていうことで

大急ぎで出さないと、「100巻で完結」と思い込んで買わなくなる読者がいるってことかなw

11 :名無し草:04/12/07 01:16:31
>10
ものすごくそんな感じ。
ハヤカワかなり危機感を抱いてるみたいだな。

12 :名無し草:04/12/07 02:05:57
難民、今日(昨日か)書きこめなくてあせったよ。
移動してたんだな。

13 :名無し草:04/12/07 17:56:51
>12
あせるようなことでもないかと。
1日ぐらい書き込めなくてもいいと思う。

14 :名無し草:04/12/07 20:14:11
その間に祭りがあったら困るとか

15 :名無し草:04/12/07 20:38:13
>14
祭りに出れないと死ぬほどつらいんだろうな

16 :名無し草:04/12/07 20:47:13
ダビンチの「隠し玉はコレだ!」という企画でグインサーガ第100巻が紹介されてるんだけど、
そのむすびの言葉が「怒涛の展開にご期待ください。完結はしません。」

本当にハヤカワ必死だね。

17 :名無し草:04/12/07 20:47:25
なにはともあれ乙

18 :名無し草:04/12/07 21:07:37
>>16
ハヤカワの中の人、やっぱり2chでリサーチしてるんじゃないの?
「100巻までは買うけど、それでさよなら。そういう人は多いと思う」
という書き込みの多さを見て怯えてるとしか思えんw

19 :名無し草:04/12/08 14:29:14
怯えてるってことは少しは内容の崩壊にも気付いてるって事でしょw
もうあとは、なんとか最小限の巻数でエンドマークをつけさせてくれやハヤカワ。
110巻くらいならなんとかまだ買う人もいるかもしれんぞ。

20 :名無し草:04/12/08 18:19:26
早川がダイソーと提携して、100円ブックとして売るなら
買ってもいいかな<月間グインサーガ
でも絵師さんが気の毒だな。

21 :名無し草:04/12/08 18:29:00
もう絵なんてあちきレーターの落書きでいいんでね?

22 :名無し草:04/12/08 18:38:43
>>20
それだっ!
100円読み捨てなら買ってやってもいい。
温帯には「100円読者」とでも吼えさせておけ(w

23 :名無し草:04/12/08 19:49:12
100円なら金出していいと思えるとは
まだまだ熟しきってないようだな。
私は100円もらっても断わるが。

24 :名無し草:04/12/08 19:52:36
>20
100円でも1冊で10円の印税。
公称20万冊が本当なら、200万になる。
それを毎月出したら、2400万だ。
決して少ない金額じゃないぞ。騙されるな。

25 :名無し草:04/12/08 20:07:44
100円だろうがゴミはゴミ。
そんなもんに使ったら、硬貨の姿をしたもったいないお化けが出るぞよ。

26 :22:04/12/08 20:11:14
うう、そうか…まだまだ熟してないな、俺。
首くくって出直してきます…

27 :名無し草:04/12/08 23:09:41
>24
公魚がダイソーミステリを弟子とともに出したとき、いろいろと情報がリークされていたが、
一冊100万円以下の値段で買い切りだそうだよ>原稿料
しかも、月刊なんてコストかかることしない。一気に30冊刊行。

28 :名無し草:04/12/08 23:49:25
ミステリ板に100円ショップミステリのスレがあるけど、あれ結局
場所とる割には売れなくて、倉庫にひっこめてある状態らしいね。

一応、レジの人に「欲しいので出して」と言えば、大きいところでは
対応してくれることもあるそうだけど。

まあ本好きな人にはイマイチ食指が動かないっぽい雰囲気だし、
テキトーに読み捨てしたい人にも、小説よりはマンガやパズル本
の方が買われてるようで。

…およそ売れないだろうし、やったら馬鹿だと思うけど、グイン100冊
100円本になってズラっと棚を占拠してる状態って……見てみたいと
思わないこともない(ブックオフ行きゃ済む話かもしれないけど)。

29 :名無し草:04/12/10 10:22:30
ω

30 :名無し草:04/12/10 18:30:57
・ω・

31 :名無し草:04/12/10 20:34:45
(・ω・)

32 :名無し草:04/12/10 21:06:04
  ∩ ∩
 (・ω・)


33 :名無し草:04/12/10 22:05:13
    ∩ ∩   
   (・ω・)   や ら な い か ?
  / , ヽ lヽ、   
ニ(_つ'Y /ニニニii
ニニl   ! レ'~`iニニii

34 :名無し草:04/12/11 21:32:09
とうとう自分の欲望に忠実になったの、ナリス?

35 :名無し草:04/12/11 22:30:41
age

36 :名無し草:04/12/11 23:51:59
やめてやめないで
    ↓
やらないか?

確かにここまで正直になれば読者に支持されたかもしれない

37 :名無し草:04/12/12 13:21:51
紫の元ボーカルがなにかしたらしいんだが、温帯はこのグループ好きだったような

38 :名無し草:04/12/12 15:45:34
太陽風交点事件の堀さん、HP新しくしたんだね。
裁判の記録が読めるようになってたよ。ガイシュツ?
昼行灯が裁判でのらりくらり言い逃れしようとしているのが
非常に醜いな。
ところで横順てこの事件で何かとばっちり受けていません
でしたっけか?

39 :名無し草:04/12/12 15:52:14
>38
ヨコジュンは太陽風交点事件じゃなくて、離婚騒動の時に間に入って何とかしようとした。


40 :名無し草:04/12/12 16:16:01
>37
翼あるもので今西良と森田透が所属してるバンドのモデルが「紫」だった。
元祖ナマモノ801ってやつね。
(元はデビュー前の20歳前後の頃に書いた作品らしい)

>38
昼行灯も醜いがあのサイトにおける堀氏の口汚さも醜くて嫌だ。
やっぱり作家は好き勝手なことを書けるサイトなんか持たない方がいいと思う。
温帯を筆頭にまず例外なく人間性の醜さを晒してるからなぁ。

41 :名無し草:04/12/12 16:59:38
>作家は好き勝手なことを書けるサイトなんか持たない方がいいと思う。

まったくですな。
まさに「チラシの裏に書(ry」
ひとたび自分のHPを持つと、なんかのスイッチが入ってしまうのか。

42 :名無し草:04/12/12 19:16:51
デビカバだったかギランだったかにインタビューしたって
自慢してたんじゃなかったっけか。


43 :名無し草:04/12/13 00:27:51
ここ数日夏/侯/恵スレに張り付いてたら
温帯が神々しく見えるぜ…

44 :名無し草:04/12/13 01:02:24
ヨコジュンの妹さんが元奥様だったんじゃないの?

45 :名無し草:04/12/13 01:08:40
恋愛問題や男女問題に第三者が首を突っ込んでもろくなことにならない

46 :名無し草:04/12/13 12:05:10
>でも、いよいよ「あと2!」になりまして、おおむねいただいてる感想では
>「このところすごく展開が早い」「まさかこうなるとは!」という、その
>「まさかこうなるとは」について詳しく語っちゃうとこれはネタバレになっちゃうので、
>何も言えないんですけれども、とりあえず、これからまだ100巻、101巻くらいまで
>怒濤の展開が続くと思います。

「まさかこうなるとは…(; ´Д`)」「まさかこうなるとは…( ゚д゚)ポカーン」
「まさかこうなるとは…ヽ(`Д´)ノウワァァン」「まさかこうなるとは…Σ(゚д゚lll)」
「まさかこうなるとは…マズー(゚д゚) 」「まさかこうなるとは…゚(゚´Д`゚)゚ 」
のうちのどれかだと思うんですが、ニュアンス読み違えてませんか先生。

>じゃあどこ書いてれば疲れないんだっていわれると困るんだけど、そうですねえ、
>宮廷でうだうだ舞踏会してたりとか、そういうとこも、苦手な人はいるみたいだけど、
>私は大好きなんで(^^;)舞踏会とか宴会とか、即位の大式典とかねえ。
>ああいうのもまた戻りたいんだけど、これもまた、「皆さんしだい」ってことになっちゃうな。

豚の丸焼きの前でヲホホ笑いをしながら踊るんでしょ?誰も読みたくないです。

>なんというか、当分「むさい巻」が続く感じで(爆)ああ、クリスタルの舞踏会の夜が恋しい(爆)
>私なのでした。あんまりむさいと外伝書いちゃうぞ(爆)

ナリヌが書きたくてうずうずしてるようです。禁断症状出てます。

47 :名無し草:04/12/13 12:24:15
>ああいうのもまた戻りたいんだけど、これもまた、「皆さんしだい」ってことになっちゃうな。

儲のみなさん! 誘 い 受 け ですよ!!

48 :名無し草:04/12/13 15:04:59
儲信者はここですかさず
「舞踏会の話イイです!外伝書いて下さーい」
と叫ぶもんなのか?
「むさいグイン最高です!カッコイイです!さらに渋い展開を期待しています!」
とふぁんメールを装って出したらどうだろうか

49 :名無し草:04/12/13 16:35:10
「まさかこうなるとは_| ̄|○」も。

50 :名無し草:04/12/13 17:20:48
「まさかこうなるとは・・・」
  -−_─ - ─_−_─ -  ─− ̄─ - ─_−_─ - _−-
            -  ̄─_─ ̄─ -- = ─ -- = ─− ̄-
              ─ ̄ -−-- ─− ̄─−--− ̄−-
            -  ̄─_─ ̄─ -- = ─ ─− ̄-
              ─ ̄ -−-- ─−--− ̄−-
           ∧∧
           /⌒ヽ)  ザブザブ
         三三三
        三三

51 :名無し草:04/12/13 21:18:07
>>18
ハヤカワだって、腐っても出版社だ。
2chなんぞ見なくても、ここ数十巻の売り上げ落ち込みと、
100巻以降の下降線もわかってる。
だから、月刊(できれば週刊。w)でガンガン出したいのよ。
継続購入者はつられて買うからね。

>21
100円ショップで売るなら、イラストは入れないだろう。
(イラスト料がフリーなら別だが)
ただ、100円ショップで売れるのは実用書くらいだと思うなぁ。

52 :名無し草:04/12/14 13:24:05
ほっそりグインはむさくない。
スネちゃまなドードーもむさくない。

53 :名無し草:04/12/15 13:30:49
昨日、りらきしんの前を通りがかったんですよ。
で、本日の出演者をみたら「貸し切り」って書いてあったんです。

あれじゃあいくらあぐらで宣伝してても一般人ははいれねえよ。

54 :名無し草:04/12/15 13:37:41
>53
場の雰囲気を乱す、空気嫁ないリーマンが迷い込まないようにしたんじゃないのか。
それは正しい道楽のありかただと思うなあ。

55 :名無し草:04/12/15 23:08:23
ttp://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2127350&x=B

56 :名無し草:04/12/15 23:36:40
>55
大変だ。版元のオンラインショップで、しかもまだ発売日前だというのに、
「在庫僅少」になってる。きっと大人気で増刷が間に合わない状態なんだ。
明日本屋に走っていったら手に入るかなあ。

57 :名無し草:04/12/16 00:04:09
>55
わーホントだー!大変ー!急いで本屋に注文しなきゃー!(棒

素朴な疑問なんですが
「ドラッグクィーン」→「ドラァグクィーン」なのでは無いのですか?

58 :名無し草:04/12/16 00:41:50
まあdrag & dropのdragと同じだから間違っちゃいないんだろうけど……
サブカル用語的にはそう書く方が通例かもなあ。

59 :名無し草:04/12/16 00:45:38
ピンク・フラミンゴの時代は「ドラッグ・クイーン」だったけど
プリシラとかがヒットして世の中に認知されるにつれて
「ドラァグ・クイーン」で定着したのではないかと。

60 :名無し草:04/12/16 12:53:29
ドラッグだろうとドラァグだろうとドラグだろうと
クイーンだろうとクィーンだろうとクウィーンだろうと
別段間違えと言うわけでもないだろう。

61 :名無し草:04/12/16 13:32:12
>>60
そこにこだわるのがプロの文筆家だと思うけどね。

まあ、表記は好きにすればいいよ、確 信 的 に 使 っ て る な ら。
問題は、温帯の情報アンテナが「ピンク・フラミンゴ」の時点で止まってるんじゃないかということ。
そのわりに後から「アテクシのこだわりなの! 漱石の単簡と同じ!」とか逆ギレするからなあ。

62 :名無し草:04/12/16 14:06:34
どっちでもいいじゃん
中身がおもしろければの話だけど

63 :名無し草:04/12/16 14:10:51
外国語のカタカナ表記なんか何だっていいと思うけどな。
本来はこだわりというよりむしろ自分内部の規則性の話で、
書式に統一が取れてりゃそれでいいと思う。

まあドラァグとやらは由来がある特殊な例みたいだけど、
それにしても些細な、どーでもいいことだと思わんか。

64 :名無し草:04/12/16 14:22:56
思わん。

65 :名無し草:04/12/16 15:19:03
たしかにどーでもいい。
ただ、今回は特に揚げ足取りではなくて、
「温帯の時代はドラッグだったんだろう→さすがは50代」
という話をしてただけではないのか。
よーわからんが。

66 :名無し草:04/12/16 16:59:48
それ自体揚げ足取りに思えるけど。

67 :名無し草:04/12/16 19:23:18
↑揚げ足取りが大好きな人

68 :56:04/12/16 20:42:55
本屋に走って行ってきました。市内でも一二を争う大型書店で、
在庫は十冊しか残っていませんでした。わたしが一冊買ったので
残りは九冊。危ないところでした。

69 :名無し草:04/12/16 21:49:51
>>63
同意。

70 :名無し草:04/12/16 22:23:00
>>68
ガラかめの話かと真剣に思った。

71 :名無し草:04/12/16 22:27:32
ゲイ&レズビアン風俗に造詣の深いアテクシ(自称バイ)でなければ
ドラッグだろうとドラァグだろうとどーでもいい話かもしれません。
マイナーなサブカル系の人は割とこだわるし。まあ、その表記一つで
「その程度か」と察しがつくのは便利かもしれません。

72 :名無し草:04/12/16 22:32:17
ヘヴィ・メタル好きの人間が、がんとして「ヘビメタ」という呼称を受け付けなかったのに
似てるっちゃ似てる? 似てない?

73 :名無し草:04/12/16 23:58:48
自称映画通がブルース・ウィルスとかアーノルド・シュワルツネッガーとか
表記してるようなもん?

74 :名無し草:04/12/17 00:44:10
でも
「映画通なら『ウィリス』『シュワルツェネッガー』
このくらいは正しく表記して欲しいもんですよねぇ」
こんなことをいちいち言う奴も殴ってやりたくなる。
『○○通』を自称する奴と、イタさはどっこいどっこい。

75 :名無し草:04/12/17 03:14:50
しかし「ドラァグクイーン」であってほしいな、やはり。
間違いとはいえないにせよ、
スパゲティを「スパゲチー」とやられるような
軽い悲しさがある。

76 :名無し草:04/12/17 04:09:04
重箱の隅つつきなのに、本人は「気の利いた指摘をしている」と
勘違いしてる感じだとウザイよな。確かに。

77 :名無し草:04/12/17 04:52:21
そんな時は「大名古屋ビルヂング」と、3回唱えるといいと思います。

78 :名無し草:04/12/17 15:41:39
>75
ていうか、それも正しくは「スパゲッティ」だから。

関西人はプラスティックをプラッチックと言います。
大きなお世話やわ。

79 :名無し草:04/12/17 22:31:39
外来語のカタカナ表記なんて、
時代でも変わるし、どこのエリアの発音を基にしてるかでも変わるし、どーでもいいじゃねーか。
「ウオーター」「ウォーター」、どっちの発音も、英語圏の人にはまず通じないのといっしょ。
飲み屋で「ビール」と注文したら、「ミルク」が出てきた日本人もいるくらい。

ただまあ、「アテクシはこれの専門家なのよ」とゆー方は、
その専門ジャンルで一般的な表記を使ったほうがウケがよろしいかと。>栗本さん。w

80 :名無し草:04/12/17 23:11:15
「アテクシ」は何語なんだろーかw

81 :名無し草:04/12/17 23:15:06
温帯の揚げ足を取る気はないけど、関係者の方々に軽く笑われるような表記って
流行作家としてはすげー恥ずかしいことと思うんだけど…。
まあ、温帯はカタカナ表記が昔から適当だから今更だけどね。

82 :名無し草:04/12/17 23:15:16
難民板の流れで何気なく「中島梓」をYahoo で検索してみたら、
ttp://www.ebunko.ne.jp/nakajima.htm
というのが出てきてちょっとびっくりした。若き日の温帯の平井論集みたいだ。

> 平井和正について書こうと思うのだが、そのためにはまず、私は私にとっての平井和正――
> 平井和正との長い、もちろん読者としての私の一方的なかかわりあいからはじめなければならない。

やっぱり若い頃から、まず自分語りありきだったのか。

83 :名無し草:04/12/18 00:01:40
そういや私も先日、絶版の江戸川乱歩推理文庫『孤島の鬼』を
古本で見かけたのだが、解説が温帯だった。

やはり冒頭は自分語りだったが、アテクシマンセーはひかえめで
そんなに気にはならなかったな。
87年当時はまだ「栗本薫」だったようだ。

84 :名無し草:04/12/18 12:32:53
>>82
平井について興味を持った人にも、
最後まで読ませるくらいの内容や文体の「自分語り」ならいいと思う。けどね。


85 :名無し草:04/12/18 17:07:56
森茉莉みたいのなら最後まで読むよ。
品のいい文章だと自分語りって気がしない。

86 :名無し草:04/12/18 17:44:18
それは好き嫌いの問題じゃないのか。
森茉莉も「自分は品がいい」と勘違いした頑固ばあさんの自分語りにしか思えない。
温帯よりは一応「エッセイ」の型が付いてるというだけで、鼻につくのは変わらん。

87 :名無し草:04/12/18 18:09:45
森茉莉もナルチシズムは強いけど一応「自分を笑う」姿勢はあるから
読めるね。温帯には無い物。

88 :名無し草:04/12/18 19:29:38
>87
温帯は「自虐or自嘲的諧謔=(笑)(爆)」で表現してるつもりなんじゃない?

89 :名無し草:04/12/18 19:31:04
>87
「ナルシシズム」じゃない?
と揚げ足を取ってみる。

90 :名無し草:04/12/18 20:09:13
てすと

91 :名無し草:04/12/18 20:23:46
本スレ見ると、誰かが(まあ例の人だが)新刊よかったよ、と言い出すと
わらわらと同意意見が出てくるんだよな。
自分はそれをジエンだとは思えないので、
そうなるとまだまだグインに期待かけてそれなりにおもしろく読めてる
トマトになってない読者が本スレにもいるんだなあと、感心したよ。
まあ感心といっても、殆どが呆れてるんだが。
文句言いながらも90巻以上も読み続けてるだけのことはある。
なんだかんだで、気に入ってる奴いるんだなw

92 :名無し草:04/12/18 20:58:18
一時はこのままどんどん堕ちるだけだ、という絶望しか感じられない展開だったので…。
本スレには書き込んでいないけど自分も、「少しは持ち直したと思っている」派。ノシ

93 :名無し草:04/12/18 21:11:54
>>89
その通り、揚げ足取りだ。しかもツマラン。

「narcissism」をどうカタカナ表記しようと、いーだろが。意味通じてるし。

ベルギーの都市「Waterloo」は、最近の日本ではワーテルローと表記するが、
昭和一桁世代はウォータールーと習ったらしいぞ。

94 :名無し草:04/12/18 21:15:15
>91
決して気に入ってはいないなあ。
ナリヌマンセー時代に比べればかなりましな展開だというだけ。
期待が大きすぎたのかもしれんが、物語としてはまだまだ。

でも、全否定する人も一面的すぎ。
しかもいいところもあると言ってる人の見解まで否定するでしょ。
「こういう人がいると怖くなる」とか言って。
どうして自分と違う考えの人を貶めるのかねー?あれじゃ温帯と同じだよ。

95 :名無し草:04/12/18 21:25:43
>>94
難民版らしからぬ真っ当な発言だなw
でも同意するぞ。

96 :名無し草:04/12/18 21:26:25
>94
全否定する人は、グインを今までのグインとではなくて
他のまともな小説と比較してるんじゃないの?
グインファンじゃない人にとっては、あれは全否定されても
仕方ない内容だと自分なんかは思うけどなあ。
小説としてお話にならないとこまできてるから。

97 :名無し草:04/12/18 21:28:41
>93
そうそう。ドラッグクイーンだろうがナルチシズムだろうが、
別に間違いじゃないしなんでもいいんだよね。
そんなことまで突っ込んでたら書き込みのたびに話の流れが止まるし。

温帯はしょっちゅう突っ込まれてるが。

98 :名無し草:04/12/18 21:37:30
あぐらの文体がグインにまで染み出してきてる。
一時のぐだぐだを抜けたからって
小説として読めるとこまではまるできてない…。

結局、果てしなくひどいものを一度出してしまうと
それと比べて、「まああれよりはマシだよ」と思ってしまうものなのか…。
やっぱり元儲は点数が甘いなあと、ただのナメクジ読者の自分は思う。

99 :名無し草:04/12/18 21:41:16
>96
だったら「“自分は”全否定せざるを得ない」とだけ書いておけばいいんじゃない。
文句しか出てこない人の気持ちもわかるから。

でも、肯定できる部分もあると思って読んでる人を
「おかしい」と言わんばかりなのが何だかな。
(例のあの人かもと思って攻撃的になっているのか)
人それぞれってことが理解できないのは温帯化の第一歩。

100 :名無し草:04/12/18 21:54:10
お、ひさしぶりに人がいっぱいいる?

101 :名無し草:04/12/18 22:27:51
人によって基準が違うのがよくわかった。

思うんだけど、今のグインがすごく面白いって言ってる人も
昔のグインと今のグインが、同じレベルで面白いとは思っていないんじゃないのかな?
レベルというとまずければ、タイプとか、ジャンルとか、面白さの種類とか。

102 :名無し草:04/12/19 00:03:01
>「――娘は、男に組み敷かれてあえいでいた。二人とも裸だった。そして、娘は
> ひっきりなしにうわごとのように、 『いいわ、いいわ・・・・・・ああ、 いいわ、そうよ、
> それでいいの・・・・・・だめよ、まだやめないで・・・・・・ 駄目だったら、そのままで
> いてというのに・・・・・・ああ、だめよ、もっとよ・・・・・・』 と狂わしいことばを口走り
> 続けていた。」

これをグインが床に寝転がって身悶えながら
一人小芝居をやってザザに聞かせる、という展開なら
すごく面白いかもしれない。

103 :名無し草:04/12/19 00:41:49
>102
え、AV女優グイン…?

104 :名無し草:04/12/19 00:42:49
>102
読んでるうちに、頭の中の声が友近になっていた。

105 :名無し草:04/12/19 00:46:45
自分は玄田哲章(洋画の吹き替えでシュワルツェネッガーの声を当てる人)の声で読んだ。

106 :名無し草:04/12/19 01:09:31
>402
芝居の脚本書きすぎて、何でもセリフで説明する悪癖がついたな。
地の文ならいいけど豹がこんなこと喋ったらおしまいだろ。

いや…脚本でも変だよな。
グイソ役の俳優が野太い声でこんなセリフ言ったら客席は爆笑の渦。

107 :名無し草:04/12/19 09:14:32
>102
その文、最初の一文の前振りで必要かつ十分な説明を終えているので
「 『   』と 」
の部分がそっくり要らないよな。
しかし、言わない方がいいことまで下手なセリフで説明しちゃうのは、芝居のせいではない。

今までも顕著だった温帯のシモネタ好きが表面化してしまっただけだ。

したがって、今後ずっと、たとえ財政破綻の末に芝居がなくなったとしても、
温帯作品に男女ならびに男同士のカポーが存在する限りは、
グインが呪わしい言葉を吐いて身悶えする可能性はずっと増大し続ける。

108 :名無し草:04/12/19 09:16:18
温帯菌に感染してしまったようだ。
下から3行目の「ずっと」は重複表現だった。ジコケンオ('A`)

109 :名無し草:04/12/19 11:58:51
>>102
今どきシロートさんのネット小説にも、こんな陳腐な文にはお目にかかれない。

110 :名無し草:04/12/19 13:38:56
>103
セクシー陛下
      ∧__∧
     / ´Д`)  チョットダケヨ・・・
     /     /
    /     `⌒\_  
   / /_     >、  \ニ-_
    |__つー-―ヽ、 __,  __つ  

111 :名無し草:04/12/19 14:20:02
>107

>「――娘は、男に組み敷かれてあえいでいた。二人とも裸だった。そして、娘は
> ひっきりなしにうわごとのように狂わしいことばを口走り続けていた。」

うむ。まったく支障はない。
ところで「狂わしい」って言う?「狂おしい」て言わない?

112 :名無し草:04/12/19 15:02:51
>111
これはどうも合っているようだ。
gooによると狂おしいよりこっちのほうが雰囲気合っていそう。

くるわし・い くるはしい 4 【狂わしい】
(形)[文]シク くるは・し
〔動詞「狂ふ」の形容詞形。「くるほし」とも〕気が狂ったようである。くるおしい。
「―・く泣き叫ぶ」

くるおし・い くるほしい 4 【狂おしい】
(形)[文]シク くるほ・し
〔動詞「狂う」の形容詞形。「くるはし」とも〕
(1)今にも気が狂いそうである。
「―・い思いに悩まされる」
(2)じっとしていられないような気持ちにかりたてられる。
「ジャズの―・いリズム」

113 :名無し草:04/12/19 19:17:50
>>111
大辞林にも両方載っていた。意味的にも温帯は間違ってない。
ただ、自分もこの場合は「狂おしい」のほうがしっくりくる。
まあ、年代にもよるんじゃないかと。

例えば、私は「探険」と学校で習ったけど、最近は「探検」のほうが多く使われている(らしい)。

114 :名無し草:04/12/19 19:20:28
>>111
大辞林にも両方載っていた。意味的にも温帯は間違ってない。
ただ、自分もこの場合は「狂おしい」のほうがしっくりくる。
まあ、年代にもよるんじゃないかと。

例えば、私は「探険」と学校で習ったけど、最近は「探検」のほうが多く使われている(らしい)。

115 :名無し草:04/12/19 20:35:39
シーナさんとこの「怪しい探検隊」は、危険を冒すわけじゃないので「探検」にしたはず。

116 :名無し草:04/12/19 20:37:51
シーナさんとこの「怪しい探検隊」は、危険を冒すわけじゃないので「探検」にしたはず。

117 :名無し草:04/12/19 20:51:05
そうなのか。
じゃあ、シーナさんは冒険も「冒検」とするのかな。

118 :名無し草:04/12/19 21:37:15
>>113-116
なぜみんなでふかわになってるのだ

119 :名無し草:04/12/19 22:02:37
何日か前からやたら二重カキコを見るなあ。
どっかにエラーがあるんだろうね。

120 :名無し草:04/12/19 22:02:45
>>112-113
まあ、身近な小説などから言葉の本来の意味を知り、
その言葉の正確な意味が維持されるということもあるのだ、
温帯、ありがとう。これから「狂わしい」の意味を間違えずにすむよ。
でも温帯は新刊でも
「余裕の、ひとつもあるわけではなかった」(ページ忘れた)
とか、なんかもにょりな日本語は相変わらずなので、
けっきょく言葉を大切にしていないという事実は、
どーしようもないのだ。
どーしようもないのだ。

121 :名無し草:04/12/19 22:04:44
2ch全体の投稿の認証が激重&激遅だったもよん。
「受信タイムアウト」でついもう一回書き込みを押しちゃうんだよな。
警察の捜査で…とか噂が…

122 :名無し草:04/12/19 22:12:05
こんなとこ調べてもよ‥‥

123 :名無し草:04/12/19 22:57:14
悪意のなめくじを捜査

124 :名無し草:04/12/19 23:28:50
ワクショの生徒がひそかにBL本を出版してるモヨン。
買った人のカキコが数字板に。

125 :名無し草:04/12/19 23:40:44
温帯以外誰も困ることないやん>この板
勲章でも貰う予定なのん?

126 :名無し草:04/12/19 23:54:51
>124
別にひそかに出してるわけではあるまいw
BLのレベルとしては普通らしいね

127 :名無し草:04/12/19 23:55:20
そりゃもう、ギネス候補で源氏物語なみの文学性
演劇に音楽、ファッションから料理と何でも出来るお方ですからw

128 :名無し草:04/12/20 00:03:06
>124
温帯の弟子だと分かった途端にくさしてる人がいるね。
それさえなければ可もなく不可もなくの普通のBL小説と読み流されて終わりなのに。

129 :名無し草:04/12/20 02:15:58
>つまり、その人はワクショで勉強してデブーした厳密な意味での
>ワクショ出身ではないということっす。

また必死なやつが出てきた。
本人かBL作(ryか知らんが。

130 :名無し草:04/12/20 05:36:22
その人のサイト、ちょっと見てきたんだけど
音大出てピアノ講師もやってるんだよね。
なんか、温帯とはうまくいきそうにない感じ…?

131 :名無し草:04/12/20 05:47:16
某お笑いA木女史が某バンドのコンサに加わりたいとかで
番組で企画が上がってた
試しに弾いたA木女史のピアノを聞いたとき
ああ温帯のピアノってこんな感じなんだろうと
妙に納得した自分がいた

132 :名無し草:04/12/20 07:02:21
>130
でも尊敬する作家が温帯だそうだが

133 :名無し草:04/12/20 08:18:39
>132
あ、その受講生の方がどうこうではなく
温帯がその人の肩書きに嫉妬しそうな、という意味で。


134 :名無し草:04/12/20 16:22:00
>130
自分も見てきた。
取材のある日でも「どうしても教わりたい!」と無理をしてワクショに駆けつけたり、
徹夜でワクショの課題を完成させたり、かなり熱心な生徒さんだと思う。
デビューしているのに。
「デビューが目的であり全て(デビューしたら用はない)」
という意識で参加してる人ではないんだね。
その意味で、むしろ純粋なワクショ出身者(温帯の弟子)と言えるかも。

編集さんにアドバイスを受けたり、旧・小説道場以来の憧れのゲストが…
などと書いてあるけど誰のことだろう。多分道場門弟だと思うが。
いまだにワクショに呼べるほどつきあいがあるんだ…とチョトビクーリ。

135 :名無し草:04/12/20 16:40:54
>134
あてずっぽだが、元ずね編集長、兼、小説道場門番。しかしてその実体は
「ささやななえの夫」こと佐川君、だとオモ。

136 :名無し草:04/12/20 17:34:40
>135
編集の方はその人かもしれんが、「道場*以来の*憧れの人」ではないでしょう。
「これは書いていいのかわからないけど」と躊躇してるところといい、
元門弟、現在作家として活躍してる人、だと思う。
(今も憧れている、という話だから)

137 :名無し草:04/12/20 17:39:46
あ、編集さんが来てる、ということの方は躊躇なく書いてます。
それに比べて憧れの人の方は、名前も出さないのにただ
「ゲストが来た」と書くことも躊躇してるのね。だから有名人だな、と推測。

138 :名無し草:04/12/20 18:27:08
3594の江のつく人とか?

139 :名無し草:04/12/20 20:01:53
不死身交響楽シリーズの人かも。

140 :名無し草:04/12/20 23:52:37
>139
九州在住で市会議員かなんかしてるほど多忙な人が
ワクショに遊びには来ないような気がするけど…。


141 :名無し草:04/12/21 01:40:59
ぐぐってもなかなかヒットしなくて探し回っちゃったよ。ワクショ生サイト。
日記見る限り、なんか温帯とは激しくあわなそうな感じだがなー。
事件や事故話はよほど腹をくくってでない限りこんな場で書くべき
でないと思う、とか書いてるし、固有名詞や、特定されそうな話題には
すごく気を遣ってるし。
デビュしてるのにワクショ通い続けるんだから、生徒でいることにメリット
感じてるんだろうけど、色眼鏡で見られるだけ損と思うが。
それとも講師としての温帯には、今でもリスクを侵すだけの
魅力があるのか???

142 :名無し草:04/12/21 02:07:53
唐沢俊一曰く、「小説道場を著したというだけで中島梓という評論家は評価に値する」
だそうだからねぇ。「作品がアレな人間ほど、他人に小説の書き方を教えるのは
やたらとうまい」とも。講師としてはけっこう才能あるんじゃないだろうか。
なんにせよ過去にレベル高い門弟を世に送り出したことは事実だ罠。

それと、本人が信者みたいだから、リスクとかは考えてないんじゃないの?
講師の能力と人間性とは別、と理性的に割り切れる人なのかもしれない。

143 :名無し草:04/12/21 05:11:45
またデブネタで盛り上がってるなヲチスレは

144 :名無し草:04/12/21 06:29:36
「温帯みたい」と言われたらキレる楽しい人がいるもん。
ありゃあオモチャにされるに決まってるでしょうが。

145 :名無し草:04/12/21 07:26:40
ワクショ生徒さんの話題が続いてるので、出版された本というのをググって見ますた。
ここのレビューでは結構誉められてますよ。

ttp://blife.hacca.biz/archives/ind/200408/13-nessa.php

>>142
「作家を志す者、すべからく小説道場を読むべし」とまで言っていましたね〜。
過去レスにあったの覚えています。
そのかわりSF者である唐沢氏は、
SF作家としての温帯のことはけちょんけちょんに言ってるようですけど。

146 :名無し草:04/12/21 10:41:12
>145
唐沢氏、「すべからく」を正しく使っている。
キモチイイ!! 温帯はいつ間違いに気付くのだろう。

147 :名無し草:04/12/21 10:58:16
>142
温帯はワークショップみたいなのの講師には向かないと思う。
徒弟制度の師匠と弟子、という関係なら有効かもしれないけど。
だって、自分の感性に合わないものはハナから受け付けないし、
講師に対する無限のリスペクトを要求しているし。現在やってるような
Azさまサロンこと「なんちゃってセミナー」はともかく、まともな講師の
才能があるようには見えない。

148 :名無し草:04/12/21 11:50:37
唐沢氏が言ってるのは前の道場のことで
そのときはグインだってまだグズグズになってないときだった。
要するに道場に関しては過去の話。
今そのときの唐沢氏のコメントを引用するのは、あまり意味がないと思う。

149 :名無し草:04/12/21 11:55:12
>142
そのときの道場は、まだBLという市場がなかったときのことで
今のBLで投稿すればすぐにでもデビューできるレベルの門弟が
たまたま集ってただけなんだよ。
ドシロートだった人が温帯の指導力おかげで商業レベルになったわけじゃない。
唐沢はそのあたりの事情を知らずに言ってるんだろう。
小説の書き方を知ってる人たちが最初から居たというのが本当のところで
温帯が書き方を教えたわけじゃないよ。

150 :名無し草:04/12/21 15:42:13
唐沢さんは別にそういう実績の話をしてるんじゃなくて、とにかく道場の
内容が小説を書こうという人には必須だと言ってるんじゃないの?

151 :名無し草:04/12/21 15:58:39
小説道場は内容は問題ないし、ためになる部分も多いと思う。
ただし、そこに書いてあることを、「アテクシレベルになれば別」と、
温帯が破っているから「なんだかな〜」と印象を受ける。

152 :名無し草:04/12/21 16:11:25
>151
昔は「アテクシレベル」と言えるくらいの品質の作品を書いていたが、
昨今は山田悠介とガチで勝負できるレベルだからなあ。時の流れは無常だ。

153 :名無し草:04/12/21 16:58:48
>149
「たまたま」ねぇ…
ねたみそねみが見えると思うのは私だけでしょうか。

154 :名無し草:04/12/21 17:05:26
>153
反応するなや
ここは温帯の過去の業績(ワラを全て否定したい人と
それとこれとは別だと思う人が混在してるだけ

155 :名無し草:04/12/21 17:24:21
マーカーされたようにBL作家タソの書き込みだけがくっきり浮き上がって見えるyp!( ゚д゚)

156 :名無し草:04/12/21 18:45:18

>・10万部とか20万部とかランキングの話
>・ワクショの生徒が増えたとかプロの編集が来るとかの話
>このへんの話になったらキーキー言いながら必死に否定しに出て来るんだけど。
>毎回否定の仕方が同じなんで、ウザいんだよ。


157 :名無し草:04/12/21 18:54:04
・小説道場の過去の業績を讃える
・元道場門弟は温帯の弟子である
・「栗本=中島はやおいのパイオニア」という評論家や業界人の見解

これも必死に否定しますな。

158 :名無し草:04/12/21 19:17:18
BL作家の反応テンプレ集。
本当に同じことしか言いません。

・10万部とか20万部とかランキングの話
「大本営発表は信用できない。あんなのは捏造か誇張」
「ランキングだって1〜2週で落ちるんだからたいしたことない」

・ワクショの生徒が増えたとかプロの編集が来るとかの話
「増えてるわけない。本当だとしたらワクショの生徒は馬鹿なワナビ」
「プロの編集ってどうせ旧JUNE編に決まってる。現役BLノベルズの編集じゃない」

・小説道場の過去の業績を讃える
「たまたま実力あるBL作家の卵が集まってただけ。温帯は何もしてない」

・元道場門弟は温帯の弟子である
「たまたまJUNEしかなかったからしょうがなく投稿しただけ。純粋な弟子じゃない」

・「栗本=中島はやおいのパイオニア」という評論家や業界人の見解
「絶対違う!評論家は何も分かってない!何も知らないくせにやおいを語るな!!」

159 :名無し草:04/12/21 19:23:05
BLが現役だとしたら、今の温帯が801のパイオニアであり代表面してるのは
しゃくなんじゃね? 昔の温帯なら別なんじゃないの?

160 :名無し草:04/12/21 19:25:48
>158
ガンヲタによくいるなこういうやつ。
俺はBLとかやおいとかはわからんので、
何を必死にこだわっているか理解できないが、
ガンヲタに置き換えてみるとちょっとわかった。

161 :名無し草:04/12/21 20:24:30
>159
でも過去の業績まで全否定してるよ?
「昔から温帯は何一つ成し遂げてはいなかった。みんな誤解してるだけ」
というのがプロBL作家の世界観。

サゾカシオンタイヨリスゴイジッセキガアルンダロウネ…。

162 :名無し草:04/12/21 20:34:06
現役のBL編集者は角川の人だったらすぃ。

163 :名無し草:04/12/21 20:42:23
もしや、モンテスパン嬢?

164 :名無し草:04/12/21 21:31:18
それ誰?温帯の関係者?

165 :名無し草:04/12/21 21:44:38
>164
モンテスパン嬢は牛(三鷹うぃ)と対等に渡り合って、最終的に切った編集者。

温帯には女性の編集はつかないと思われるので、あり得ないだろう。

166 :名無し草:04/12/21 21:59:22
>ひとりの女性編集者さんは、顔みるたびに「お元気そうですね」というんですが、
>そのことばのなかには確実に「相変わらずだねえ」というニュアンスのひそかな
>いやみの影みたいなものを忍びこませずにいられないらしい、ということも。
>逆に「元気そうになったじゃない」といわれて嬉しかったこともあったりするので、
>それってたぶん、「本当に相手を見て思ったことをいっている」か、
>それとも「自分の押しつけや、あるいはいやみや、なんらかの自分の何かを
>ぶつけているだけ」か、という違いなんでしょうね。
>ことばというのはやっぱりずいぶんと、気を付けて使うべきものではあります。

女性編集者がついたこともあるらしいよ。
ただ、想像通り男性編集者の三倍の勢いで文句言われてるような希ガス。


167 :名無し草:04/12/21 22:50:57
>>161
でも温帯って一般人から見て実績あるようでないでしょ? SFでもファンタジーでも推理でも。
伊集院なんて推理が好きな人からは完全に無視されてる。グインもファンタジー好きから
無視されてる。お芝居もお芝居好きから無視されてる。バンドも同様。
林真理子とか村上とかが書くような一般人が見そうな小説を書かないし。
801の世界の初期の数冊だけで有名になっただけでは? 小説道場が実績?
ひょっとしてグインは実績有りとみなされてるの?

グイン好きなファンタジー愛好家は、はっきり言って馬鹿にされるよ。まじで。
俺が大昔、2チャンSFで叩かれたよ。今みたいに崩壊する前だったけど、ファンタジー愛好家には
前兆がばればれみたいだった。


168 :名無し草:04/12/21 22:53:29
そのときに覚えてるのが、「作者がキャラに入れ込みすぎ。こうなると壊れる」と
叩かれた。
●を持ってる人は過去ログ検索してみて。何スレッドか忘れたのが痛いけど。


169 :名無し草:04/12/21 23:09:16
>168
その「どの分野でもトップではないがどの分野でもそこそこ書ける
小器用なマルチエンターテイナー」ってのが温帯の実績であり
先駆者として築いたジャンルであると思う。変な言い方だけど。
そしてBL作家タンがどれだけ否定しようと「耽美でも純文学でも(森茉莉等は
これにあたると思われ)ない娯楽としての男同士の恋愛小説を
商業ベースに載せた」のは温帯の実績として評価していいのではないか。

ところで前半部分は女口調なのに最後の段でいきなり「俺」とかよしてよ。
自分の作ったキャラぐらい最後まで覚えてろっつーの。


170 :名無し草:04/12/21 23:31:21
>>167
>グイン好きなファンタジー愛好家は、はっきり言って馬鹿にされるよ。まじで。 
>俺が大昔、2チャンSFで叩かれたよ。今みたいに崩壊する前だったけど、ファンタジー愛好家には 
>前兆がばればれみたいだった。
2ch SF ていう段階で大昔じゃないのと違う?
「パロへの帰還」が1983年、「風のゆくえ」が1985年、「サイロンの豹頭将軍」が1989年。
90年代後半には、前兆も何も十分に崩壊していたと思うよ。

171 :名無し草:04/12/21 23:36:29
一般人から見たらいつ本屋に行っても著書が平積みになっててシリーズが
本棚に並んでたらすごい実績だと思うけどな。

172 :名無し草:04/12/21 23:42:21
>167
乱歩賞、吉川英治新人賞、群像文学新人賞…。
賞歴も実績のうち。

道場もグインも当然実績の内の1つでしょう。
インターネットなんか影も形もない時代に燦然と輝いていた和製ヒロイックファンタジー。
グインコンやグイン同人誌の隆盛を知らないで語るなかれ。
あの頃の読者は徹夜で大真面目にグインの展開について語り合ったものよ。
今の2chで('A`)こんな顔で語られているグイソとは違うのだよ。

魔界水滸伝も初期の人気はすごかったな。
連載誌の「野生時代」の売り上げがまかすこの掲載の有無によって変わるとか言われた。

173 :名無し草:04/12/21 23:54:19
>167
つーか、実績があったからトマトが大量発生してるんだろ。
最初からクソな駄作だったら誰も熱心に読んでない。
傑作が完膚無きまでに崩壊したからグダグダくだまいてるんだよ。
少なくとも「最初からあまり面白くない→完璧に駄作に」
この程度の変化だったら、みんな諦めてとっとと去っていっただろうな。

174 :名無し草:04/12/22 00:09:10
>傑作が完膚無きまでに崩壊したからグダグダくだまいてるんだよ。
>少なくとも「最初からあまり面白くない→完璧に駄作に」
>この程度の変化だったら、みんな諦めてとっとと去っていっただろうな。

同意しつつ、慟哭を抑えきれない…
俺の十数年は一体


175 :名無し草:04/12/22 00:11:47
>172
まかすこ掲載は「幻魔大戦」の後期とカブってて、野生時代の惹句は
「書き下ろし小説3冊分」だったっけ。確かにラインアップで売上の変動は
あったかもね。

>173
より高く上がったものだけが美しく墜ちられる、墜落文学の美学。

176 :名無し草:04/12/22 00:18:51
>172
でも、温帯の受賞歴って新人賞ばっかりなんだよね。
直木賞は高望みにしても、もうちょっと実績のある作家に与えられる賞を
取ってないとハクが付かない気がする。吉川新人賞の受賞者の顔ぶれを
眺めたら、錚々たるもんだ。温帯が小者に見える。

177 :名無し草:04/12/22 00:25:20
>176
賞も取って(業界受けする)しかも長年売れ続ける(一般受けする)という
作家はほんのひとにぎり。
温帯は昔はそのひとにぎりの作家の一人だった。
新人賞でも立派なもんだ。(でも乱歩賞だけは新人賞ではないよね)

ただ、その頃確かに存在した才能があっという間に失われていったのは…。

178 :名無し草:04/12/22 00:54:26
>>177
いちおー、温帯は今でも「売れ続けている作家」だよ。
新刊出せば、ある程度大きな書店であれば平積みになるんだから。それって、すごいことです(内容は知らんけど)。
(平積み……
 ああ、もう、なんて心地よい響きなんだろう)

179 :名無し草:04/12/22 01:03:01
>>177
たしかにね。
すごい賞を取ってもその後パッとしなかったり、
鳴かず飛ばずの作家は大勢いるからなあ。

180 :名無し草:04/12/22 02:57:37
>177
温帯が取った賞のうち、幻影城新人賞・群像新人賞・乱歩賞は、
未発表原稿を応募して選考するタイプの新人賞で、吉川英治新人文学賞
だけが既に出版されている作品の中で有望そうなものに与えられる賞だった。
要するに、全部新人賞だ。
昨今、芥川賞はデビュー作とか二作目とかで受賞する事も多くて新人賞的
意味合いを持っているが、直木賞は十冊も二十冊も著作がある人間が
受賞したりするな。

181 :名無し草:04/12/22 03:25:32
「聖者の行進」をやっと読み終えたけど、どうも、評価に困る。儲、もしくは
トマトにとっては、ツッコミどころが結構あって楽しかったけど、どう考えても
一見さんの客の事は考えてないな。

182 :名無し草:04/12/22 03:54:49
>177
ttp://www.e-hon.ne.jp/bec/SC/PrizeInform?SHOUCD=076
を参考に、吉川英治新人文学賞受賞者のその後を見てみる。
温帯も含め、全受賞者38人。うち、直木賞受賞者は赤瀬川隼、山口洋子、
連城三紀彦、船戸与一、高橋克彦、景山民夫、伊集院静、大沢在昌、
宮部みゆき、浅田次郎、山本文緒の11人、芥川賞受賞が花村萬月。
中島らもさんとか野沢尚さんとかの物故者は今後の受賞を望めないが、
去年とか今年とかの受賞者は将来直木賞受賞の望みがある。

ごく客観的に考えて、温帯は吉川英治新人文学賞受賞者の中ではハズレだと思う。

183 :名無し草:04/12/22 04:20:19
>182
ttp://homepage1.nifty.com/naokiaward/kenkyu/furok_YENEWaward.htm#list001
を見ると、平成14年までの吉川英治新人賞受賞者36人のうち、
一回も直木賞候補になったことがないのは温帯、南原幹雄、澤田ふじ子、
岡嶋二人、花村萬月、薄井ゆうじ、野沢尚の6人だけ。南原氏は日本文芸大賞、
岡嶋氏は推理作家協会賞、花村氏は芥川賞、野沢氏は芸術選奨文部科学大臣賞と、
吉川英治新人文学賞の後も受賞を重ねている。

空気枕先生とかガイエとか、賞に無縁な作家は多いけれど、温帯みたいに
経歴の最初に受賞が固まっていてその後トンと賞にからまあない、という
タイプは珍しいような気がする。

184 :名無し草:04/12/22 04:21:48
掃除してたら、捨てたはずの「猫目石」がでてきた。
1984年作品だそうだ。(31歳のとき)
しかしパラパラと読み返してみて、ちょっとびっくり。
内容はとりあえず置いておくとして(覚えちゃいねえから)
文体がひどいんだ。一人称のせいだと思うんだけど。
主人公の垂れ流しそのもの。
まったく練れてない、思いつくままにダラダラ書いて
まるで添削をしていない文章だよ…。
まだグインの方はそれなりにがんばってたときだと思うんだけど
ちょい力抜いたミステリもどきの方は、もう既に崩れ始めてるぞ。
このときに崩壊に気付いて、仕事を減らししっかり立て直してれば
もしかすれば今でもそれなりのものを書いていたかもなー。

185 :名無し草:04/12/22 06:47:53
>183
ガイエは温帯と同じ幻影城新人賞デビューです(創作部門だけど)。
獏も、一応日本SF大賞とってる。
菊池秀行が賞とはとんと無縁。

>184
『絃の聖域』は名編集者島崎氏がついていたからこそできた傑作だった。
もちろん温帯(そのころは栗本薫)にも要求に応える力があった。
元々自分語りしかできないのに(『ぼくらの時代』なんかその部分だけで乱歩賞)、
編集の意見を聞き入れなくなってから、温帯はおかしくなった。

186 :181:04/12/22 08:40:13
今回の伊集院の新作、ミステリーだと思って読むと確実に死にます。
なんせ、主要な登場人物が

藤島樹:レズバー経営者。名うての女殺し。本編の語り手
ジョーママ:伝説のドラッグ・クイーン
ミック:名うての女殺し(本人も女)。かつてジョーママの店で樹とナンバーワンの座を争った
伊集院大介:名探偵。樹の昔馴染

と4人しか出てきません。物語はジョーママが十数年振りに逢うために樹の店に
やって来る所から始まります。ママは最近店の景気が悪いこと、身辺に不幸が
相次いでいること、最近、店内で小さな盗難が相次ぐこと、客を強請っている何者かが
いることを訴えます。

187 :181:04/12/22 08:48:05
何故かこの件に興味を持った大介は、ジョーママの店に樹を促して
様子を見に行ったりします。樹は昔のジョーママの店の同僚、ミックに
連絡を取ったりします。(ジョーママの店ではドレスを着ているのは男、
ネクタイをしているのは女というポリシーで、男女同性愛者が仲良く働いている)

そうこうするうち(って、何も事件が起こらないで樹が右往左往するだけですが)、
ジョーママが店で首を吊って死んでしまい、発見現場にいあわせた大介は
蹴り倒した踏み台がない不自然さを指摘します。

事件の翌日、ママの店に最後のお別れに出かけた樹は、店の中にいた何者かに
頭を殴られて昏倒します。

で、病院に現れた大介が長い長いセリフで事件の真相を説明してくれます。
おしまい。

188 :181:04/12/22 09:04:22
今回、特筆ものなのは斬新な手口です。ミステリーの歴史に残る、一大
エポックメーキングともいうべきかもしれません。

被害者は推定体重150kgくらいの巨漢ですが、まず大量にお酒を飲ませて
酔い潰します。ソファに寝ている被害者に、さらに薬物を注射(推定)、
抵抗されないようにします。次に被害者の首に輪っかにした縄をかけ、
ロープを天井のパイプの上を通し、反対端を引っ張って吊り上げます。
最後に、下の柱の根本にロープの端をしっかりと結び付けてぴんと張って
いるようにする。これで首吊り自殺一丁上がり、というわけです。

ちなみに、一応共犯者もいるのですが、この殺人は「女性としてもそう大柄でない」
女性二人の手で行われています。150kgの重さを釣り上げるために必要な
力はどれほどのものか、中学校の理科の時間でも教えてくれそうなものですが、
そのような常識はこの物語には一切通用しません。とにかく、名探偵がそう
謎解きしたからにはそれが真相なのです。

189 :名無し草:04/12/22 09:06:49
>182
>ごく客観的に考えて、温帯は吉川英治新人文学賞受賞者の中ではハズレだと思う。

でもその中で温帯と同等以上に売れてる人は一部だよね。
現在の温帯は年間100万部以上の本を出版している。
(グイソ年6冊×20万部=120万部の他、伊集院など数万部と考えて)
これを25年間維持し、最盛期にはこれ以上の売り上げがあった。
受賞歴的にはハズレかもしれんが、出版社的には完全なアタリ作家だよ。
出せば一定以上は必ず売れるんだから。

190 :名無し草:04/12/22 09:15:22
>188
150Kgのドラッグ・クイーンってのもすごいが、
それを引っ張りあげるとなると・・・・
わかった!滑車を使ったんでつな。
これなら中学校(小学校?)の理科の時間でやりました。


これ、ジャンルはミステリーなんでしょうか。

191 :名無し草:04/12/22 09:19:14
>186-188
勇者タン乙〜。

で…、えっ?結局死因は窒息死じゃなかったの?
アルコールと薬物なんて警察ですぐ調べられるじゃん。
「大介は蹴り倒した踏み台がない不自然さを指摘します。」って、
警察が調べればすぐ分かることを推理しても意味ないよ。名探偵。
つか、素人でも気づく不自然さだ。
全然謎解きの必要なし。名探偵なんて邪魔なだけ。

ミステリーを完全に勘違いしてるなぁ…。


192 :181:04/12/22 09:19:58
この話を楽しく読むことができるのは儲とトマトだけだと思います。
ただ、わたしは読んでいて温帯の思いとか願望とかが透けて見えてきて、
「もういい」と何回か叫びそうになりました。以下、そのポイントを。

・語り手、樹が50歳を過ぎて人生もまんざらじゃない、と洩らす述懐
・かつて好きだったフランスの女流作家(サガンという名前は出ない)に
 ついてひとくさり
・同性愛に走る前の樹が産んだ子供が大輔という名前
・元亭主の母親が料亭をやっていて云々
・樹の店は「私だけがルール」の王国。ちょうど温帯がやりたいという
 小料理屋の如し

あと、けっこう即物的に性器の名称を連呼してたり、一見さんの読者が
付いて来られるような気がしません。

あと、爆笑しそうになったのは

> レズバーに観光客としてきているつもりのもののわからない餓鬼どもや
> チャンネエ(これも死語かもしれないが)が

という文章。

チャンネエ(これも死語かもしれないが)
チャンネエ(これも死語かもしれないが)
チャンネエ(これも死語かもしれないが)

凄いよ、温帯。学習してるよ。腹の皮がよじれるかと思いました。

193 :名無し草:04/12/22 09:33:22
> レズバーに観光客としてきているつもりのもののわからない餓鬼どもや
> チャンネエ(これも死語かもしれないが)が

……これ地の文ですよね?
グイソの「ああ、いいわ…」以来、
台詞で言っていても驚かなくなった自分がいる。

でも地の文でもイタイよ。
「死語とわかってて使ってるんだからね!」
と読者に作中で言い訳するなよ〜。


194 :名無し草:04/12/22 10:04:33
>>193
原稿は昼行灯に読んでもらうというから、
「これ死語じゃない?」と指摘されて、あわててカッコ内を付け足したと推測。
「あなたの書く若者って10年前の若者だよね」と指摘されたパターンで。

195 :名無し草:04/12/22 11:04:18
死語 *か も* ???

むしろ注釈が必要な言葉じゃないのか?

196 :名無し草:04/12/22 11:21:29
>  ことばにたずさわる、ことばを売っている商売、といっても
> いいですから、ことばっていうものは他の人よりもいっそう
> 身近で重要な、密接なつながりのあるものだと思います。
> しかし、「何でも書ける」ってわけじゃない。

> 一番参るのは「若い人の言動」で、何年か前に旦那に
> 「あなたの書いてる若い人って、10年前くらいのだよね」って
> いわれてめげてしまい、それからあとはあんまり「若い子」は書きません。
> 取材してまで書いたところで、結局「実感」がないと辛いんですね。
> そういうこと書くにはたぶんもっと適任者がいるだろうし。
> でも、また、私にしか書けないことは沢山あると思うし。

「アテクシは決して『チャンネエ』が今の言葉だと思って
小説を書いているわけではありません」という注釈。

197 :名無し草:04/12/22 11:33:08
>185
SFの賞ではファン主催の星雲賞というのがあって、
ガイエは銀英伝で1988の長編賞、
ぷく先生は上弦で1990の長編賞と上段で1991の短編小を取ってる。
ちなみに、温帯は星雲賞も一回もとったことないのな。
グイソが終わったら特別賞くらいもらえるかなあ。

198 :名無し草:04/12/22 11:34:26
10年前プラス何年か前で、今は10何年以上前の若い人(w

199 :名無し草:04/12/22 11:35:35
縄かけて吊り上げて自殺に偽装しても、警察が調べればすぐ判るんじゃなかっ
たっけ…。

200 :名無し草:04/12/22 12:28:52
ぽまえら、温帯作の自称ミステリなんかに理屈を求めてどうするですか。

201 :名無し草:04/12/22 12:34:20
>197
ぷく先生は神々のイタダキで第11回柴田錬三郎賞もらってる
よく本屋で名前見る人たちが貰ってるみたい。

202 :名無し草:04/12/22 12:38:09
>200
181タンも >186 で言ってます。

> 今回の伊集院の新作、ミステリーだと思って読むと確実に死にます。

主要登場人物が四人で、一人が語り手、一人が被害者、一人が名探偵。
残る一人が犯人だ。 (なんか、マザーグースみたい)

203 :名無し草:04/12/22 12:52:17
それ以外のページは何で埋まっているのだ。

204 :名無し草:04/12/22 13:02:03
アテクシはミステリーを書いているのではない。
かつてはミステリーというジャンルで呼ばれていたのかもしれないが、
今はそんなものをとっくに越えて、「アテクシ小説」に進化しています。
睡眠薬や首吊り偽装を「ありえない」なんていう人は、小説はファンタジーだと
いうことを認められない頭の固いかわいそうな人だけです。

205 :名無し草:04/12/22 13:45:10
体重150kgの相手を天井から吊り下げられるかどうかといった
些細な点を気にするのは野暮というものです。アテクシの書いている
めくるめくロマンの世界には、物理法則などという固苦しいものは
入り込む余地はないのです。

206 :名無し草:04/12/22 14:48:54
どうでもいいけどここってネタバレOKなのん?

207 :名無し草:04/12/22 14:55:41
>206
ミステリーのネタバレをカマすようなヤシは地獄に落ちろ。
ただ、温帯作品はミステリーじゃないので、ノープロブレム。

208 :名無し草:04/12/22 15:57:47
>199
首締めて殺した後ぶら下げたのなら一発でばれます。

温帯の方法だと偽装にはなるかなぁとは思うんだけど、
縄やパイプに不自然にこすれた跡が残るだろうからだめだ。

つーか、縄で引きづりあげないで、最初から縄用意しといて、
意識のない容疑者を持ち上げて縄に首通すだけでいいだろう。

209 :名無し草:04/12/22 16:08:22
>>181
そのタイトル、あのテレビドラマ作品から取ったのかな?

210 :181:04/12/22 17:06:21
>208
たぶん、相手が150kgの大男、持ち上げるのが女性としても大柄じゃない女性二人と
いうことで、持ち上げるのは不可能だと判断したんだと思います。その点、縄を
天井のパイプに回すと「井戸のろくろのように」軽々と吊り上げられるんだそうです。

考えてみると判りますが、片端に150kgの重りをつけた縄を天井のパイプに回して
引っ張った場合、体重150kg以下の者がいくら引っ張っても重りは上がりません。
逆に自分が吊り上げられるだけです。温帯ファンタジー世界では、必殺仕事人の勇次と
同じような物理法則が働くようです。

211 :名無し草:04/12/22 17:30:25
定滑車と動滑車なんて小学校の理科だけどな。
編集が気がつかないはずはない。
でも、何事もなかったかのように出版されてる。
もう舐められまくってるよな、購入者。

212 :名無し草:04/12/22 17:38:56
>首締めて殺した後ぶら下げたのなら一発でばれます。

この話の中で、警察の存在意義は・・・。


213 :名無し草:04/12/22 17:58:40
いや違う。抵抗できないようにした被害者を首に縄をかけてつり上げたのであって
首しめた後ではないと上の方に書いてる。

Q1:疑問だが睡眠薬のたぐいが身体に残ってる場合、
 そこからばれるのではないか? 睡眠薬が効く前に死んだのか、効いたあとに
 死んだのか、分かるのではないか?

Q2:あと注射の跡とかすぐばれるのではないか?

Q3:それとロープを支える物体のこすり跡が被害者に向かってるか、それとも重いものを
 ロープの縛ってる側にむかってこすれているかわかるのではないか?

Q4:意識のある被害者が苦しくなってロープをかきむしる痕が爪などの間に残るが
 意識のない被害者の場合、爪などがきれいだろうから不自然ではないか?

Q5:高いところにロープを引っかけるとすると汚れがロープにつく。その汚れが支点から
 どっちにおおいかで不自然なところがあるのではないか?

214 :名無し草:04/12/22 18:07:08
ていうかなんで「」で実際にしゃべった言葉の中に()が入る
わけ? 頭おかしいの? 腹話術で話しているという記号?

215 :213:04/12/22 18:08:59
>>208さんとだぶった。(;´Д`)

216 :名無し草:04/12/22 18:57:31
>187
一応突っ込んでおく
>事件の翌日、ママの店に最後のお別れに出かけた樹は、
事件があったのはクリスマス
樹が出かけたのは正月休み

しかし、よく読んだ。感動した。

217 :名無し草:04/12/22 19:09:21
>発見現場にいあわせた大介は蹴り倒した踏み台がない不自然さを指摘します。

普通の推理小説だったら、ここでどうしてそんなあからさまに自殺ではないという
状況を残すようなことをしたのか、そっちのほうが論点になると思いますが、
名探偵様はその辺どうお考えだったのでしょうか?

218 :名無し草:04/12/22 19:30:18
>213
血中にアルコールや薬物があれば、鑑定で判明します。
また胃の中の食物状態から、何時ごろ飲食したかは想定できます。
アルコールの血中濃度から、被害者が当時どのような状態
(ほろ酔いから泥酔状態)かもある程度は判断できます。

またアルコールや薬物による死亡と、首吊りによる死亡では死体の状況が違うので
鑑定医がよほどの馬鹿でもない限り、判断を間違えることはないと思います。

首吊り自殺の場合、実は頚骨の骨折による即死というものが多いのです。
(なので日本の死刑は絞首刑になっている)
今回の場合のように体重150キロもの巨漢であれば、窒息死というのはありえないはず。
当然、梁やパイプにかかる荷重や、ロープの状態なども、鑑定されるので
首吊りなのか引き上げなのかの判断はつくだろう。

どう考えても最後に被害者と飲食した人間が怪しいはずであるし、
そのロープの入手先は、とか警察は徹底的に調べるはずなんですが。

219 :名無し草:04/12/22 19:35:56
ちなみに首吊り自殺の場合、ロープが伸びることを想定しないで決行してしまい、
足がついてしまってじわじわと窒息死や、
勢いあまってロープが切れたり、梁などが折れて失敗することが多いです。

150キロの人間を持ち上げるとしたら、かなりロープが伸びるということも
計算にしなくてはいけないんだけど
実際に試してみたらパイプに引っかけるよりも、短いなんてことがありそうだ。



220 :名無し草:04/12/22 19:38:58
で、この小学生でも恥ずかしくて人前に出せないようなしろもので
温帯は何したかったわけ?あ、手軽に金稼ぎか。

221 :名無し草:04/12/22 19:46:15
>>210
ググってみたら「よくある設定」ミスの例として紹介してる所があったw
サスペンスドラマで使われてた事もあったそうで。

222 :名無し草:04/12/22 20:04:33
温帯の親友(過去形?)、木原敏江氏の時代物マンガ「鵺」で、
恋しい男をかばうために、その男が殺してしまった妻を、
首つり自殺に見せかけるために天井の梁に縄を通して吊り上げ、
偽装工作する女のエピソードが出て来た。

今の温帯の脳内ってBLも含めてマンガしか素材がないでしょ。
これも殺し方が思いつかない所に木原氏のマンガが頭に残っていて、
安易に使ってしまったような気がする。

でも木原氏のマンガでは死体の女と偽装した女は同じくらいの体重か、
偽装女の方がたぶんやや太目。これなら理屈にかなう。
やり方だけを真似たから「体重150キロを吊り上げる女」なんて設定ミスを
犯してしまったんだろう。

223 :名無し草:04/12/22 20:10:35
変な話、自殺に見せかけるならアルコール飲ませて
裸にして放置しておけば、冬場なら凍死する可能性が高い。
クーラーでもかけておけば完璧。

もしくは出血しやすい場所を切って放置しておくとか。

わざわざ手間暇かかる方法を選ぶ理由がわからない。

224 :名無し草:04/12/22 20:32:50
物理法則除去装置コスモ◯リーナーDが作動しているようでつね

225 :名無し草:04/12/22 20:34:19
首吊りにみせかけて吊るすことに意義があるんですよ・・・一般人にはわからない意義が。
まあわかりたくもないが。

それにしても伊集院大介はいつのまにゲイバーだのレズバーだの、夜の町ばっか徘徊する探偵になっちゃったのか。
やっぱりあの尻臼のせいか。

226 :名無し草:04/12/22 21:50:24
>222
大体木原先生のは江戸時代だもんな…死因なんて今みたいに詳しく
調べられるわけでもないからあれで通ったわけで…

227 :名無し草:04/12/22 21:53:23
そもそもその被害者は150kgの巨体に設定する必要はあったの?
なんで150kgの人物を出したのか、そこが知りたい。

228 :名無し草:04/12/22 22:26:18
宜しかったら殺人の動機とかのネタバレも御願い出来ますか?
タイトルとの関連とか・・・

229 :名無し草:04/12/22 22:30:59
あ、タイトルがよくわからんねえ。
ゲイパレードでもしたのかなと想像してたが。

230 :名無し草:04/12/22 22:41:45
>227
「こんな巨体をどうやって持ち上げたんだ?不可能犯罪だ」
「犯人は小柄な女性であるはずがない。男だな」
           ↓
伊集院「縄を天井のパイプに回しただけで、
「井戸のろくろのように」軽々と吊り上げられるのです!」
           ↓
 ;゚д゚) (゚д゚;(;゚д゚ ; ナ、ナンダッテー!!

231 :名無し草:04/12/22 22:49:03
天上のパイプがよく無事だったよね。
どういう材質で出来てる、何に使う為のパイプなんだろうか。

232 :名無し草:04/12/22 23:00:54
登場人物が被害者入れて4人…
誰も理科ができなさそう。
これじゃ伊集院の推理に「できねーよ」とツッコミを入れる奴もいない罠。

講談社の編集はツッコミを入れなかったのか?
作品自体よりそれが最大の謎だ。

233 :名無し草:04/12/22 23:08:37
>>226
そうでもないらしい。
少なくとも首つりと絞殺の違いについては
検死によってそれなりに詳しく調べられたみたいだね。
ttp://www.city.nishio.aichi.jp/kaforuda/40iwase/collection/kensizassyo/kensizassyo.html
まぁミステリーじゃないしな、あの漫画は。

234 :名無し草:04/12/22 23:30:17
>233
すげーな、江戸時代の人。

235 :名無し草:04/12/22 23:58:18
パイプか…金属製で金具+ボルト使って天井に固定されてるのを
想像するけど、あれに150kgの体重とロープを引っ張る時の力が
加わったら徐々に持ち上げようがどうしようが、天井からボルト
ごと抜けてとんでもない事になりそうw

236 :名無し草:04/12/23 00:08:06
>227
自分より少しだけ重い体重の設定にしたのでは。

237 :名無し草:04/12/23 00:36:25
粘着デブ叩きタン、こっちに移動しますた

238 :名無し草:04/12/23 01:34:18
温帯は身長145センチ程度だろ?
いくら肥満でも150sに近い体重なワケねーじゃん。

239 :名無し草:04/12/23 03:44:07
天井にあるパイプの目的がなんだかわからんし。
配線系統ならモノを引っ掛けるようにはできてないし、
店の天井なら装飾?
それならもっと重いものを吊り上げるようにはできていない。

大体身長何センチで天井の高さはどのくらいよ。

荷重かかって伸びきっているロープを縛り付けるだなんて、
そんな技素人にできるもんかい。

240 :名無し草:04/12/23 04:39:45
俺はあまり力学に詳しくないんだが、150sをあげるのに150sの
力がいると思う。とすればパイプには両方からの加重で300sの
重みがかかるのではないだろうか?

241 :名無し草:04/12/23 04:41:04
いや、150s以上の、か。そうでないと片方をもちあげられないからな。
だからパイプには300s以上かかるな。

242 :名無し草:04/12/23 07:07:41
>蹴り倒した踏み台がない不自然さ
20年くらい前に小中学生向け(多分)の「ナゾナゾ推理ブック」みたいので
こういうの読んだことがあるなあ。
『この自殺現場にはおかしなところがある。それはどこだ?』てな感じの。
まさか21世紀に大人向けの小説(だよね?)で書く人がいるとはなあ。
ていうか、ミステリーにロープを用いる人って久しぶりに見た…

243 :名無し草:04/12/23 09:26:55
いや、ぐるっと回っていっそ斬新なミステリだよ

244 :名無し草:04/12/23 09:43:38
女性二人でせいぜい110キロ前後だろ? だとすると二人で片方のロープにぶらさがろうが
もちあげられないのではないか?

女性って何キロまで両手でひっぱって持ち上げられるだろうか?この150キロと雑重を
入れて80キロをひとりで引っ張る力がないと無理ではないか。

ここでどうやったら150キロを体重54キロ(ぐらいが普通?)の普通の腕力の女性が
天井のパイプを通して持ち上げられるんだろうか、考えてみない?
この際、天井のパイプは何故か、400キロにも耐えられる構造であるとする。
なんかこんな単純なことでも??になりそうなんだけどなあ。

245 :名無し草:04/12/23 09:44:13
ロープの強度とか伸度とかは大丈夫なのかな?

246 :名無し草:04/12/23 10:14:29
女子重量挙げ52kg級でスナッチで80kg上げられれば日本代表候補。
アテネの銅メダリストが87kgだ。
普通の女性には無理だな。

247 :名無し草:04/12/23 10:37:08
これって確か「てこの原理」だよね…?
ガッコ卒業してえらい時間が経ってるんで思い出せないんだが支点とか力点とか…。
ロープを握った場所が支点から離れていればいるほど
引っ張る力が数倍になる、とかじゃなかったっけ?
だから、150sでも持ち上げられるんじゃないかと思うんだが…。
理数系の人たのむ。自信はない。

248 :名無し草:04/12/23 11:00:03
複数のパイプの上を通せば楽にあげられるということ?

249 :名無し草:04/12/23 11:11:11
てこの原理はシーソーみたいな物の事言うんじゃないの?
パイプにひも掛けるのは滑車の原理に近い気がする。

でも、やっぱり天井とパイプの強度に疑問が。
ついでに、ひもをパイプに掛ける迄に時間が掛かりそう。

250 :名無し草:04/12/23 11:13:55
女性でも持ち上げられる20kgくらいの砂袋をいっぱい用意して、
ロープの途中に何箇所かあらかじめ砂袋をつるすものをつけておいて
一個ずつ順番につけていけば、いずれ相手方が持ち上がるんではないか?

で、現場に砂が落ちてたとか、ロープに不自然な結び目があるとか
メイ探偵が指摘するわけだな。

251 :名無し草:04/12/23 11:28:19
>248
定滑車は力の方向変えるだけだから無意味。
ある程度重さは分散できるだろうが、摩擦も増えるから意味がない。

>247
ロープの両方の端っこ持って、片方の10cm前に支点作って
同じ力で引っ張り合ったらどうなる?
真ん中でつりあうよね。

間に動滑車があればまだてこにもなるんだろうが、そんな物はないのだろう。

252 :名無し草:04/12/23 11:46:49
>>250
でも今回は、女性二人でパイプという支点のみで150sを

「こんな巨体をどうやって持ち上げたんだ?不可能犯罪だ」
「犯人は小柄な女性であるはずがない。男だな」
           ↓
伊集院「縄を天井のパイプに回しただけで、
「井戸のろくろのように」軽々と吊り上げられるのです!」
           ↓
 ;゚д゚) (゚д゚;(;゚д゚ ; ナ、ナンダッテー!!

(>>230様使わせていただきました)

となってるみたいだから何も小細工してないかと。でも実際には途中で引き上げる側の方に
おもりが必要だね。あなたが書いたように。それがひきとけのような結び目ができないやつで
あげすぎるぐらいあげすぎてから(ひきとけた分の伸びを考慮して)砂袋を取り除けば
それらしくできるかもしれないね。でも引き抜くたびにがくん!と死体の首に多重に痕がつくから
片方が力一杯ゆっくり落ちるようにぴっぱりつつ、片方が砂袋を抜くという難しいことをやる必要がある

253 :名無し草:04/12/23 11:57:18
>>251
複数のパイプを通しても意味が無いというわけですか
どうもありがとう。

でもこれって伊集院大介が推理した

=「縄を天井のパイプに回しただけで、井戸のろくろのように軽々と吊り上げられるのです!」

では、無理だよね?どうしてこれが編集を通ったの? 編集の人は読まずに、まま行き?
伊集院はまるで名探偵にひっついていて、分かった!と謎解きを名探偵の前で繰り広げ、
名探偵にその方法では無理だと否定されるよくある若手の刑事さんみたいになっちゃったな。


254 :名無し草:04/12/23 12:04:34
ロープの先はどこに結びつけられてたんだろう。
どうにか方法考えて引き上げたとしても
パイプに結びつけるのは至難の業じゃないか。

255 :名無し草:04/12/23 12:05:20
>246
持ち上げる方は体重以上のものを持ち上げられるけど、
縄を使って引き上げる場合は体重が限界だ。地面に近い所に
もうひとつ支点があれば、持ち上げる方向にできるかも。

>250
頭いい。その方法だったら実現できる。ただ、引き揚げた後に
テンションのかかったロープを縛り付けて固定するのは大変
だろうけど。

256 :名無し草:04/12/23 12:29:54
ところで気になっていたんだが……「井戸のつるべ」じゃないの?
本文が「井戸のろくろ」になってる……って訳はないよね?

257 :名無し草:04/12/23 12:31:49
ttp://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/energy2.html
今回の事件の状況は、このページの2番目の図、
「定滑車でひもを下に引いた場合」と同等ということですよね?

被害者の体重が150kg、持ち上げた距離は首吊りという
観点から見て2.5mと換算すると、150kg重×2.5m=375kg重mとなり、
犯行のためには375kgを持ち上げるだけの力がいるのですが、さて…。


恥ずかしいよ温帯、恥ずかしいよ!
これは仮にも推理物小説では絶対にやってはならないミスだよ!
だけど温帯は冷静に指摘されても逆切れするんだろーなー、ハァ…

258 :名無し草:04/12/23 12:46:53
>>257
それ、仕事量の計算だから重さ自体は変わらないんだが…

259 :名無し草:04/12/23 12:50:45
>257
その計算は違う。150kg+αの力を何度か発揮すればいい。
150kgの力で50cmづつ5回、150kgの物がぶら下がった縄引っ張ればその仕事量になる。
火事場の馬鹿力もかくやという強力ぶりだが。

260 :名無し草:04/12/23 12:53:56
>>258-259
Σ(´Д`*)アアン、やっちまった!
物理超苦手だったもので勘違いです。ご指摘ありがd

とにかく“軽々と”というのは無理っちゅーことで良いですか?

261 :名無し草:04/12/23 12:56:39
間違えた。150kgで引っ張っても動かないから、やっぱり150kg+αが必要。

262 :名無し草:04/12/23 12:57:40
せめて、二段トリック(ってほどのことでもないけど)として
ちゃんと動滑車をトリックに絡ませておけば説得力あったし、
推理も面白いものになっただろうにね。

263 :181:04/12/23 13:00:13
この事件、動機の方もなかなかユニークなものです。
犯人はジョーママの店を十年ほど前に辞めているのですが、辞めた後も
店の実質的オーナー(ジョーママの愛人)と手を組み、麻薬や覚醒剤を
売り飛ばす基地として店を利用していました。椅子の背とか従業員控え室の
壁に細工がしてあって、顧客リストとか麻薬そのもの、ひょっとすると
銃なんかも隠してあったらしいです。
ところが半年ほど前、この実質的オーナーがジョーママと致していた時に
腹上死してしまい、店の経営が苦しくなってきます。ママはいっそ店をどこかの
会社に身売りしてしまい、雇われママにでもなろうかと考えます。そうなると
これまで隠してきた諸々が明るみに出る、というので嫌がらせをして店を
閉店に追い込もうとした、というのが犯人の目論見です。
その目論見はほとんど成功しかけていたのですが、最後の最後でママが翻意して、
店を改装して新規巻き直しする、と宣言したのが殺人の動機だったのです。


264 :181:04/12/23 13:00:56
考えるまでもなく、ヤバいブツを取り戻すだけなら、店に誰もいない時間にこっそり
行って取ってくればいいんですが、それを半年かけて嫌がらせを続けるとは、
ずいぶん粘り強い犯人です。あと、この「動機」が、ラスト15ページくらいの所で
突然探偵の口から語られるまで、まったく匂わされてもいなかったのも斬新です。
一応、実質的オーナーの腹上死の話だけはありましたが、そのときは「どこかの
重役さんか社長さん」としておいて、謎解きでは「温厚で紳士的な見かけだと
いっていましたが、かなり山師的な人物」とするのもどうなんでしょう。

265 :名無し草:04/12/23 13:02:20
>>256
gooでは

ろくろ 0 13 【▼轆▼轤】
(エ)井戸の上部の横木に取り付け、縄をかけて釣瓶(つるべ)を上下させる滑車

つるべ 0 【釣▽瓶】
縄または竿の先につけて、井戸水をくみ上げるのに使う桶。つるべおけ

で、ろくろは定滑車ですな
ttp://www.town.omama.gunma.jp/conodont/beginner/minzoku/ido.htm

水満杯のつるべおけでも数キロ程度の重さなので、実際軽々と吊り上げられる
150キロは無理ぽ

266 :名無し草:04/12/23 13:08:16
滑車じゃなくて、輪軸を使ったトリックにしておけば無問題だったのに〜。

ハッ! まさか温帯脳内では「ろくろ(定滑車)=輪軸」と勘違いしてるとか…?
確かに、よく物理の教科書とかに載ってる説明図では見た目が似てるしな〜。

267 :名無し草:04/12/23 13:11:29
>266
滑車さえ使ってないよ。
丸い物(パイプ)の上に縄を通せば楽々持ち上がるという、なんだかよくわからないもの。

268 :181:04/12/23 13:14:07
伊集院大介のセリフにツッコミが入っているのは、爆笑する所でしょうか。

> 「もはやぼくが見たのはその全くの廃墟、亡霊にしかすぎなかったのですけれども、
> それでさえ、ぼくにもかすかにその残り香のようなものが感じられました。そして、
> これが残り香ではなく、全盛期だったとしたら、いったいどのようにめくるめく、
> 夢のように−−多少悪夢のまざりこんだ夢かもしれませんけれども、そうで
> あるからこそいっそう人々の心をひきつける亜空間だったことだろう。突然東京の
> 薄暮の中に出現した異次元、その扉をあければソドムとゴモラの神話の輝かしい
> 悪徳と華麗な逸楽のファンタジアのなかに入れてもらえる蜃気楼の都だった
> ことだろうか、と考えたのです」
> 「ほんとに、すごい喋りかたをする」
> 私は思わずつぶやいた。
> 「本の中以外で、ほんとにこんな喋り方をする人間、見たこともないよ」

「小芝居はええから、さっさと謎解きをせんかーーい」
と張り扇で後頭部をシバくほうが効果的だと思います。

269 :名無し草:04/12/23 13:14:59
>>267
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

流石は温帯。
常に我々トマトの想像の斜め上をdj!

270 :名無し草:04/12/23 13:17:32
>267
181タソが >210 で書いている、「必殺仕事人三味線屋の勇次」の法則でしょう。

271 :181:04/12/23 13:47:27
>193
地の文です。終始、樹の一人称で語られています。

>209
「Oh When the Saints」というディキシーの曲から、らしいです。

>212
「はなから警察は殺人であるという見方をとっていました。しかし、ぼくがすすめて、
とりあえず警察は自殺であると見て放置するつもりだ、という情報を流させておいたのです」
だって。

>220
確か、サイトの日記で舞台で金がかかった話と、この作品をチャッチャと書き上げた
話が並んでいたと思います。

272 :名無し草:04/12/23 14:19:32
> 「本の中以外で、ほんとにこんな喋り方をする人間、見たこともないよ」

・・・・・・・( ´_ゝ`)←もはや言葉も出ない

273 :名無し草:04/12/23 15:39:17
> 「もはやぼくが見たのはその全くの廃墟、亡霊にしかすぎなかったのですけれども、
> それでさえ、ぼくにもかすかにその残り香のようなものが感じられました。そして、
> これが残り香ではなく、全盛期だったとしたら、いったいどのようにめくるめく、
> 夢のように−−多少悪夢のまざりこんだ夢かもしれませんけれども、そうで
> あるからこそいっそう人々の心をひきつける亜空間だったことだろう。突然東京の
> 薄暮の中に出現した異次元、その扉をあければソドムとゴモラの神話の輝かしい
> 悪徳と華麗な逸楽のファンタジアのなかに入れてもらえる蜃気楼の都だった
> ことだろうか、と考えたのです」

・・・・・この人は超能力探偵ですか?

274 :名無し草:04/12/23 15:41:54
>>273
いや、電波探偵ではないかと。

275 :名無し草:04/12/23 15:49:01
> 薄暮の中に出現した異次元、その扉をあければソドムとゴモラの神話の輝かしい
> 悪徳と華麗な逸楽のファンタジアのなかに入れてもらえる蜃気楼の都

ビミョーに同性愛者に失礼なことかましてますね。バイセクおばさん。

276 :名無し草:04/12/23 15:56:01
50過ぎて、これだけ青臭いことを50過ぎの探偵に語らせて平然としていられるのは、ある意味才能だぞ。

277 :181:04/12/23 16:02:11
>203
この話、構成もなかなか凝っています。
第1章(54頁)樹の店にジョーママが来店。たまたま居合わせた大介。
ママは身近な人の不幸とか、店で起こる小さな盗難とか、客が強請られている
話をする。
第2章(53頁)樹は昔馴染のミックと会う。大介は樹にジョーママの店に連れて
行ってくれと頼む。
第3章(54頁)ジョーママの店での一夜。翌朝、樹と大介の会話。クリスマスの日、
樹、ミックと飲む。
第4章(54頁)ミックと共にジョーママの店に行った樹は店の前で大介と会う。
中に入って死体発見。新年、ジョーママの店に最後の別れに行った樹、何者かに
襲われる。
第5章(41頁)謎解き。

合計257頁の小説で、唯一の殺人事件が171頁目ってのはどうなんでしょう。
あと、各章をきっちり同じ長さにしたかったかなんかだと思いますが、章立てと
内容が関係ないのもヘンです。2章と3章、3章と4章なんて話続いてます。

278 :名無し草:04/12/23 16:08:28
聖者の行進の原題名は「When The Saints Go Marchin'In」だったオモ
黒人霊歌。葬礼の歌。

「Oh When the Saints」って、温帯あとがきっすか?

279 :181:04/12/23 16:11:46
>275
同性愛者に失礼なって、こんなものじゃすみませんぜ。ジョーママについて、

> まあ、いうところの、誰もが一番簡単に想像する《おカマ》のパロディとして
> 悪夢のなかから出てきたみたいな顔になっている。

という描写があるし、昔は柔道家で道場を開いていて、

> 「もちろん、生徒どももさんざん食っちまったわよ」
(略)
> 「きたやつを相手に乱取りしちゃ、寝技に持ち込んでおさえつけて、
> そのまんま下半身ぬがせてフェラに持ち込んでたわよ。毎日毎日」

というセリフもあります。
まあ、同性愛者への偏見と日々闘っていらっしゃる作家サマなので、何書いても
いいのかもしれませんけど。

280 :181:04/12/23 16:18:49
>278
すみません。曲名はどこにも出てこなかったと思います。
「Oh When the Saints」ってのはわたしが説明のために使用しただけ。
ちなみに、後書きはありませんでした。多分、サイトに載っけるんで
充分だと思っているんでしょう。

281 :名無し草:04/12/23 16:25:23
『When The Saints Go Marching In』です。
「Oh When the Saints」でググっても一発でヒットする。

つーか、あらすじ見る限り『聖者の行進』はまったく関係なさそうなんだが

282 :名無し草:04/12/23 16:27:48
>277
一章と二章って合計で20ページもあればすむ気がするんだけど…
その間って何が起こってるわけ?ひたすら電波探偵の回顧録とか
脳内ゲイの妙な自分語り?

283 :181:04/12/23 16:44:45
>282
樹が伊集院大介の関係者の性生活に関する妄想にふけっています。
マジです。

284 :名無し草:04/12/23 16:47:10

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| 電波を感知しました。 |
|__________|
               / /
               /
      _         ビビビ
     /||__|∧    /
  。.|.(O´∀`) /       _____
  |≡( ))  ))つ          | |胃獣淫|
  `ー| | |             | |      |
    (__)_)         |_|___|

285 :名無し草:04/12/23 16:47:19

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| 電波が強すぎます。  |
|__________|

          /
        //ビビビビビィィィ!!!
 どかーん!  _
    从";从 /||__|∧
   (( ; ;"、; :(O´Д`)      _____
  ((;";从.")と ))  ))つ     | |胃獣淫|
  `;Y ;"、 Y ノ ノ ノ       | |      |
       (_ノ、_ノ           |_|___|

286 :181:04/12/23 17:12:55
タイトルですが、物語のラストで樹が葬送の歌の「聖者の行進」と共に
死んで行ったあの人やこの人のことを偲ぶシーンがあるんです。
ところで、「聖者の行進」って一般にクリスマスソングと認定されてましたっけ。
作中ではそういうことになってたんですが、ちょっと違和感ありました。

287 :名無し草:04/12/23 17:28:21
>277
温帯の本って大体そういう章立てじゃなかったっけ。<各章の長さが同じ

ホラ、内容より、量の人だから。

288 :名無し草:04/12/23 17:29:23
このお話ってひょっとして短編集のひとつとしてまかなえるほどの
内容の薄さ? 必然性あるの? 長編として。

289 :名無し草:04/12/23 17:39:05
それにしてもなんでもかんでも、801をからませないと気が済まない人だな。
ひょっとしてからませるのは、ごまかし?

あと長編って殺人が連続して起こるものだと思っていたよ

290 :名無し草:04/12/23 17:41:23
必然性はあるでしょ、手軽に金作りたい温帯と出版社には。
出版社の方は多少でもその金が他のいい本を出すのに役立つと思えば
いいけど温帯はな…

291 :名無し草:04/12/23 17:53:01
>290
グインとは違うよ。
伊集院は講談社。なくても全く困らない。
たぶん100巻祭りに便乗したいだけでしょう。

292 :名無し草:04/12/23 18:20:36
性邪の口唇

293 :名無し草:04/12/23 18:27:02
>275
本当に俗っぽいイメージ満載だなあ。
これで「アテクシのタグイマレなる感性」と悦に入ってるのが(゚Д゚)ウザー

>279
まぁ、作家でなければ大衆のイメージはこんなもんだろうけどね。
作 家 でなければ!!

294 :名無し草:04/12/23 19:01:03
>>206
ライトノベル板なら君の意見にも少しは聞く耳を持つが、ここは難民版だからなぁ。


295 :名無し草:04/12/23 19:01:34
>>291
講談社だって、そこそこ売れるライノベならほしいわな。
出版点数を稼ぎたいのは、どこの会社もいっしょ。

296 :名無し草:04/12/23 19:02:26
>293
「やらないか?」の世界だもんな。

突然その男は僕を寝技で抑えつけたあげく目の前で
道着のズボンを
下ろしはじめたのだ・・・!

297 :名無し草:04/12/23 19:06:51
温帯が書きたかったのは、賃歩くわえた柔道家の性話と伊集院にからむ性話で
あって、これって別に伊集院で書かなくてもなりたつ話なのではないだろうか?

なんでもかんでも801と結びつけるから名探偵が電波探偵になる。
しかも肝心の推理は穴だらけ。推理ものって読者にどうだまいったか!この謎おもしろいだろ!という
モチベーションがあるもんだと思っていたけど、温帯の想像する読者は、全部、ちんぽ萌え〜
なの? 全部男と男がからむことが好きな読者に向けて書かれてるね。
伊集院は、801だね。グインも801。だからちんぽくわえる人が出る必要があるのかあ……。

温帯の所にはいつも「〜様がちんぽ加えた話しはどきどきして読みました」というファンレターばかり
届いてるんだろうな。 今回の話どうみても名探偵でなくともいいし。

298 :名無し草:04/12/23 19:18:51
温帯が死んだ後、栗本薫研究本には、すべての作品はちんぽに集結するという
一章がもうけられる気がする。伊集院も魔も具淫もぜんぶ801に向かってる。
なんかどのお話も最初はまともなんだけど巻が進むたびに801に変貌する。
最初から801なら分かるんだけど、801の気配もない物語も801に向かうのはやめて欲しい。
801は801でいい作品を作ればいいし (例がぼくらとか。あれは物語のトーンが最初から801だから
誰にでも受け入れられたと思う) 、推理物は推理物でいい作品を作ればいい。
具は、801じゃなくて一部分に男同士の愛があったというのなら、受け入れられるけど
全面的に801サーガーにしてしまった。
801サーガーはそれはそれで新しく物語を始めれば良かったのにあれだけ早くかけるんなら
それも可能だったでしょうに。
801が悪い訳じゃなくて、801のトーンが無い物に801に向かうのがなあ。

299 :名無し草:04/12/23 19:20:19
「大草原の小さな家」の第12章「新鮮な水」で、井戸掘り中に悪いガスを吸って気絶した男性を
救出するために、キャロライン母さん一人で男性二人を井戸底から吊り上げる場面があった

ハンドル付きの頑丈な巻き上げ機を利用したので可能だったが・・・

温帯のことだから「井戸の仕組みを利用すれば女手でも150キロ持ち上げられる」と勘違いして記憶している悪寒

300 :名無し草:04/12/23 19:32:20
>297-298
長文カキコタンの文はくどいので一行目まで読んだ

301 :名無し草:04/12/23 20:06:52
いちいちそれを報告すると言うことは、かまってちゃんだろ

302 :名無し草:04/12/23 20:46:46
長文タソは801とデブの話が大好き。
アレ君が芸風を変えたか、
BL作家タソが苛められすぎて発狂し、
毎回荒れネタばかりくどくど長文で書いて、
住人に復讐していると推理。

303 :名無し草:04/12/23 20:51:16
>291
>295に同意。
たとえ少ない金額でも利益が確実にあがるシリーズの出版は
どんな大手出版社でも無視したりはしない。
困る困らないの話ではなく、儲かるものはとりあえず出すのが商売。

304 :名無し草:04/12/23 20:52:52
>302
すべてをひとりの仕業と考えるとは、伊集院並みの名推理だなw

お薬出しておくからね。今日はゆっくり休んで。

305 :名無し草:04/12/23 20:53:39
>302
「住人」に復讐でつか…。
その発想がすでにry

306 :名無し草:04/12/23 21:17:50
女性週刊誌にコラム書いてるマツコさん(体重140kg)とかの
実在の巨漢ドラッグクィーンがモデルなのかね? >ジョーママ

307 :名無し草:04/12/23 21:26:48
>306
いっそ、まだそういうコラムでも読んでいれば
もう少しそれなりのものが書けそうな気が…。
温帯のゲイバーもドラッグクィーンも全部脳内ってのが
救いようのないとこだからなあ。

308 :名無し草:04/12/23 21:58:55
>304
お前みたいな荒らしが何人もいるわけねーだろ。
自演乙。

309 :名無し草:04/12/23 21:59:40
ラストで伊集院が
「…という夢を見たんだ」とでも言えば、超物理トリックはそれほど
変でもないかもしれん。タイトルも「不思議の国の大介」とかにしてさ。
実際いろいろ不思議だし。
それにしてもこんなの年末に出して大丈夫なのかな、出版社。
税金のことは良くわからないんだけど、在庫にも税金てかかるんじゃ
なかったっけ?

310 :名無し草:04/12/23 22:07:03
>>305
アレくんが住人を憎んでいるのは事実です。
温帯の話よりも住人叩きが好き、という人ですから。
しかも、そんなに嫌いな住人のいるスレなのに、絶対に出ていかない。
長文タンが同じ人かどうかはともかく同じタイプであるのは確かですね。

311 :名無し草:04/12/23 22:14:02
つーか反応する奴が必ず出てくるからやめられないんでしょ
どっちもどっち

312 :名無し草:04/12/23 22:15:03
>309
出せばある程度売れてしまうから出版社も出させようとするんだよ。
年に1〜2冊は伊集院書いてくれって頼まれてるらしいじゃん。

313 :名無し草:04/12/23 22:42:01
>311
スルーできないどっちもどっち厨モナー

314 :名無し草:04/12/23 22:57:08
個人的な嘆き……。

維新の戯れ言の最終巻と舞城の奈津川シリーズの新刊の原稿あがっているはずだ。
なのに伊集院ですか……。
ノベルスと部署違うんだろうけど、今更伊集院ですか……。

315 :名無し草:04/12/23 23:13:25
>279
リア厨当たりの「痴漢やっても捕まらない」レベルのリアリティでつな。
警察とか訴訟とか児童保護法だとか、いろんなものが存在するのが
現実だと思うけど。
そういうものを排除した世界として作られてるなら分かるけどさ。

316 :名無し草:04/12/23 23:39:50
>309
書店にある在庫は書店の税金分となりまふ。
取次にあるときは取次の。
発売してひと月くらいは返品されても直ちに版元に戻されるわけじゃないです。
戻ってきた時点で在庫扱いなので税金かかりますが。
それと、決算時期によって税金の計算は変わりますし。
年末だからどうこうとは必ずしもいえないです。

317 :名無し草:04/12/23 23:41:58
>279
吉田戦車かしりあがり寿の絵をあてたいセリフだ

318 :名無し草:04/12/23 23:44:58
316
ちなみに、税金は本の価格ではなく原価で計算します。
どーでもいい話でした。

319 :316:04/12/23 23:51:51
誰も気にしてないだろうけど、しつこく訂正

決算時期によって税金の計算が変わるのではなく
決算時期が会社によって違うから、年末だからどうこう
というのは必ずしもいえない、と。

320 :名無し草:04/12/23 23:53:05
むしろ>268の台詞を語らせたい<吉田戦車かしりあがり寿の絵

321 :名無し草:04/12/24 00:11:49
>>320
頭頂部にはやや寂寥感がただようけれど、目だけは少女漫画系の
切れ長+キラキラ+長いまつげな瞳で、アゴにはポツポツとヒゲソリ
あとがある中年リーマンの図が浮かんだ。

322 :名無し草:04/12/24 00:15:17
ttp://slugemanon.dnsalias.net/aguraclub/agura/link/ijyuuin01.gif

吉田戦車版

323 :名無し草:04/12/24 00:17:09
>315
でもスポーツ新聞や女性週刊誌的一般イメージではあるよ。
スポーツ誌も女性週刊誌も読んでないはずの(むしろそんな物を読む
愚民を普段から蔑んでいる)温帯が、誰よりもイメージが俗物なのは、
不思議だとしか言いようがないですな。

324 :名無し草:04/12/24 01:12:00
>322
やっぱりワロタ


325 :名無し草:04/12/24 02:11:56
>>299
ちょいと調べれば、それが間違いだって分かるのにな。相変わらずだね。
ただで読める日記はともかく、本業でもそれをやっちまうのはなあ。
伊集院でもキャラ萌えでしかないんだな

326 :名無し草:04/12/24 04:44:13
>>283
温帯の指向パターンが透けて見えて嫌すぎる…。
…と、詳細を知らずに叩いてはいけませんね。
よければ詳細キボンヌです。誰のどんな性生活を妄想してるのか。

327 :181:04/12/24 08:16:05
>326
伊集院大介
> セックスしているところとか(略)想像がつかない(略)
> このぼやんとした平和なヤギみたいな男もちゃんとズボンのなかに一物を
> しまいこんでいて、興奮すれば勃起だってするし、朝になれば朝勃ちだって(略)

アトムくん
> たぶんお仲間だ。真性ってわけでもなさそうだが(略)
> この子は男を知ってるのじゃないか、と思ったのだ。

竜崎晶
> ばりばりの女好きに私には見える。(略)
> けっこう男っぽいくせに−−男女両性を自分のなかに意図的に作っているような

矢代俊一
> ピカイチに色っぽい、ミュージシャンの矢代さんが、私からみると、一番
> 伊集院大介が惚れる可能性がありそうに見える。

語り手の樹の妄想は物語冒頭、6頁くらいです。このほか、サッフォの有名人
田宮怜と歌舞伎の女形が伊集院大介の恋愛経験だというんで、両性具有的な
ものに惹かれる人間であろうと推論しています。

328 :名無し草:04/12/24 08:46:08
二言目には急く素だ珍宝だって、こんなもんを50代のおばはんがニタニタし
ながら書いてるかと思うとキモい。キモすぎる。
何でそんなに性欲が強いんだ。

329 :名無し草:04/12/24 08:49:31
328のカキコのほうがキモイよ…
すっかり枯れたからあんななのかもしれないじゃん

って漏れもはげしく下品だが orz
リアルシモノハナシはやめようよ

330 :名無し草:04/12/24 08:57:01
>327
( ゚д゚)ポカーン…

331 :名無し草:04/12/24 09:12:37
>327
伊集院以外は今回の話に全然関係ない奴らばっかり。
忘れ去られないように次作のための関係者紹介、にしても、
何で下半身事情の妄想で紹介しないとアカンねん…。

332 :名無し草:04/12/24 09:20:52
>327
キモい…。キモすぎるがな…。
しかし温帯が一番書きたかったのはここか?

333 :名無し草:04/12/24 09:42:15
>327
6ページもかけて延々とこんな妄想か。


334 :181:04/12/24 09:42:45
>327 の話は物語と一切関係ありません。大介以外はこの話に一行も
登場しません。(助手はなにをやっておるのだ)
あと、今回の温帯投影キャラは語り手の樹なんですが、>327 のすぐ後に
「世間の人間は恋愛とセックスを混同しすぎる。わたしくらいになると
セックスなんかなくても恋愛できる」
とか言っています。ちなみに50歳になったところ、レズバーのママです。

335 :181:04/12/24 09:48:54
>217
大意「素人の悲しさ、殺人なんか初めてだったのでそこまで気が回らなかった」
の一言で片付けています。
確かに温帯の書く「ミステリー」の犯人たちって、どいつもこいつも頭悪そうなヤツ
ばっかりですが、いくら物理法則を知らないとはいえ、自分の体重以上の重さを
引き上げてしまうとは、バカにも程がないというか、底がないというか・・・・・・

336 :名無し草:04/12/24 09:51:43
>334
>327 の話は物語と一切関係ありません。大介以外はこの話に一行も
>登場しません。

あはははー…

337 :名無し草:04/12/24 12:17:14
温帯の書くミステリーってどれも動機が納得いかん。
なんでこれで殺すの?ってのばかり。

単に頭の悪いDQNばかりだったせいか。

338 :名無し草:04/12/24 12:24:41
まわりがDQNばかりじゃないと、伊集院さん名探偵でいられないじゃん
いや、どっちにしろ名探偵じゃないんだけど

339 :名無し草:04/12/24 12:31:16
「絃の聖域」「優しい密室」「猫目石」とかの伊集院さん好きだったのに・・・。
のに・・・のに・・・のに・・・(←エコー)

340 :名無し草:04/12/24 12:35:57
>335
島田一男のミステリでまさしくその
「踏み台が無いがために警察が殺人と判断した
自殺のトリックを暴く」という話があるんですが…。

ちなみに22年前の作品です。

341 :名無し草:04/12/24 12:45:22
>>334
そのレズバーのママはまさに温帯自身を投影してるというか
小説の交信日記化というか。

ttp://homepage2.nifty.com/kaguraclub/ts5-16.htm
>きょうのテーマ「男友達」
>
> だからこれはガキんちょには出来ない関係ですね。
>性欲ざかりのガキどもには、はいはいとっととナンパにせいだしては
>ろくでもない女にひっかかってなさいね、って感じですが、一応恋も
>たくさんしてきて、異性のつきあいもいろいろもろもろあって、その上で、
>「この人は男友達」ってことになると――2人で飲んでも、口説いたり
>口説かれたりじゃないけど、なんとなくすっとからだが吸い寄せられるような
>慕わしい感じがあって、ノればかえりがけにキスのひとつやふたつは
>御挨拶なんだけど、それで何か関係が進んだとかお互い決して誤解しない――
>
> そういう飲み相手が2,3人いるようになれば女も一人前、ってとこかな。
>これってすっごくゼイタクな気分ですぜ、特にあいてがひともうらやむイイ男
>だったりすると(笑)

342 :名無し草:04/12/24 12:53:47
「わたしくらいになると」って、温帯の好きなフレーズですね。
あぐらでもよく使ってる。

343 :名無し草:04/12/24 13:11:14
うははは、そんな自分に有頂天ですね、温帯

344 :名無し草:04/12/24 13:36:46
なるほど。温帯と飲みに行くその男友達は、人もうらやむいい男かもしれませんが、
連れ添う女性が問題ではな(ry

345 :名無し草:04/12/24 14:15:14
>「世間の人間は恋愛とセックスを混同しすぎる。わたしくらいになると
>セックスなんかなくても恋愛できる」

そう語るキャラが6ページにも渡り妄想三昧ですか
ハァ…ort

346 :名無し草:04/12/24 14:19:35
人もうらやむいい男は、もれなく温帯の金が目当てです。
メシ行っても一切おごらず、芝居もお金ないから皆で持ち寄りね、
借金は皆で分けましょうってふうになったら
温帯の周囲から潮が引くように、その男友達とやらはいなくなるから。
ホストが仕事で飲みに付き合ってくれているのを
大人の恋愛だと勘違いしてるババアですか。いやはや

347 :名無し草:04/12/24 14:22:14
>わたしくらい(電波)になると
>セックスなんかなくても(妄想だけで)恋愛できる」

ってことじゃないでしょうか。


348 :名無し草:04/12/24 14:53:43
いろんな経験を積んできた人は、若い人がナンパでもろくでもない女に引っかかることでも
これもいい経験よと昔の自分を見つめるように暖かいと思うけどな。
実際、恋愛でも仕事でも何でも経験を積まないと分からないことってあると思うし。

いくらいろんな経験を積もうが、温帯のようになっては何も生かされないと思うがね

349 :名無し草:04/12/24 14:55:20
>>346
中村うさぎのお気に入りのホストの話を思いだした。温帯はホスト遊びはしてるの?

350 :名無し草:04/12/24 15:15:02
>349
温帯は根がケチなのでホストにいれあげたりしません。
もっぱらイケメン(これも死語かもしれないが)をはべらすのは、
劇団の打ち上げなどです。

351 :名無し草:04/12/24 15:56:38
というより、感覚古風な人だから>温帯。
愛される・大切にされるという少女マンガ的なとこにこだわるから、
うさぎのように金で買った若い男なんか信じちゃいない、
楽しんだ分騙される時は騙されるみたいなマジ無頼なことはやらなそう。
まあアレもなんだけど。

352 :名無し草:04/12/24 15:58:25
> そういう飲み相手が2,3人いるようになれば女も一人前、ってとこかな。
>これってすっごくゼイタクな気分ですぜ、特にあいてがひともうらやむイイ男
>だったりすると(笑)

これって温帯のところから逃げたあの俳優さんですか?

353 :名無し草:04/12/24 16:23:58
>352
温帯はドライなお別れってのができなくて、「裏切った〜」だの
「あれだけ良くしてやったのに〜」だのを簡単に言い出すし、
それをいつまでたっても言い続けているから、本人のセルフ
イメージはどうあれ、「大人の恋愛」ってのはまったくできない
タイプなんだよね。

354 :名無し草:04/12/24 16:37:06
>352
2人も逃げてますがな。S氏とN氏。
「そういう飲み相手が2,3人〜」の2人ってこの2人じゃないのか。

355 :名無し草:04/12/24 17:03:18
逃げたオトコトモダチの数は数えまいよ

356 :名無し草:04/12/24 20:16:48
>349-350
>ホストクラブ依存症のお話というのも、まあ、ひとごとだと思うと面白いんだけど、
>10代、20代の子がそうなっては売春への道走ったりするわけなんだから、
>面白いとばかりもいってられませんねえ。
>私ですか、私、ホストクラブでお金使うより「ホストになってみたい」と
>思うほうですからねえ(大爆)浪費の快感、てのがわからないこと自体が
>旧世代なのかもしれませんけど。

本当にケチです。
「他人のために金を遣う」ことが絶対できない、
「自分のために金を遣わせる」という発想しかできない人だから、
ホストクラブに行くような人を馬鹿にしてます。
金を貢がれ、さらにマンセーされる…ワクショのような場でなければ
温帯は決して満足しません。(男性の生徒がいるかどうかわからんが)

357 :名無し草:04/12/24 20:29:45
浪費の快感がわからないのは世代に関係無くただ自分がケチなだけじゃん。
昔でも粋なお大尽はいくらでもいただろうに。
ていうか仮にも作家がホストクラブ依存症なんていう現代の風俗を
「ひとごとなら面白い」ってそれだけかい。

358 :名無し草:04/12/24 20:34:16
温帯も芝居で浪費して、そこに金を突っ込んだからこそ
はべらせる男がいるんじゃないのか。
ある意味、ホストクラブよりもよほど金かかってそう…w

359 :名無し草:04/12/24 20:53:28
つーか、そもそもホストクラブって酒飲む場所だから、
10代の未成年は入れないんでね?

360 :名無し草:04/12/24 20:59:32
女子高生が援交で稼いだ金でホスト買ってたって事件は聞いたことある。
まぁ年齢は詐称していただろうけど。
(店側も気づいても黙っていたりするからなー)

361 :名無し草:04/12/24 21:19:52
>>355
その大人の男がいてかっこいいアテクシの話題は、逃げられる前じゃないの?

362 :名無し草:04/12/24 21:39:36
いつ逃げられたのか知らないが、話題は大分昔のだーな

363 :名無し草:04/12/24 21:42:53
もてる女性は、本命以外の男性が自分と縁が切れようがまた、
新しい出会いがあると分かってるから、悪口を言う必要が無いと思うし、
それにしがみつくことは恥ずかしいことだと思うけどなあ。

あと、お互いが対等なら、いろいろしてやったとかいう話は出てこないと
思う。結局、金や物で縁をつないでいただけではないか?

そういうことを言わなければいいのにね。

364 :名無し草:04/12/24 22:21:41
>一応恋もたくさんしてきて、異性のつきあいもいろいろもろもろあって

大学のころに付き合ってた京都の呉服屋のボンと、イタリアンレストランのシェフ
の話だけが繰り返し繰り返し出てきて、それ以外は何もなし。
相手のプライバシーなんぞまるで気にせず垂れ流す温帯が
やばい相手の話を隠してるとはとうてい思えない。
つまり他には経験なしと見た。経験豊富なアテクシはたぶん全部脳内…。

365 :名無し草:04/12/24 22:29:53
つーかお前ら、話戻しますけど、

>327
>田宮怜と歌舞伎の女形が伊集院大介の恋愛経験だというんで
って、あの歌舞伎の蝶々さんとのことって「恋愛」だったのか?
全然気づかなかったよ。
薄気味悪い関係だとは思ってたけど。

366 :名無し草:04/12/24 22:55:32
>  ┏━━[ PR:★季刊ロゼッタストーン第20号 1月11日発売! ]━━┓
>
>     ●大特集「人間関係があなたを創る」
> 
>   ミスター円・榊原英資氏や、評論家・中島梓氏、表現インストラ
>   クター・山田ズーニー氏らが、日本の「人間関係」の問題点や
>   希望を語っています。未来総理の西村康稔議員(自民党)、
>   鈴木康友議員(民主党)、松下新平議員(無所属)にも「政治と
>   人間関係」についてインタビュー。

ですよ。

367 :名無し草:04/12/24 23:34:04
>>357
>仮にも作家がホストクラブ依存症なんていう現代の風俗を
>「ひとごとなら面白い」ってそれだけかい。

いつものように「ゆがんだ欲望と現代消費社会のパラダイム」を元に、
「ほんとに今の日本はどうしてしまったんでしょうね」
「少しずつなにかが狂っていっているような気がします」
とか社会評論をぶち上げられても、困るでしょ。


368 :名無し草:04/12/24 23:36:27

すごいヤダ>人間関係

369 :名無し草:04/12/24 23:40:55
>366
>日本の「人間関係」の問題点

ネットの「匿名の悪意」による人間関係の変化について
私怨と私憤でまくしたてる悪寒

370 :名無し草:04/12/24 23:58:22
>335
>「素人の悲しさ、殺人なんか初めてだったのでそこまで気が回らなかった」

プロの殺人犯は違うのよ〜とか言いたいんでしょうか。
普通殺人に関してこういう表現はしないような気がしますが・・・・
大半の人間はやらないことなんだから。
今回の伊集院、今年のバカミスとかあるなら推薦したい出来ですね。

371 :名無し草:04/12/25 00:23:36
伊集院ものは、ミステリーに対する、愛もかけらも無いので、
馬鹿ミスと一緒にするのは、出来はともかく、馬鹿ミスに失礼な気がする。



372 :181:04/12/25 00:35:04
実は作品名を伏せて、ミス板バカミス総合スレにも振ってみた。
今のところ、そんなに食いつきは良くない。

373 :名無し草:04/12/25 00:35:48
>そういう飲み相手が2,3人いるようになれば女も一人前、ってとこかな。
>これってすっごくゼイタクな気分ですぜ、特にあいてがひともうらやむイイ男
>だったりすると(笑)

真夜中のウニコーンとかもそうなんだけど、温帯の想定する男友達(恋人)って
「人も羨む」が重要なポイントらしい。どれだけ周囲の女性に羨ましがられ、
妬まれるかが重要みたいで、あんまり一人前のイイ女って感じがしないなー。

374 :名無し草:04/12/25 00:44:37
>2人で飲んでも、口説いたり
>口説かれたりじゃないけど、なんとなくすっとからだが吸い寄せられるような
>慕わしい感じがあって、ノればかえりがけにキスのひとつやふたつは
>御挨拶なんだけど、それで何か関係が進んだとかお互い決して誤解しない――

そういえば、和田アキ夫さんも飲むとキスをするそうなのですが・・・
そして和田アキ夫さんがキスをしても相手は決して誤解しないそうなのですが・・・

375 :名無し草:04/12/25 00:48:20
>364
温帯のリアル性生活の憶測は、荒れネタだから避けた方が。
人格攻撃しなくても今回の伊集院はツッコミ所満載だし。

376 :名無し草:04/12/25 00:50:01
>「人も羨む」が重要なポイントらしい。
大好きな着物だの音楽だの小食?にも、少しそれを感じるね。

377 :名無し草:04/12/25 01:14:57
過去LOGを漁っていて発見。マジですごいやっつけ仕事みたいです。
以下、薫×梓 電波なお仕事観測所 95
ttp://slugemanon.dnsalias.net/nospherus/nanmin/NM_denpa95.html
より引用

477 名前:名無し草 :04/10/11 22:26:35
温帯の仕事でグイン以外と言うと、この先2週間くらいの間に道楽の合間を縫って
伊集院モノをでっち上げるらしい。今度は何の話かという興味より前に、講談社は
まだ懲りないのかという思いの方が先に立つ。
とはいえ、講談社の作家でもノベルスじゃなくて四六判の判型で出してもらえる
作家自体が少なくて、温帯は飛び切り優遇されてるんだが。

758 名前:名無し草 :04/10/24 11:40:33
>去年担当者さんとした約束のやつが、結局書けなくて、「今年は伊集院さん
>2本書くよ」って元気よく約束したけど結局1本になっちゃって(^^;)
>「今年こそはっ」っていうのがあって、なんとかしてあと1週間内外のあいだに
>完成させて今年じゅうに出るように渡さなくてはいけないんですが

やっつけ仕事で無理矢理書かないで下さい。
そんなんだから少年期に恵まれなかった殺人鬼か
ストーカーの話ばっかりになっちゃうんじゃないですか。先生。


378 :名無し草:04/12/25 01:27:03
>56
すごい。講談社のオンラインショップ
ttp://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2127350&x=B
で、12/20 発売の「聖者の行進」が「在庫切れ」になってる。
ひょっとしてひょっとすると、飛ぶように売れているのか?

379 :名無し草:04/12/25 02:22:46
>378
いや発売前から「在庫少」だったし

380 :名無し草:04/12/25 02:25:12
>379
僅少だろ

381 :名無し草:04/12/25 02:34:21
それ、今回の伊集院最大のナゾ>発売前から在庫僅少

382 :名無し草:04/12/25 02:41:18
最初から少ししか仕入れなかったってことじゃない?

383 :名無し草:04/12/25 03:14:51
仕入れつーか刷りつーか

384 :本屋の中の人:04/12/25 03:50:18
ある程度の販売が見込めそうながら実数確定が難しい書籍の場合、
一刷を少なくしておくことで
出版社が売り上げ数字を確定させるという手があります。

書籍は通常は委託販売品で、一定期間は返品自由なのですが、
書店側から出版社に注文を出して取り寄せた場合は返品できません。

一刷での配本が少なく、しかしある程度の販売が見込まれる場合、
書店は出版社に追加注文を出さざるを得なくなります。
が、この分については返品ができないわけですから、
出版社側には注文分は確実な売り上げとして計上されるわけです。

売れ残った場合には書店が自腹を切って引き取るわけですね。

385 :名無し草:04/12/25 04:02:26
発売日直後のものは、たいていは「在庫切れ」「在庫少」になってるはず。
一番売れるときに版元に置いておくようなことはしません。

>384
取次や版元との契約にもよると思うけど
注文品でもたいていは返品できるはずでは?
買取しなきゃならないとこなんて稀でしょ?(ハリポタのとことか岩波とか)

386 :名無し草:04/12/25 10:23:35
>>372
そんなことしなくてももともと栗本は推理もの愛好家の中では駄作作家として
決定されてますから。ファンタジー好きにも駄作作家として認識されています。

温帯が801の世界に私が801を普遍させたのよ面してもどってきたのも
そこしか生きる場所がないからです。801の世界でも認める人は多いのかは知りませんが、
温帯の書く801は萌えないという声は良く聞きますね。

温帯が今小説家として生き延びているのも、みんな優しいのねと思いますよ

106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)