5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

艶姿純情BOYシゲル

1 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 17:27:12 ID:qrVLpi5y0
まさか、こんなにも反響くるとは思っていませんでした。
ただ単に笑い飛ばして、キモがられて終わるとしか思ってなかったもので。

続編を書き出すと、どこまで書けばいいのかわかりませんが、
とりあえずスレを別にして、このスレの終わりに合わせて書いてみようと思います。

途中で落ちてしまったら、そこまでということで・・・w

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 17:30:09 ID:cGWQChEt0
2

3 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 17:31:42 ID:qrVLpi5y0
あらすじ

20歳の夏、とある河原でナンパした女が実は男だった。
男だったというのは、過言かもしれない。
彼女の心はれっきとし女、いや女以上に女らしいものだったと思う。
彼女の名はシゲル。

俺は彼女と一夜限りの経験をし、彼女の魅力に取り付かれてしまった。

詳しくは下記スレ174あたりからを参照
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1110333939/l50

4 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 17:32:38 ID:qrVLpi5y0
その日は帰ってから何もできずにいた。
飯も満足に喉を通らない。
夢のような一夜の出来事。
誰かに話したいけども、話すこともできない。

シゲルから届いた最初で最後のメール。
何度も読み返しては、何度もメールを返信していた。
受信ボックスにたまっていくエラーメール。
削除するのも面倒で、ただただ、同じことを繰り返していた。

=============================
件名:Re:ごちになられました(笑)
本文:自分だけ俺のメアド覚えて、ずるいじゃん。
何か返事してくれ〜。
=============================

馬鹿馬鹿しいことだとは思っていても、
そんなことしか俺にはできない。
ベッドに転がって、ずっと同じことを繰り返していた。
眠気に負けて眠りにつくまで・・・。ひたすら・・・。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 17:40:16 ID:Gw+/g5MaO
続き!続き!

6 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 17:40:46 ID:qrVLpi5y0
次の日、俺は彼女と出合った河原へと向かった。
もしかしたら・・・という期待はあまりにも確立が低いとは思ったが、
家でじっとしているとどうも落ち着かなかった。

河原はいつもどおり人の群れ。
本当に等間隔くらいに腰を下ろしているのを見ると笑えた。
あの中に彼女もいた。たった一人で座り込んでいるヤツは珍しかったので
なんとなくそれが目について彼女に声をかけたわけだ。

遠目で見ている分には、それらしき人は見つからず・・・。
無駄な努力とはよく言ったものだ。
一昨日、彼女が座っていた場所にはカップルらしき2人組が腰を下ろしていた。
橋の上から凝視し、彼女でないことを確認し、ため息をついた。
何やっているんだろうな。俺は・・・。

7 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 17:49:21 ID:qrVLpi5y0
結局その日はツレと合流して近くのゲーセンへいった。
明らかに元気のない俺を見て、ツレが真剣に心配していた。

「お前さぁ、それってこないだのが原因か?」

するどいツッコミ。というかそれくらいしか変化すると思えることもないのが事実。
しかし、ツレには何一つ説明してはいない。かといって説明する気にもなれない。

「ん〜、いや、実家のことだよ。仕送りしてやってるのに大学くらいまともいに行けってさ。」

「ふ〜ん、そういやお前が休学してることバレたんだっけ?」

「ああ、うん・・・。」

「ま、しゃーねーわな。とりあえず後期からがんばっていけよ!」

「うん・・・・。」

それ以上はツレも俺の無気力についての話題は口にしなかった。
ツレなりに気を使ってくれていたのだろう。
そんなふうにしてツレと別れた俺は、そのまま家に帰ることもできずフラフラと河原へ歩いていた。

8 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 17:56:26 ID:qrVLpi5y0
やっぱりいない・・・。
明日は月曜日ということもあって、人の群れも比較的少なくなっていた。
もう会えないなら会えないで、それでいいような気もしてきた。
いずれは想い出に変わるものだろうと、時間が全てを綺麗に飾ってくれることだろうと。
頭の中では理解している。でも、それ以上にこの感情が抑えきれない。

河原で腰を下ろし、またもメールを開く。
と、新着メールがあることに気づいた。
案の定、さっき別れたツレからだった。
内容はナンパした子にコンパしてもらうことになったから
来週あけておいてくれ。ということだった。
正直、今はそんな気分になれない・・・。

終電間近になり、仕方なく帰宅することにした。
彼女と出合って、3日目。この調子で俺は毎日ここへ来てしまうんだろうか。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 17:56:56 ID:ex89HNmY0
うはww探し当てたwwwww

10 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 18:02:57 ID:qrVLpi5y0
そのまま帰って眠りについた。
次の日、昼ごろに目を覚まし、いつもと同じようにメールチェックをした。
メールはない。来るはずはないか・・・。
が、2時間ほど前に着信があったとの知らせが出ていた。

相手先は「非通知設定」

不思議と、普段なら気にもならないこういうことが
とてつもなく気になって仕方ない。
メアド見るために携帯をいじられたらならば、
当然番号も見られたと考えるのが当たり前だ。
彼女は俺のテル番も知っているに違いない。

しかし、非通知相手じゃこっちからはどうしようもないじゃないか・・・。
くそっ、明日からは早起きしてやる。などとわけのわからないことまで考え始める俺・・・。
今日も夕方から河原へ行こうと思っていた。
俺の気分が晴れるまでは、そうやって河原に通おうと思った。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 18:06:23 ID:gX/1TiF90
待ってました!!!

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 18:07:16 ID:wTOoM7hh0
相変わらずクオリティタカスwwww夢がひろがりんぐwwwww

13 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 18:09:03 ID:qrVLpi5y0
電車に揺られ、河原へと向かう。
ボーっと窓の外を眺めていると、ポケットの中で携帯が震えているのに気づいた。
メールか、着信か。見ればわかることだ。手にとってみると着信だった。
まだ鳴り続けている。相手を見ると、見たこともない番号・・・。
彼女か!?としか思えなかった。

急いで通話ボタンを押す俺。

「も、もしもしっ!?」

心なしか、声が高ぶってしまい、乗車客のほとんどの人に振り返られてしまった。
しかし、電車の音がうるさく、また雑音が混じっていて中々相手の声が聞き取れない。

「・・・もしぃ・・・。」

かすかに声が聞こえた。彼女かどうかの判断はできない。
が、知っている声ではないような気がした。

運悪く、そのまま電車は地下に潜ってしまい、携帯は圏外となってしまった・・・。

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 18:14:06 ID:nxPluXdy0
ロマンティックが止まらない

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 18:15:50 ID:mFmWpIqD0
これぞまさにテーラー展開

16 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 18:17:13 ID:qrVLpi5y0
落ち着かない。地下に潜ってから河原の駅まで4つもある。
そんなにも待ってられない。なんせ今度は番号があるのだから、
こっちからかけなおすことができる。

俺は地下に入って一つ目の駅で降り、そのまま改札を抜けて地上階まで駆け上った。
外はどんよりと曇っていた。
すぎに着信履歴よりさっきの番号へとかけなおす。

”プッ・・・プッ・・・プルルルッ”

つながった!それだけで、心が躍る。頬が緩むのが本当によくわかった。
が、まだ彼女という確信はない。確信はないが、彼女としか思えない俺がいた。

”プルルッ・・・プッ。”

「もしも〜し?」

「おおおおおおおおおっ!!!?」

彼女だった。それにしても何だ俺は。
あまりにも興奮して、それしか言えなかった。

17 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 18:26:29 ID:qrVLpi5y0
「あ、覚えててくれてた〜?シゲルで〜す。」

思ったとおりだ!彼女からすればなんてことないことなのかもしれないが
俺には奇跡としか思えなかった。一瞬で目の前が明るくなっていった。

「おおお、おうおうおうおう。」

本当に気持ちが高ぶってうまくしゃべれない。
これでは彼女に気持ち悪く思われる。落ち着け、落ち着け俺。
と心では念じていても中々これがどうにも止まらない。

「あはは〜、なんか声震えてるし〜。何かしてたの?」

「い、いや。その・・・えっと・・・。バ、バイトで・・・。」

おいおい、何やってんだ俺は。しっかりしようぜ。
と、本当に心では思っているのだが・・・。

「あれ?バイト中だった?ごめんごめん、また後にしよっか?」

「いや、や!違うよ。今、さっき終わったとこだから。ちょっと走っててたりしてて。へへっ。」

へへっ・・・。自分で言ってて寒気がした。

18 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 18:35:01 ID:qrVLpi5y0
「そっかそっか。ん〜、ごめんね。メールびっくりしたでしょ?」

「ん?ああ、本当にだよっ!まったくw」

「あはは。あの日ね、ちゃんと本当のメールアドレスから送ったのに返事ないしさぁ。
 電話しても電源入ってないしで、やっぱ嫌われたのかと思ってたよ。」

「え・・・?メール・・・届いてないけど。」

「ん?電源入ってないから、センターに保存されているのでは?」

「それだったら、他のメール受信するときに一緒に受信するはずなんだけどなぁ・・・。」

「まあいいやwこうやってまた話することできたもんね〜。」

「ええ、あぁ・・・。そうだなw」

「ところでさ・・・。今から○○来れる?ご飯でも一緒に食べない?」

「え?え?今から?」

「うんうん、今から。ダメかな?」

「いや、全然!全然いけるよ!」

「ほんと?じゃあ、○ーソンでまってるね〜。」


19 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 18:40:30 ID:qrVLpi5y0
#飯食うので19時半までカキコできません。

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 18:41:48 ID:0WpPqBLq0
うひょおおおおおおおおおおおおおおwwwwwww
久しぶりの再開に超勃起展開の予感で夢がひろがりんぐwwwwwwwwww

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 18:41:54 ID:wTOoM7hh0
#乙。正座して待ってます。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 18:42:30 ID:ARR4QK0D0
>>19
食いながら書いてください

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 18:44:26 ID:D1TBfXix0
変態さんは何歳だ

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 18:45:54 ID:mFmWpIqD0
5年ほど前ってかいてて、ストーリーは二十歳の時のだから、
たぶん25歳前後だと思われますです

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 18:59:33 ID:xDzFy1cI0
ワクワクテカテカ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 19:17:12 ID:ex89HNmY0
おてぃんてんが期待している

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 19:22:15 ID:ifYDGWLZO
wうはwwwwww再開してんじゃんwwww
赤い実はじけまくりんぐwww

28 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 19:23:36 ID:qrVLpi5y0
#再開しますよ。
#>>24 今年で26になります。

終始、俺の胸は高鳴っていた。
本当に奇跡としか思えない。たった3日間のすれ違いだが
俺にはもう何年もの間のすれ違いに思えた。
目的地までの距離は駅3つ分。
俺は急いで駅へと戻り、目的の駅へと向かう電車に飛び乗った。

地下にいる間、もしまたメールだ来ていたらどうしよう。とか
電話がかかってきているかもしれない。と
さっき会話したばかりだと言うのに、気が気でなかった。
早く彼女に、シゲルに会いたい。
ただその一心で、電車の中でも落ち着かずに
座ったり立ったりを繰り返していた。

そして10分後、電車が目的の駅にたどり着き、
俺は扉が開ききる前に電車を飛び降りた。
もうすぐ、もうすぐ彼女に会える。彼女の顔が見られる。

改札を出て、階段を駆け上がり、あの日の河原を越えて
俺は○ーソンにたどり着いた。

29 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 19:36:36 ID:qrVLpi5y0
彼女の姿を探し求め、視線を右へ左へとすばやく向ける。
しかし、彼女の姿が見つからない・・・。
おかしい、ここらへんにある○ーソンはこの店くらいだ。
まだ、来てないのか?いや、そんな感じではなかった。
彼女は待っている。と言ったのだから。

と、焦っていた自分が急に馬鹿馬鹿しく思えた。
何を焦っているんだ。携帯の番号がわかっているじゃないか。
電話をかければ済むこと。あまりにの浮かれようですっかり忘れていた。
俺は発信履歴から彼女の携帯へリダイヤルをかけた。

「は〜い。あ、もう着いてる?」

「あ、うん。今着いたとこだよ。どこにいるの?」

「ごめんごめん、河原で座ってたwそっちいくねー。」

そういって電話は切れた。
河原か・・・。一目散に○ーソンを目指したために
全く周囲を見ていなかったな・・・。
○ーソンの前に立って、彼女を待つ。
と、店の角から彼女が現れた。


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 19:37:56 ID:ex89HNmY0
再開キター!!

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 19:40:31 ID:wTOoM7hh0
しかしこれだけ長文描けるのすごいなー
俺同じ体験して日記書けっていわれてもこんなに細かく書けねーよ

32 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 19:49:26 ID:qrVLpi5y0
「やほっw」

ちょっと大きめのジーンズに、黒のタンクトップ。
相変わらず、女の子というほどのきゃしゃな体はしてない。
だけども、俺の目に映る彼女はとびっきりの美人に見えた。

「おうw」

微笑む彼女に向かって、俺も彼女に微笑み返した。
が、その笑みがみるみるうちに崩れていく・・・。
彼女の頬が薄青く色づいているのに気づいた。
ファンデーションでごまかしているつもりだろうが、
色白なのが災いしてか、うっすらとそれが見える。
俺のその様子に気づいてか、彼女も表情が変わった。

「それ、どうしたの?」


33 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 20:16:53 ID:qrVLpi5y0
#>>31 いやぁ、思い出すのも一苦労で・・・。
#実は、この後のことが中々思い出せずにいます。
#彼女がそのアザの言い訳に言ったセリフが思い出せずに
#現在思い出すために頭を抱えています・・・。

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 20:25:38 ID:wTOoM7hh0
5年前だろ?それだけ覚えてるのがすごい
・・・ってもまあ衝撃的な出来事だろうから大筋は忘れられないんだろうな・・・
がんがれ!期待してる!

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 20:26:24 ID:OU+WPVgDO
彼氏に殴られたんだな

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 20:28:57 ID:U+X6jGd50
>>35
俺は親父だと思う

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 20:37:40 ID:wTOoM7hh0
じゃあ俺は柄の悪いオニーサンに絡まれたことにしとくか

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 20:39:50 ID:4MSb43DgO
変態さんが寝返りうって肘打ちかました

39 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 20:43:26 ID:qrVLpi5y0
#あかん、思いだせん。
#スマソ、もうすぐしたら仕事の時間・・・アワワワワ
#>>37 本来の答えはそれに近い。ただ、彼女はそのまま言わずに
#言い訳というか、ウソついたのよ・・・思いだせん・・・

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 20:48:15 ID:wTOoM7hh0
おーし変態さんが帰ってくるまでみんなで保守するかー^^

41 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 20:50:33 ID:qrVLpi5y0
#仕方ないので必殺技使います。
#必殺読み飛ばしの術。

「それ、どうしたの?」

彼女は・・・・と言った。

「え?そんなはずないだろwどこかでぶつけた?」

「ううん、ホントのそれだけだってw」

あんまり詮索するのも悪いかと思い、そういうことにしておいた。
そのまま俺と彼女は飲み屋が連なる小さな通りへ出て歩いた。
さすがに月曜日というだけあって人は少な目で、ちょうど夏休み時期であったため、
サークルで固まっていると思われる学生連中ばかりだった。
そんな賑やかな連中を横目に少しドキドキして歩く。
もし自分が連れている女が男だってバレたら・・・。
彼女には申し訳ないが、このときは本心でそう思っていた。

彼女に何を食べたいかを聞いてみたところ、
洋食ならなんでも。とのことだった。
しかし、なんでもと言われても・・・。


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 20:53:32 ID:OU+WPVgDO
穴埋め問題か!?

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 20:55:57 ID:wTOoM7hh0
・・・に適する語句を入れて文章を完成させなさい

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 20:57:28 ID:YipBjjXw0
「ここ3日何も食べてなくて・・・」

45 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 20:58:42 ID:qrVLpi5y0
#うう、誤字脱字は脳内変換ヨロ;
#やたらと間違えるのはおっちょこちょいだからです。
#もうちょっと時間あるので、気合で書いてます。

俺がよく行くの場所で洋食と言えば、伊田飯しか思いつかない。
しかも、パスタの店。洋麺屋五右○門くらいだ。
しかし、月曜日と言えどこの時間は込んでることだろうな。
まあ、彼女の希望に沿うならばいいか。

「ん〜、じゃあパスタでもいい?っていうか、それくらいしかわからないやw」

「あ〜、いいよw五右○門?」

ははっ、やっぱわかってしまうよな。
ここらでパスタって言えば、出てこないはずもない店だし。

「そうそうw」

「おっけ〜。」

自然と腕を組んで歩いてた。
この間は気づかなかったが、彼女のほうが少し身長が高いように思えた。
まあ、当然というか、俺の身長は159cmなわけで・・・。
それにしても、いい匂いがする。彼女のつけている香水だと思うが、
首筋に顔をうずめたくなってくる・・・。
そんなことを考えていると、アレが肥大していくのがわかった。

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 20:58:46 ID:wTOoM7hh0
>>44
うまいな

47 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 21:06:40 ID:qrVLpi5y0
ヤバイヤバイ。
まあ、女と手をつなぐだけでも、同じようにはなってしまうほど
敏感な俺ではあるので、いた仕方ない。
とりあえず彼女にはバレないように・・・・。
というところで少し気になって彼女の股間に視線がいってしまった。

さすがに大きめのジーンズなだけあって、
女との区別は全くわからない状態だ。
そのダボダボのジーンズの中で彼女のアレが
どんな状態で下着に収納されているのかと
頭の中で妄想してしまった・・・。

ますます肥大していく俺のアレ。
自然と歩き方がぎこちなくなってしまう・・・。
彼女は周りの学生連中を指差しながら
芸能人の○○に似てる〜。ってな感じで
前を向いて歩いてた。

と、突然、彼女は外側に持っていたバッグを内側に持ち替え
そのカバンを俺の股間にかすらせてきた。
まずい・・・。バレたかな・・・?

48 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 21:10:40 ID:qrVLpi5y0
#すまない、仕事の時間・・・。
#出張ネト管理なので、もしヒマあればいくつかカキコするよ。
#無理だったら明日の朝10時くらいから続行しま。

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 21:13:39 ID:wTOoM7hh0
うーす^^
お仕事おつかれー^^

50 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 21:19:42 ID:kOETgl/kO
携帯テスツ

51 :タロイモ ◆Amg/3ytqyE :05/03/10 21:21:49 ID:6LUVRDSsO
(;´Д`)

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 21:45:40 ID:SIEC047b0
保守

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 21:47:12 ID:z8ThY0+L0
おっきしたお!

54 :タロイモ ◆Amg/3ytqyE :05/03/10 21:51:27 ID:6LUVRDSsO
マダー?

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 21:51:30 ID:zmtwPBTe0
仕事がんばれーホッシュ。

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 22:11:52 ID:ifYDGWLZO
ホ―――――――――シュ。

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 22:16:08 ID:/+ZO4WyO0
捕手

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 22:27:54 ID:rH6godpA0
うっひゃーーーーー!
いま変態さんがセクロスされる所よんできたぜ
こんなに詳しく話聞けることになるなんてwwwwモエスwwwww

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 22:57:38 ID:HdiVAR0h0
保守

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 23:01:46 ID:GZoIIPbJ0
うはwwwwwwwww見つけたwwwwwwwwwwwwww
やばい俺wwwwwそっちの世界行きそうwwwwwwwwww

61 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/10 23:03:14 ID:kOETgl/kO
|・ω・`)

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 23:06:56 ID:ifYDGWLZO
変態さんキタ――――――――――――――!!!!!!!

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 23:07:07 ID:ex89HNmY0
>>61
うはwwww仕事がんばれwwwww

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 23:07:57 ID:YB6cH+zI0
頑張れ。応援してるぞ。

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 23:11:53 ID:rH6godpA0
187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:05/03/09(水) 17:30:41 ID:dqMwI6vb0
>>185
相手の写真うp


188 名前:174-180[] 投稿日:05/03/09(水) 17:39:39 ID:W1mHi4vw0
>>187
スマン 写真とか撮ってなかった。
もし今度あったら撮っておこう。

これ今でも期待してまつwww

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 23:15:52 ID:ykGyoLNQ0
早く帰ってきてね

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 23:22:49 ID:4eqwC0SJ0
応援してるぞ

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/10 23:35:38 ID:wTOoM7hh0
正座して待ってます
いやごめん寝るけど

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:02:25 ID:qlsAv7O50
|∀・)ワクワク

70 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 00:03:55 ID:rv+eLExC0
#職場PCから華麗にJUMP!

「お〜い、これはなんだ〜?w」

「ん?んん?」

ああ、普通にバレてるし・・・。耳が熱くなってくる。
しかし、気づかれるものなのか?カマかけられているだけじゃ・・・?
どちらにせよ、認めたら負けだ。そこでゲームオーバー。

「何のこと?w」

笑ってごまかすが吉。いや、本当にそうか??

「ふ〜んw」

そういって彼女は前を向きなおした。
バレてるに違いないが、認めなかったのはたぶん正解。・・・のはず。
そうこうしているうちに、目的の店の目の前に辿り着いた。

予想通りの混雑で、店に入りきれずに店前で待つ人がチラホラ。
カップルか女2人組しかいない。まぁ、この店じゃそんなもんか。
やっぱ、外から見れば俺と彼女もカップルとして見られるのだろうか。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:07:31 ID:qlsAv7O50
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:09:20 ID:iStSOphL0
ドキドキクマクマ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:09:36 ID:LACdFXtZ0
キテタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:10:32 ID:yuSSs4060
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:12:54 ID:qlsAv7O50
つかパスタが猛烈に食いたくなった件

76 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 00:17:12 ID:rv+eLExC0
店前で座りこんで、30分ほど待っていると
ようやく俺たちが店内に案内された。

たしか、彼女はレディースセットというものを、俺はメンズセットっていうのを頼んだと思う。
好みのパスタにサラダとかスープがついていたと思う。
メンズとレディースの違いはパスタの量がメンズのほうが多いというものだった。

食事の間はくだらない雑談を交わしていた。
今日HEY*3に浜崎あゆみが出るとか、
菅野美穂が歌うほうがZOOよりいいよね。とか
ごく普通の、ありふれた雑談。友達とでも、家族とでも話す他愛ない話。
そんな会話のキャッチボールを繰り返しながら、俺たちは食事を楽しんだ。

「ん〜、そいうえばさ、君は学生だっけ?」

唐突に彼女が話題を変えた。

「ん?うん、一応ね。今は夏休み。」

休学していることを告げなかったのは、隠しておきたかったからではない。
どうして?という質問に答えるのが面倒になるからだった。
まあ、理由は・・・履修届けを出す日にパチンコへ行ってしまったからなのだが・・・。

「そっか、バイトとかしないの?」

「ん〜、一応してることはしてるけど・・・。」

バイトに関してはあんまり触れてほしくはなかった。
特に嫌なバイトではないが、今までの経験上、いい印象を持たれたことがない。
サービス業と言えば聞こえはいいが、客観的に見てもそんなにいいものではない。

77 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 00:25:35 ID:rv+eLExC0
バイトは、麻雀クラブの店員だった。
クラブといっても単なる雀荘。フリー雀荘といえば伝わるだろうか。
グループ単位の客相手にサービスを提供するわけではなく、
個人単位で遊びに来る客に対して、サービスを提供するのがメインの仕事であった。

どんな仕事だったかはここでは詳しく触れず、割愛させていただく。
(実はこのバイト中にも結構な展開の経験している・・・。
 気が向いたら派生元のスレにお邪魔して書こうかな。)

そんなわけで、バイトの内容は詳しく伝えるのが嫌だった。

「ふ〜ん、どんなバイト?」

まあ、普通に聞かれるよな。そりゃそうだ。ごく自然な質問。
さて、なんていっておこうか・・・。

「風船パン屋さん。」

「へっ!?なにそれ・・・?」

うお、口からでまかせとはいえ、何を言ってるだ俺は。
いくらなんでもそれは酷い。しかも通じてないし。
全国共通の漫画と思っていたがそうじゃないのか・・・。



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:31:14 ID:Ue8ao96g0
寝ようかと思ってたら降臨キテタ━━(゚∀゚)━━!!
仕事乙
風船パン屋ってなに・・・

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:32:05 ID:Jl6IxCHA0
俺も分からん・・・

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:32:21 ID:3YqVXT/m0
とりあえず風船パン屋について

81 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 00:32:58 ID:rv+eLExC0
「あはは、冗談冗談wコンビニの店員だよ〜。」

なんとか、これで誤魔化すことに・・・・。
まあ、我ながら無難な言い訳だと思う。

「へぇ、そうなんだ〜。そういやさ、君の名前・・・なんだっけ?w」

いや・・・。えっ・・・?

「え?言ってなかったっけ?」

いや、そんなはずはない。あの日に一応名前を伝えたと思うが・・・。

「え〜っと・・・。ごめんね、よく聞いてなくってw
 まさかこんな風になると思ってなかったから・・・w」

少し照れた感じで笑って誤魔化されている。
まあ、無理もないか。ナンパされて自己紹介されても
興味がなけりゃ覚えようとはいないもんな。

「ははっ・・・。もうwなんか名前で呼んでくれないなぁと思ってたんだよw」

俺も彼女を名前を呼んだりしたことがなかったので、気づかないでいただけだったのだが
適当にそんなことを言い、彼女に合わせて笑った。

「あはは、なんか変なの〜w」

「ホントにw俺の名前はタツヤ(仮名)だよ。今度は覚えておいてよね。」

82 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 00:33:51 ID:rv+eLExC0
>>78
>>79
>>80
ヒント:稲中

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:36:45 ID:B81je3kK0
愛をください なつかすー。

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:37:30 ID:8ZJaY+2T0
うはwww降臨しているwww
俺は寝る。保守よろしく。

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:44:06 ID:yuSSs4060
マジでシゲルいいヤツだwwwwwwwwwwwwwwwww

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:44:17 ID:zAUX+EVx0
keep

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:44:30 ID:/57mFMa00
保守

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:46:29 ID:Ue8ao96g0
しかし5年分の話か・・・このスレpartいくつまでいくんだろ?www

89 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 00:46:37 ID:rv+eLExC0
「お、オッケ〜。タツヤ君、タツヤ君っと。」

そういって携帯をカタカタをいじる彼女。
たぶん電話帳登録でもしていたのだろう。

店には食事も含めて2時間ほど滞在した。
店を出た後は、何気なくまた河原へと足を歩める。

「まだ人いっぱいいるねぇ。」

「うん、この時間はね。」

「そういやぁさ、よくここで声かけるの?」

う・・・。これまた痛いツッコミだ。
しかしまぁ、隠したって仕方ないか・・・。

「ん〜、よくっていうか、まあ普段はツレと一緒にが多いんだけどね。」

「へぇ〜、でお持ち帰りしちゃうんだ?w」

「いやぁ〜、毎度じゃないよ。ほとんどはその日に遊んでおしまいって感じ。」

「ふ〜んw」

終始ニコニコ顔の彼女。
なんだか後ろめたくなって、目を合わせ辛かった。

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:51:36 ID:LACdFXtZ0
いいよいいよ!

おいら楽しみにしてるから!

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:52:06 ID:rv+eLExC0
「で、今日のご予定は?」

「ん?」

「私、明後日まで仕事休みなのよね〜。」

これは・・・誘っているのか?俺を誘っているのか??

「ほほう。」

しかしあれだ、予定していないことだったために
財布の中身が寂しすぎる。
ホテルへ行く金はまずない。かと言って彼女に出してもらうのも不甲斐ない。

「こないだ、奢ってもらっちゃったしなぁ、私の家くる?
 家っていうか、1Rだけどw」

「ん?いいの?」

これは・・・。っていうか、いいのかな?
心の中では少し戸惑いつつあったが、断る理由はない。
というか、このときの俺は下心しか彼女になかったと思う。

「いいよw狭いとこでよければw」

そういうわけで、俺と彼女は彼女の家へ向かうことにした。

#こんなとこで切ると、どんなレスつくのか想像つきますが
#申し訳ない。タイムリミットです。
#では、帰って寝ることにしまする。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:53:32 ID:iStSOphL0
うはwwww寸止めwwww乙

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:58:22 ID:GNBMho6y0
いやーんタツヤくんやめちゃいやーん

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 00:59:04 ID:LACdFXtZ0
乙!

明日も頼むぜ!

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 01:01:01 ID:zAUX+EVx0
Z

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 01:09:55 ID:Ue8ao96g0
というかかなり長期戦になりそうな予感!
正座しながら寝て待ってます

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 01:17:54 ID:6/EqIMW+O
とりあえず、シゲルとタツヤで自分の中のイメージが
TOKIOの上二人になってしまった件について

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 01:18:59 ID:A9EWH1j5O
うほ

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 01:23:18 ID:yuSSs4060
うはwwwwwwww止める所が毎度絶妙すぎwwwwwwwwwwww
楽しみにしてるwwwwwwwwwwwwwwwおkwwwwwwwwww

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 01:24:06 ID:3YqVXT/m0
>>97
801向けですな

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 01:36:09 ID:/57mFMa00
保守

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 01:49:41 ID:zAUX+EVx0
堅持。昼の部のオレはもう寝ます。
起きている夜の部の皆さん、保守お願いします。

103 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 02:05:59 ID:DOjYH+LmO
帰宅。
寝。

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 02:09:23 ID:Ue8ao96g0
乙。オヤス


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 02:23:23 ID:GNBMho6y0
おつかれちゃーん


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 02:50:32 ID:Ue8ao96g0
保守

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 02:53:03 ID:DHWELClD0
おいお前等wwwwwwwwwwwオレすげー法則見つけたwwwwwww

文章うまい奴はクオリティ高い

文章力=クオリティ

オレ天才じゃね?wwwwwwwwww

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 03:16:01 ID:GNBMho6y0
お前頭いいなwwwwwwwww

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 03:33:21 ID:1tHDlAqMO
仮名変えてくれたらうれしい
自分の名前でてくると萎える

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 03:37:57 ID:1tHDlAqMO
>>107のIDがすごい件

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 04:31:32 ID:GNBMho6y0
うほほい

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 05:22:56 ID:WdvKpB7T0
ほす

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 06:03:42 ID:ZWffL5pU0
続きが気になる保守

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 06:24:25 ID:WdvKpB7T0
寝る前にも保守

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 06:35:03 ID:W21ihMgIO
起きたので保守

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 07:08:53 ID:Ps1aRrqVO
保守

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 07:19:38 ID:+U11ngaF0
今読み終わった保守

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 07:39:04 ID:Ps1aRrqVO
age

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 08:07:24 ID:8JExOv6e0
おはようの保守マップ

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 08:14:02 ID:8ZJaY+2T0
おはよう。

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 08:30:31 ID:Ue8ao96g0
おはようございます

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 09:07:55 ID:1tHDlAqMO
おはよう

123 : ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 09:10:19 ID:ZH//+u9+0
age

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 09:18:55 ID:EwYg6Q8g0
>>123
あがってないぞw

125 : ◆KMVVlQc6G. :05/03/11 09:21:15 ID:ZH//+u9+0
>>124
キャー ホントダ

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 09:31:38 ID:8ZJaY+2T0
続きまだー?

127 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 09:51:15 ID:DOjYH+LmO
印鑑忘れたあああああ
俺乙

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 09:55:55 ID:+U11ngaF0
>>127
おおおおおおおおおお乙

129 :果林党 ◆T/rtHmtm4g :05/03/11 10:30:56 ID:x71KteHiO
ようやく追いついたー
スゴーイ変態さんは神ですな
age

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 10:32:51 ID:EwYg6Q8g0
>>125
プチモエタ

131 :125 ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 10:42:22 ID:ZH//+u9+0
>>130
モエテクレテアリガト

132 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 11:04:49 ID:DOjYH+LmO
鳥かぶってる件について

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 11:11:39 ID:+U11ngaF0
えええええええええええええええええええええええええええwwwwwwwwww

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 11:16:43 ID:ZWffL5pU0
おいおいおいおいおいおいおいおいwwwwwwwwwwww

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 11:19:05 ID:0F+PifL80
>>131
>>132

鳥洩れwwwwww
ワロスwww

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 11:20:05 ID:8PBcv5ec0
偶然か?wwwwwwwwwwww

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 11:20:55 ID:XfHywEiP0
ばれるような鳥使うなってwwwwwww

138 :トリップテスト ◆uAzaJUOQks :05/03/11 11:22:39 ID:KkjdnIwT0
これか?

139 : ◆/GIklArtC2 :05/03/11 11:24:51 ID:ISwoReqPO
てすつ

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 11:29:55 ID:ek3IoCQ20
ワロス

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 11:31:23 ID:KkjdnIwT0
>>131
もしかしてシゲル本人?

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 11:36:53 ID:EwYg6Q8g0
ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E2%97%864mlS.uDZqw+&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

ぐぐったら出てきたwwwww

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 11:39:37 ID:0F+PifL80
>>142
デラワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 11:47:47 ID:+U11ngaF0
近畿板ではメジャーなトリップなのか?

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 12:11:10 ID:8ZJaY+2T0
トリ分かりづらいの考えれ。
ところで続きまだー?

146 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 12:35:05 ID:DOjYH+LmO
正体がバレそうな件。

つーか、まじでー
まあええねんけど。
続きは二時すぎかな

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 12:36:48 ID:0F+PifL80
>>146
鳥漏れどころか正体バレワロスwwwwwwww

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 12:46:02 ID:8ZJaY+2T0
>>146
大丈夫なのかよwwww

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 12:55:55 ID:FHOmy1/y0
こんにちわ

リコールレイション置いときますね っ。

150 :125 ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 13:03:22 ID:ZH//+u9+0
>>141

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 13:05:48 ID:GNBMho6y0
(゚д゚;)!?

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 13:06:18 ID:1XN6MNyZ0
>>150
キタ━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━!!

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 13:09:13 ID:+U11ngaF0
貴様何者だ━━━━━━━━━━っ!!

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 13:10:32 ID:Ue8ao96g0
え?シゲルは夢をかなえにアメリカ行ってるんじゃないの?
帰ってきてPCでも見られちゃったのか?

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 13:12:39 ID:3YqVXT/m0
本人登場?ネタじゃなかったの?

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 13:28:40 ID:8ZJaY+2T0
どちらにしろ14時ごろ明らかになる。

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 13:28:54 ID:Ufxg2Cpf0
うそだろ!?
おい!?

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 13:37:39 ID:P0VIhd+s0
(*´д`*)ハァハァ

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 13:58:27 ID:fXTDVllj0
ワクテカ

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:01:23 ID:NlrcmP7F0
14時キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!

161 :125 ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 14:02:33 ID:ZH//+u9+0
クルカナ・・・
ソロソロオデカケスルジカンナンダヨネ・・・

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:06:01 ID:1XN6MNyZ0
>>161
トリップは2人だけが分かるような言葉だったの?

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:09:49 ID:Ue8ao96g0
一体何が起こっているのか
把握できない

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:11:18 ID:B81je3kK0
なんかややこしい奴が出てきたな・・・

165 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 14:27:57 ID:4lr+VnCA0
ええと・・・。
状況が把握できずにいる件について。

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:28:40 ID:tXY4fVix0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:29:58 ID:EwYg6Q8g0
こっちはもっと把握できんw

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:32:06 ID:1XN6MNyZ0
>>165
どうなんだ?
トリップはばれやすいものなのか?
それともシゲルに関係あるやつ?

169 :変態さん ◆cb6cVaM0gU :05/03/11 14:33:43 ID:4lr+VnCA0
トリって簡単に漏れるのか?
てか、身の危険を感じつつも、確かめたいのでテスツ

俺の生年月日を知っていればわかるはず

170 :変態さん ◆cb6cVaM0gU :05/03/11 14:35:30 ID:4lr+VnCA0
っていうか、年ばらしてた予感。
西暦部分は前のレス掘れば簡単にわかるかも・・・。
半角英数8桁ですよ。

貴様何者ダアアアアアアアアアアア

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:35:59 ID:3YqVXT/m0
生年月日?ぞろ目とかじゃないよな

172 : ◆u/God/.Hjc :05/03/11 14:38:46 ID:NlrcmP7F0
いい感じの鳥を発見

173 :125 ◆cb6cVaM0gU :05/03/11 14:39:02 ID:ZH//+u9+0
オカエリナサイ
イッテキマスネ

174 : ◆u/God/.Hjc :05/03/11 14:40:10 ID:NlrcmP7F0
>>169-170
>>173
SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:40:42 ID:P0VIhd+s0
うはwwwwwwwwwwwwシゲル確定wwwwwwwwwwwwwwwwww

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:42:12 ID:NlrcmP7F0
>>125の鳥は何なんだろう

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:43:27 ID:/kWLrCWC0
自演?

178 :変態さん ◆cb6cVaM0gU :05/03/11 14:43:59 ID:4lr+VnCA0
え゛・・・・。
いや、シゲルはありえないのよ。
アメリカから2ちゃんにカキコとか無理でしょ?

それに出来たとしても、自分のことだと思ったら連絡くるはず。
あ、ちなみにシゲルっていうのは本名じゃないのよ。
そのときに名乗られた彼女の通り名みたいなものなのだ。

っていうか、オマエダレーwwwwっうぇ

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:45:57 ID:1XN6MNyZ0
>>178
インターネットですからwwww
アメリカも日本も関係ねーwwww

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:46:21 ID:NlrcmP7F0
>>178
無理でもないよ

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:46:39 ID:8ZJaY+2T0
>>178
さりげなく電話してみるとか。


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:47:46 ID:GNBMho6y0
うはーいきなり超展開になってきたなwwwww

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:49:07 ID:EwYg6Q8g0
まさか卵の1じゃないよね?

184 :変態さん ◆cb6cVaM0gU :05/03/11 14:49:27 ID:4lr+VnCA0
いや、フォントやらユニコードの関係で無理だと思うんだけど・・・。
日本語のOSって海外で使えるの?

まあ、シゲルにメール打ってみたので、明日の朝には気づいてもらえるかと。
今たぶん夜中の1時くらいだよね。
7時間後くらいに返事くるはず。

それまでは華麗にスルー決め込んで続き作成してきます。

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:50:30 ID:P0VIhd+s0
海外在住のVIPPERは何人もいるぞ

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:51:27 ID:1XN6MNyZ0
>>184

ヒント1:カタカナ
ヒント2:ニホンゴ書けなくても見る事はできる もちろんコピペも可

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:54:59 ID:EwYg6Q8g0
ニューヨークから実況してたVIPPERいたよ。

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:55:02 ID:3YqVXT/m0
アメリカと時差何時間だっけ

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:55:40 ID:NlrcmP7F0
シカゴだな

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 14:56:17 ID:8JExOv6e0
また卵妊娠した>>1か!
卵の釣りは神だからありえる

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:00:13 ID:1XN6MNyZ0
>>187
ピザは学校のPCからコピペで会話に参加してたよなwwww

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:03:18 ID:iStSOphL0
おいおい楽しい状況になってるじゃねーかww

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:15:39 ID:Ue8ao96g0
意味ワカンネwww
卵って何www

194 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 15:16:23 ID:4lr+VnCA0
彼女の家まではタクシーで行くことに。
ここらへんはバスじゃ思い通りに目的地につけないので
タクシーを使うことが多い。
そんなわけで、駅側の大通りに出てタクシーを拾い
俺たちは彼女の家へと向かっていった。

タクシーの中では、ラジオから流れる漫才に反応して
運転手のおっちゃんも交えて大爆笑した。
どんな内容だったかははっきりは覚えていない。
下ネタであったのは確か・・・。おっちゃんにも何か突っ込まれたような気もする。

彼女の家は2階建てのハイツの1部屋だった。
白い大きな屋根が印象的だった。
彼女の部屋は2階の一番奥。
不意に表札に目がいってしまう。
が、残念ながら(?)空白のままだった。

ドアキーはカードになっているらしく、
ヴィトンのテカテカしたピンクの財布をバッグから取り出し
その中からカードキーを手にとってドアキーを解除した。

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:16:35 ID:NlrcmP7F0
正座しながら待ってます

196 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 15:22:04 ID:4lr+VnCA0
「は〜い、どうぞ〜。」

そういってドアを広々と開け、俺を先に玄関へと通してくれた。
玄関先には10足くらいのミュールやらサンダルやらが並べられていた。
サイズって案外あるものなんだ。と一人感心しつつ、靴を脱いだ。

・・・そのとき!!!?

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:23:45 ID:EwYg6Q8g0
そのとき!?

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:23:55 ID:GNBMho6y0
そのときぃ!?

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:25:21 ID:NlrcmP7F0
近づくと彼女の様子がおかしい事に気が付いた。

「どうしたんだ?」
「・・・」
「?」

反応のない彼女を尻目に部屋に入ろうとしたその時
俺の目に映ったのは、

首のないツレだった

俺が慌てて振り返ろうとすると頭部に強い衝撃を受けた。
薄れ行く意識の中で俺は全てを理解した。

(ああ、あんただったのか)


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:26:34 ID:GNBMho6y0
なんでかまいたちの夜みたいな展開なんだよwwwwwwwwww

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:27:22 ID:B81je3kK0
ナイスフェイクwww

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:30:01 ID:8JExOv6e0
焦った、マジで卵妊娠男だったのか・・・と思った

203 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 15:32:46 ID:4lr+VnCA0
バタバタ・・・と奥から子供が走ってくるような音がした。
驚いて音のしたほうに目をやると、大きな犬が。
ゴールデンレドリバーという犬だと思う。うす茶色の本当に大きな犬だった。

「あ、忘れてた・・・。犬いてるからw」

「あぁ・・・。見たらわかるしw」

犬が嫌いなわけではないが、大きいのは苦手だ。
飛び乗ってこられて涎まみれにされたことがある。
それよりもなによりも、今後の展開に期待している俺としては
この犬をなんとかせねばならんな。とひそかに闘志を燃やしていた。

「あれ?1Rっつーか、1LDK?」

玄関から部屋まで少しの廊下があり、
犬が体で押し開けてきたドアの先には
リビングダイニングと洋間が広がっていた。

「あ〜、一応ね。面倒だから1Rといってるw」

「いやいや、本当の1Rは俺の部屋みたいなのを言うんだってw」

何せ俺の部屋なんて玄関あけたら2分でご飯作れそうな部屋だ。
8畳間の正真正銘1R。

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:41:31 ID:1tHDlAqMO
(;´д`)(;´д`)(;´д`)(;´д`)(;´д`)
(;´д`)2つのスレで、同時進行で繰り広げられる世界に頭がどうかなりそう

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:49:41 ID:1tHDlAqMO
チンチン

206 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 15:50:53 ID:4lr+VnCA0
「あはは〜。今度見にいくよw」

と、軽やかに俺の脇をすり抜け、キッチンへと向かう彼女。
手際よくバッグを棚の上にあげ、エアコンと電気のスイッチを入れた。

「うお〜。やるねぇw」

ちょっとマジで感動。ついた明かりは全てブラックライトとネオン官だった。
俺もこういうのかなり好きだけど、ここまで徹底的にやったことはない。

「でしょ〜?w最初に入る人は必ず夜つれてくるんだw」

「へぇ〜、俺もこんなの好きだけど、せいぜいブラックライト1本をぶら下げてる程度だなぁ。」

その後はそういう電気やら雑貨の話で大盛り上がり。
ラブチェアに腰をかけて、音楽も映像もない静かな空気の中で
俺と彼女の会話と笑い声だけが響き渡っていた。

「あ、そういや、何も買ってこなかったな・・・。コンビニとかって近くにある?」

しゃべりすぎて喉が渇いてきた。
とりあえずお茶が飲みたい。

「ん〜、歩いて15分てとこかな?自販機なら下降りたとこにあるけど?」

「そかそか、喉渇いたし何か買ってくるよ。何か飲む?」

と立ち上がろうとしたとこを、彼女に引っ張られて腰を下ろした。

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 15:53:09 ID:qBOSBS/Z0
(*´д)ハァ(*´д`;)ハァ(д`;)

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:05:28 ID:2Qd7Cv7t0
初めて来るひとは夜連れてくるんだ、っていうくだりに
軽くジェラシーを覚えた俺は、感情移入と倒錯の虜

シゲル、シゲル、俺だけのシゲル!!ハァハァ

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:07:26 ID:NlrcmP7F0
>>208
ワロス

210 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 16:10:11 ID:4lr+VnCA0
「お客さんなんだし、ゆっくりしててよw
 飲み物くらいうちにあるってばw」

引っ張られた瞬間はドキっとしたが、さすがにそんな急展開はないか。
ここはお言葉に甘えて、彼女にお任せするとする。

「そう?じゃあ、お茶を・・・。」

「お茶でいいの?珍しいねぇ、健康的というかなんというか・・・w」

そういって立ち上がると冷蔵庫をガサゴソと漁りだした。
カランカランとグラスに氷が注がれる音が響き渡る。
その音だけで、少し喉が潤されるような気分になった。
やがて、両手にグラスを持って彼女がこっちへ戻ってきた。

「はい、ど〜ぞ。」

「おっ、さんきゅw」

手渡れてすぐさまに、グラスに口をつけた。
8分目まで入れてあったお茶を半分くらい一気に飲み干す。
その様を彼女にじっと見られていた。


211 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 16:10:36 ID:4lr+VnCA0
「ん?何ずっと見てんの?」

「え?あぁ・・・、いい飲みっぷりだなぁとw」

「何言ってんだかw」

なんとなく彼女の目が潤んでいるようにも見えたが
部屋が薄暗いこともあって、よくはわからなかった。
お互いに軽く笑い飛ばし、俺は更に飲みかけのお茶に口をつけようとした。

ドンッ・・・という衝撃と共に俺はソファーから半分体を乗り出した格好になって倒れこんだ。
なんだなんだ・・・?手に持っていたグラスは幸い落としたりはしなかったが、
入っていたお茶はビチャっと音をたてて、床に少しこぼれた。
彼女が俺の胸に飛び込んできた。とでも言えばいいのだろうか、なんというか突然すぎて仰天した。


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:13:01 ID:FBfCnTYZO
レズよりこっちでおっ起つ俺はキモスw

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:13:15 ID:NlrcmP7F0
+   +
  ∧_∧  +
 (0゜・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゜∪ ∪ +        
 と__)__) +


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:19:17 ID:iStSOphL0
おっきしてきた

215 :125 ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 16:21:03 ID:ZH//+u9+0
フーン・・・ ソウヤッテスルースルノカ フーン。

メールミテネ。

216 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 16:21:53 ID:4lr+VnCA0
「ちょっ・・・。ど、どうしたんだ?ビックリするじゃん・・・。」

あまりに突発すぎて、言葉を失いかけた。
手に持っていたグラスをローテーブルに置き、
俺の胸にうずくまっている彼女の肩を両手で持ち上げた。

彼女は泣いていた・・・。

「え?何?何?まじでどうしたの?」

俺が何かしたとはとうてい思えない。が、ここにいるのは俺と彼女と犬だけ。
一体何が起こっているのか、全く把握できなかった。
一瞬で頭がフル回転する。今日、彼女と出会ってからここに来るまで
かなり細部に渡って思い出す。何が、彼女をこんなことにしているのか?
しかし、全く気がつかない。特別何かあったわけではない。
というか、何かあればさすがにその時点で気づくだろう。

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:22:19 ID:2Qd7Cv7t0
>>215
取り敢えず、結婚してください。

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:23:00 ID:NlrcmP7F0
変態さんメール!!

219 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 16:23:02 ID:4lr+VnCA0
#だんだん、125が怖くてなってくる件。
#メールてどれよ・・・。
#俺送ったのシゲルのホットメールになんですが・・・。

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:24:06 ID:2Qd7Cv7t0
俺のホットスポットがどうにかなりそうな件

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:26:37 ID:+U11ngaF0
>>219
相手はシゲルを演じてるだけじゃんw

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:27:14 ID:1tHDlAqMO
もしかして、第一話に登場した「ナンパに失敗した友達」なんでね?

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:28:16 ID:2Qd7Cv7t0
まさか、リアル・クロスオーバーまで盛り込むつもりか、変態先生

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:30:43 ID:jERyj7nz0
なんだよ、早くネタバレしろよ!
めちゃくちゃドキドキしてきたじゃねーか!
なんだよ!なんなんだよ!

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:32:03 ID:+U11ngaF0
>>224
5年分あるからそんな焦っても終わらないよw

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:32:23 ID:dQABM+v20
おいおい…事件は会議室じゃなくて現場で起きてるんだ!
ってやつかよwwww

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:32:51 ID:1XN6MNyZ0
書籍化狙ってるなw

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:33:06 ID:FBfCnTYZO
さげてさげて

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:33:59 ID:8ZJaY+2T0
どうなるやらww

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:34:07 ID:jERyj7nz0
>>225
そしたら俺5年風呂入れねーよw

231 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 16:35:07 ID:4lr+VnCA0
#メールはかえってきてませんヨー。
#っていうか、125が誰だかわかりかけてきた件。
#まあ、続けてスルーかまして続行。

「ねぇ、まじでどうした?俺、何かしちゃった?」

まったく返事をしてくれない彼女にますますパニックになる俺。
基本的に女に泣かれたことはないので、対処法に慣れていない。
どうしたらいいんだ。ドラマみたいにしちゃったらいいのか?
このまま抱きしめてキスでもするのか?いや、それはおかしいだろ。
自分の思考が挙動不審にまで思えてくる。

結局俺はそれ以上何もできずに、
彼女の肩を持ったまま、俺は無言になってしまっていた。
やがて彼女からか細い声が漏れた。

「ごめん・・・。ごめんね・・・。」

突然抱きつかれて、突然謝られて・・・。ますます混乱することだばかりだ。
とりあえず彼女の体を起こし、ソファーに座らせた。
こぼれたお茶は、いつのまにか犬が舌ですくって飲み干していた。

「うん・・・。大丈夫?何かあった?」

さすがにこんなことされて理由を聞かないでおくことはできない。
とにかく理由が聞きたい。その一心だった。

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:35:22 ID:2Qd7Cv7t0
>>230
馬鹿、リアルタイム進行じゃないんだから、3ヶ月我慢しろ

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:37:34 ID:0F+PifL80
125が変態タンの本名トリにしてレス
変態タンがその後自分の本名トリにしてレス
これで何かがわかるってさ

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:40:18 ID:1tHDlAqMO
書籍化は無理だな。表現がナマナマしすぎ

できたとしても映画化

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:40:54 ID:+U11ngaF0
つーかシゲルと付き合ってるのを知ってる相手ってことなんだから
問題ないんじゃないか?

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:44:14 ID:1tHDlAqMO
>>233
何もわからないおれは赤組

237 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 16:44:33 ID:4lr+VnCA0
「ん・・・。う〜・・・。えへへ・・・。」

しばらくうつむいて考え込んだかと思えば、顔あげて微笑みかけた。
しかし、その顔はまだ涙でくしゃくしゃだ。

「いや・・・。それじゃわからないってw」

彼女の笑顔を見て少しほっとしつつも、やはり理由は気になって仕方ない。
話し難い内容なのだろうか?とも思ったが、
それ以上に知りたいと思う気持ちのほうが強かった。

「ん〜・・・、ごめんね。うれしかったの。」

「え?いや・・・。うれしいって何が?」

本当に何がなんだか・・・。うれしいのに泣かれたのか?
うれし泣き?っていうかそんなに喜ばれることしてるのか?

「ん・・・。タツヤ君、優しいよね。本当にそう思う。」

「ん〜、そうかなぁ?普通だと思うけど・・・。」

「あの日ね、私、初めてだったんだ・・・。」


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:45:01 ID:jERyj7nz0
>>232
3ヶ月くらいなら、あるあるw

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:46:59 ID:+U11ngaF0
>>237
えええええええええええええええあ‘OT],fげ‘OKATKTE}OFG@KEAT

240 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 16:47:32 ID:4lr+VnCA0
・・・え?いや、初めてって?何が・・・??

「え?初めてって・・?」

「ん〜、まあ、聞かれてなかったから答えてなかっただけなんだけど
 私みたいなのが働いてお金もらえる場所って言えば
 想像できるでしょ?」

なんとなく察しはついたが・・・、特に突っ込む気にもならない。
彼女の語る話にただ相槌を打つだけだった。

「私がこんな風になったのは、高校2年のとき。
 それまでも、なんとなくだけど自分は他の子と違うなって
 ずっと思ってた。」

突然そんな昔話を聞かされることになるとは・・・・。

「高校卒業するまでは、親にバレないように男の子の振りしてた。
 でも、同級生からはホモだとかってウワサになってしまって・・・。」

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:47:56 ID:+U11ngaF0
すげええええええええええええええ変態さんあんたすげえええええええええええええ
20秒待つのがつれえええええええええええええ

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:47:57 ID:LY41raTS0
ええええええええええええええアqwせdrftgyふじこlp@;



243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:50:15 ID:slZkDf/p0
関係ねーよ!!シゲル!!俺だけのシゲル!ハァハァ

244 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 16:50:21 ID:4lr+VnCA0
#盛り上がる場面で水さしてすまないです
#>>233 とりあえず本人確定したので以後スルーでお願いします。
#シゲルでないことは確か。あと友達でもないです。
#今回のこの話には全く無関係な人物でした。

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:52:14 ID:+U11ngaF0
>>244
まったく無関係って大丈夫かよw
まぁ変態さんが気にしないならいいんだがw

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:55:24 ID:mJkyQwtG0
シゲルでも友達でも無いんなら残ってるのは矢田亜希子位だwwwwwwww

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 16:59:34 ID:SfZMenfQ0
>>1はメンヘラの希ガス

248 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 16:59:56 ID:4lr+VnCA0
「まあ、そんなウワサ、親にまでは回りはしなかったんだけど、
 地元にいるのも辛くなって、卒業後の進路を地元から離れた場所にしたの。
 とにかく、高校の間だけはガマンして、卒業したら生まれ変われる。
 毎日そう思って通ってたのね。」

ううむ・・・。聞いてると気が重くなるのだが、聞きたくないとも言えない。
途中から彼女の言葉が頭に入ってこなくなってきた・・・。

どれくらいのことを話してくれたのか、今では本当に覚えていない。
が、初めて。の意味はよくわかった。

「・・・でね、声はたしかにかけられるけど、そうやって逃げていく人ばっかりで。
 相手になるのはお店に遊びにくる、本当にそういうのが好きな人だけ。
 だから、普通に声をかけられて、普通にしたのはタツヤ君が初めてなんだ・・・。」

ということだった。彼女はその手のキャバレーで踊り子をしていて、
特定の客との性交渉を持っていた。が、それらは全て彼女がそういう女(男)とわかってのこと。
いわば彼女は素人道程だったというわけで。

#うむ、125については大丈夫です。気にしないで

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:09:44 ID:+U11ngaF0
>>248
とりあえず安心したw
つーかなんにせよ男にしろ女にしろ初めての素人が変態さんであるというのは喜ばしいことだな。
あと俺寝るわおやすみw保守よろしくな

250 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 17:10:00 ID:4lr+VnCA0
「それでね、私、ほんとバカなんだけど・・・。あの日ね、タツヤ君と別れた後、
 妙に浮かれちゃってね、で、メールであんなことしたりして・・・。
 それから、用事終わったあとにメール入れたり電話したりしたら、電源入ってなくて・・・。」

ああ、たしか夜の間は電源きってたんだっけ・・・。でも、メールはどうして届かなかったのか・・・。

「なんか、やっぱダメだったのかなって思っちゃって、ちょっとショックで、
 そのまままた河原へいって、一人で座りこんでたの。
 それはタツヤ君に会えることを期待してたわけじゃなくて・・・。ごめんね。
 なんていうのか、タツヤ君には逃げられたけど、いや、そう思ってただけでね、
 だけど、仮にも普通にできたってことが、なんとなく自信になってしまって
 とにかく誰でもいいから、また声かけてくれないかなぁってそんな気持ちで・・・。」

なんてことだ・・・。すれ違いとは言え、こんなことになってたのか・・・。
淡々と聞いてはいるが、俺の胸中は穏やかではなかった。
そんな風に思われていたなんて・・・。

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:12:58 ID:slZkDf/p0
とにかく誰でもいいから、また声かけてくれないかなぁのくだりで、
軽い焦燥感を覚えた俺は、著しい感情移入と倒錯の虜

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:14:31 ID:NlrcmP7F0
>>251
モチツケ

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:15:19 ID:1tHDlAqMO
(;´д`)(;´д`)(;´д`)(;´д`)(;´д`)
タツヤ…(;´д`)(;´д`)(;´д`)同じ名前(;´д`)(;´д`)(;´д`)(;´д`)(;´(ry

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:16:13 ID:mJkyQwtG0
>>253
あくまでも仮名だぞww

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:16:59 ID:8JExOv6e0
>>253
萎えるとかいってたくせにええのか?ええのんか?

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:20:33 ID:B81je3kK0
ノンケまでをも引きこむ、これが変態クオリティー

257 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 17:26:19 ID:4lr+VnCA0
「それでね・・・。その日も声・・・かけられたのね。タツヤ君と同じ年くらいの子に。
 二人組だったんだけど、2つ返事で3人でカラオケいって・・・。
 一人は途中で用事あるからって帰っていったの、たぶん初めから口裏合わせてたんだと思う。
 それから、カラオケの後にホテルに誘われて。正直、喜んでついていった。
 今までは声かけられても、どうせ逃げられるだろうしって思っていってなかったんだけど
 タツヤ君のことがあった後だし、本当に浮かれててね・・・。」

もう、それ以上聞きたくない・・・。本当に聞きたくない。
俺はずっとうつむいたまま、ローテーブルの角を睨んでいた。

「タツヤ君にはさ、後悔しても知らないよ?とかって言ってたじゃん?
 どうせ断られるなら、早いうちのほうがいいし。って思ってて
 気づいてもらおうと思ってたんだけどね、でも、その子にはそんなこと言わずに
 逆に気づかれたくない一心で、バレないように、バレないようにって心で思ってた。
 そのときになればバレちゃうのにね・・・。バカみたいに・・・。」

辛い・・・。胸が張り裂けそうとはまさにこのことだ。
俺はそんな話が聞きたくて、彼女を探していたんじゃない。
ここにいるわけじゃない。だのに・・・。

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:27:20 ID:NlrcmP7F0
せつねー!!!

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:32:19 ID:1tHDlAqMO
>>253
(;´д`)正直変えてほすぃ
(;´д`)変態君でいいだろ、と何度も思った
(;´д`)(;´д`)(;´д`)(;´д`)

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:36:02 ID:8ZJaY+2T0
>>259
お前五月蝿い。市ね。
名前ごときでガタガタ言うな。エロ本でも読んでろ。

261 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 17:41:55 ID:4lr+VnCA0
「部屋についてからは、すっごいドキドキしてた。バレたらどんな反応されるかなっていうのと
 これでうまくいけば、私も普通の女の子みたいになれるのかな?っていうのと・・・。
 ホントに私ってバカだよね・・・。夢見すぎてたって、自分でも思う。
 それで、タツヤ君のときと同じように、私が先にシャワーを浴びにいってたのね。
 そしたら・・・、その子が入ってきちゃって・・・。」

そこでバレたってことか・・・。俺がそうだったらどうなってたかな・・・。
っていうか、普通ひくとは思うが・・・。

「でさ、ビックリしちゃって・・・。思わず前を隠したんだけどね・・・。
 それがかえって災いして・・・。何隠してるのさって手を握られて・・・。
 で、その瞬間にその子の表情が一瞬で変わっちゃって・・・。」

そりゃ・・・そうだろうね・・・。誰でもそうなるとは思う・・・。

「うわぁああ!何お前!男なの!?って、すっごい大きな声で言われて
 その瞬間に、自分が夢見てたことに気づいて、情けなくって・・・。
 ごめんなさい、騙すつもりじゃなかったのって。その場に座りこんだの。
 そしたらその子は”うわぁ、まじ最悪、キモイわぁ、つーか、どうすんだよ。”って
 さっきまでの態度と全然違って・・・。”俺帰るし、お前払っとけよ、変態”っていって
 洗面器投げつけられて・・・。」


262 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 17:44:17 ID:4lr+VnCA0
#>>259 スマン、よく見てなかった。
#タツヤをかえればいいのか?
#変態君をあえて使用せず、実名っぽいのを出したのは
#読み手の感情移入を考えてワザとやったことです。
#とりあえず、タツヤはやめておきますね。

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:44:31 ID:mC9H2xj30
>>259
タツヤおっす!!

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:45:15 ID:NlrcmP7F0
じゃあ俺がタツヤと名乗るか

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:46:07 ID:1XN6MNyZ0
>>259
心の狭いタツヤおっす!!

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:48:04 ID:tXY4fVix0
>>259
            ∧  ∧
            |1/ |1/
          / ̄ ̄ ̄`ヽ、
         /        ヽ
        /  ⌒  ⌒    |
        | (●) (●)   |   タツヤ君
        /          |
       /           |
      (          _ |
      (ヽ、       /  )|
       | ``ー――‐''"|  ヽ|
       ゝ ノ       ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∧  ∧
            |1/ |1/
          / ̄ ̄ ̄`ヽ、
         /        ヽ
        /  ⌒  ⌒    |
        |  へ  へ    |   ふふ、呼んでみただけ♪
        /          |
       /           |
      (          _ |
      (ヽ、       /  )|
       | ``ー――‐''"|  ヽ|
       ゝ ノ       ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:51:40 ID:slZkDf/p0
やべー、このスレ読んでると、何でもいけそうな気になってくるよ。
今なんか、もうちょっとでムーミン属性まで花開きそうだったよ。

268 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 17:54:51 ID:4lr+VnCA0
#あああ・・・すまない。
#いらんこと言ったみたいだな。
#煽るのは俺だけにしてほしいです。
#同じ傍観者同士でもめないでくれー;

な・・・っ。それはあまりにもヒドイだろ!?って思うのは俺がおかしいのか?
まさか、頬の青アザはそのときの?でも洗面器でなるものか・・・?

「私、バカみたい・・・。何考えてるんだろうね・・・。」

そういってまた泣き出す彼女。
俺はどうしていいのかわからなくなった・・・。

小刻みに体を震わせる彼女。
何もかける言葉が見つからず、ただ彼女を見ているだけの俺。
こんな話じゃなければ、優しくキスの一つもしてやれたと思う。
だけど、こんな話を聞かされて、俺は複雑で仕方ない。
やがて、この重苦しい空気を彼女の犬が救ってくれることになる。

”ワンッ!ワンワンッ!”

突然玄関口から吠え出す犬。
さっきまで廊下で寝てたと思ったのに・・・。

「あ・・・エサ・・・あげなきゃ・・・。あと、サンポが・・・。」

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:57:38 ID:EwYg6Q8g0
>>268
優しいな 惚れそうだw

名前の件はどんな名前にしても同じ名前の人がでてくるよ
そのままでいんじゃね?

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 17:58:25 ID:B81je3kK0
トキオペアでもうイメージできてるからいいんじゃね?www

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 18:00:26 ID:1XN6MNyZ0
>>270
お前、今無理矢理イメージしただろ?www

272 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 18:01:24 ID:4lr+VnCA0
#>>269 や ら な い か ?
#いや、冗談だけどw

そういって、立ち上がる彼女。
そしてキッチンの棚からドッグフードを取り出し、皿に盛り付けてた。
その音を察知した犬がドタドタと彼女に駆け寄ってくる。

「ごめんね、ちょっとこの後サンポにいかなきゃ・・・。」

犬を見ればエサが本当なのは納得できるが、
こんな時間にサンポっていくものなのか?まあ、犬それぞれをいうことか。
なんとなくだが、俺には彼女が間接的に帰ってくれと言っている気がしてならなかった。

「あ・・・そっか・・・。どれくらい?」

まだ彼女の顔をまともに見れない・・・。振り返りはするものの、
その視線はエサを食べている犬にしか向けれなかった。

「ん〜・・・どれくらいだろ・・・。この子次第だからなぁ・・・。」

ますます、帰れと言われているような気がしてならない。
さて、どうしたものか・・・。このまま帰ると、きっともう会えないだろうな。
というか、俺が冷め切って会えなくなってしまうと思う。
かといって、今の彼女が何をどう思っているのか検討がつかない。

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 18:05:09 ID:yuSSs4060
追いついたぜwwwwwwwwwwwwwwwwww
うはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
俺がそっち方面いったらこのスレのせいだなwwwwwwww

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 18:05:45 ID:NlrcmP7F0
城島茂、山口達也

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 18:06:22 ID:8ZJaY+2T0
お前ら優しいな。氏ねとかいった俺が酷く矮小でみじめな存在に感じる・・・。



276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 18:07:40 ID:mJkyQwtG0
パッと見、サンポがサンボに見える
うはwwww武闘派wwwwwww

277 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 18:07:50 ID:4lr+VnCA0
「そかぁ・・・。」

そしてまた黙りこむ二人。
ああ、どうする。彼女の思っていることが知りたくて仕方ない。
何をどうすればいいんだ・・・。そんなことばかりが頭を駆け巡る。

やがて・・・、一つの答えにたどり着いた。
俺は・・・、今の俺の気持ちは・・・?
今俺の頭にあるのは、彼女のことばかりじゃないか?
彼女の話を聞いて、軽蔑したわけでなく、何か心が傷つけられた気分だった。

答えは簡単だった。自分の今の気持ちを否定するつもりは全くなかった。

「よし、じゃあさ、俺も一緒についてっていいかな?もう遅いしさ、危ないっしょw」

そういって彼女を見ると、ずいぶんを驚いた顔をしていた。

「ん・・・、いいの?」

その”いいの?”にはたくさんの意味が込められているような
そんな気がしたが、それは俺の妄想にすぎないのか。
しかし、返事はさらっと返した。

「全然おっけーw」

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 18:15:55 ID:NlrcmP7F0
あと30分で変態さんの飯の時間

279 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 18:17:22 ID:4lr+VnCA0
重かった空気もこの一言でかなり軽くなった気がした。
彼女の心のことは気がかりではあったが、
自分勝手なもので、自分の気が晴れると、楽観的に考えるようになっていた。

さすがに夜と言えど蒸し暑い。
俺は一足さきに外に出て、自販機の明かりの前で彼女を待った。

トントントンっと音を立てて、彼女が階段を降りてきた。
犬の姿が見当たらない。

「あれ・・・?犬は?」

「あ〜、なんか今日はいいみたいw」

む・・・、やっぱりあれはウソだったのか。
しかし、それなら俺が外に出る前に言ってくれればいいのに・・・。

「え?じゃあ、戻る?」

そういって方向転換してみせた。

「いや・・・。送るよ。」

「えっ・・・?」

280 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 18:19:29 ID:4lr+VnCA0
#>>278 するどすぎ・・・。かなり怖いんですがw
#ってことで、少し早いけど飯&風呂です。
#40分後くらいに再開予定。
#でわのし

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 18:26:22 ID:NlrcmP7F0
>>280
昨日、一昨日と大体同じ時間に席外してたからなw

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 18:43:43 ID:HujpeXTy0
|∀・)ワクワク

283 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 18:55:55 ID:4lr+VnCA0
#風呂わいてねぇorz

どうして・・・。やっぱ帰れってことなのか・・・。
せっかく晴れていた俺の心は再び曇ってゆく。
なんだっていうんだ。こんなにも一人の女(男)に振り回されるなんて。
ちょっと前までの俺には考えられないことだ。
ツレに言ったらおもっきり笑われるだろうな・・・。

「帰れってこと?」

声の調子が強くなってしまった。
腹立たしい気持ちになるのも無理はなかった。
しかし、何に腹が立ったのか・・・。腹立つのもおかしなわけだが。

「ごめん・・・。」

うつむく彼女。
再び言葉を失う俺。もう無理か・・・。
そう思って、何も言わずに彼女に背を向けた。

「待って!」

振り返った俺の手を彼女は強く握り締めた。

「ん?いや、大丈夫、一人で帰れるよ。」

淡々をした態度で口を動かす俺。
もう頭の中には何もなかった。

「ごめん・・・ウソ・・・。」

284 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 19:01:18 ID:4lr+VnCA0
どこまでバカにすれば気が済むんだ。
一体俺にどうしろと?
彼女のその態度にとうとう怒りが爆発した。

「なんだってんだよ!こんなとこまで連れてきておいて!!
 あんな話のあとで、俺がどんな思いで聞いてたかわかってんのか?
 帰ってほしいんだろ!?もういいよ・・・。もう・・・。」

まるで恋人同士のようなセリフ。我ながら馬鹿馬鹿しい。
彼女の手を振りほどくと、俺は歩き出した。

唖然とする彼女を冷たく引き離し、俺はスタスタとバス通りへと向かう。
しかし、もうバスも電車もないだろな・・・。タクシー乗る金もないし・・・。
ツレに電話して迎えにきてもらおうか。
そう思って携帯を取り出した。

ダッダッダッと響き渡る足音。それが誰なのかはすぐにわかった。
くそっ・・・。なんで追っかけてくるんだよ。
そう思って振り返った瞬間、彼女に力一杯飛びつかれた。

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:12:02 ID:LY41raTS0
       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃   タツヤくーん待って〜
     |    /                       ブーン
      ( ヽノ
      ノ>ノ
  三  レレ


286 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 19:12:31 ID:4lr+VnCA0
衝撃に耐え切れず、よろけて膝をついてしまった。
そんなに力いっぱいこなくても・・・。
案の定、彼女は涙で顔をぐしゃぐしゃにしていた。
もう、俺には腹を立てる気力すらなかった。
とにかく、こんな大通りじゃ夜中とて、人は通る。
彼女の家へ向かう路地のほうへと彼女の手を引いた。

「ごめん、つまらないことで腹立てちまった。」

ボソッと心にもないことを言ってしまった。
内心はもう彼女の好きなようにしてくれっていう投げやりな気持ちだったと思う。
彼女は黙ってうなずいた。

「ううん、私がいけなんだよね。ホントにごめん・・・、ごめんなさい。」

なんだか今日はお互いに謝ってばかりだな・・・。
そんなこと思いながら、彼女の肩を優しく撫でた。
特に何か下心があったわけではなく、このときはごく自然に、そういう行動をとってしまった。

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:14:40 ID:hBVtaeYH0
男の力でしたか?
(;´Д`)

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:20:09 ID:GNBMho6y0
>>285
おまいこんな良い所でwwwwwwwwwwwwwwwwwwwデラワロッスwwwwwwwwwwwwwwwwwww

289 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 19:27:06 ID:4lr+VnCA0
「さて・・・と。ちょっとこのままサンポしない?」

時折、自分の行動には自分自身で説明できないようになることがある。
このときもそうだ。何がどうなってこんなことを口にしてしまったのか。
ただ、やはりこんなにボロボロな彼女を見ていると一人にはできないと思った。

「え?うん・・・。」

さすがの彼女も泣き止んでいた。
軽くうなずくと、俺との距離を少し置いた。
俺は何も言わず、ぷいっと180度向きを変え、トボトボと歩き出した。
その後ろを、彼女はシャツの裾で顔を拭いながら着いてきた。

会話は一切なかった。時折、彼女が着いてきているかを確認するため
チラチラと振り返りはしたが、視線が合うたびにお互いにそっぽ向いてしまう。

ああ・・・、なんだこの空気は・・・。
さすがに耐え切れなくなり、俺のほうから動いた。

「手・・・つなごっか・・・。」

「うん・・・。」

そういって彼女が追いつくの少しまち、彼女が並んだところで彼女の手を握った。
そしてまた、二人は歩き始める。特に行くあても考えずに。
そろそろこの雰囲気をなんとかしたいなぁと、思っていたら、彼女のほうから口を開いた。

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:29:16 ID:hBVtaeYH0
キタ━━━━ヽ(゚ー゚* )ノ━━━━!!!!

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:31:04 ID:Ue8ao96g0
なんだろう、この1レス毎の絶妙な終わり加減は・・・
変態さん先生のストーリーが読めるのはこのスレだけ!

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:33:42 ID:yuSSs4060
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

293 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 19:37:30 ID:4lr+VnCA0
#>>287 いや、女の子でもあれくらいじゃないかな?
#不意打ちだったのもあってのことだし。
#ちなみに、自分の仮名は一応ふせます。
#彼女の本名(仮)は決して狙っているわけではなく・・・

「私・・・タイチ(仮)っていうんだ・・・。シゲルは、お店でつけてもらった名前・・・。」

なんで今更そんなことを・・・。まあ、彼女の話が真実ならば不思議なことでもないか。
タイチか・・・。さすがにそれを最初に聞いてたら、こうはなってなかったかもなぁ・・・。

「うん。そっか・・・。あ、俺は・・・。俺は本当に○○だからw」

「うん。ごめんね、ウソ・・・ついてて。」

「ん〜、まぁ、気にしてないよ。でも・・・まぁ、タイチっていうイメージじゃないなw」

そういって軽く笑うと彼女もつられて笑ってくれた。

「そうだよね・・・w嫌いじゃないんだけどねw」

「あ、そうなんだ?じゃっ、タイチって呼ぶ?」

ううむ、さすがに街中で呼ぶのは・・・。あ、でもあだ名と思えばそうでもないか。
そういや、女友達に”マスオ”ってのがいるしな。

「ん〜、お父さんとお母さんにしか呼ばれない名前だしなぁ・・・。
 ○○君の好きなほうでいいよw」

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:41:01 ID:NlrcmP7F0
国分登場w

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:43:16 ID:8JExOv6e0
国分ワロス

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:44:33 ID:yuSSs4060
タイチwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

297 :果林党 ◆T/rtHmtm4g :05/03/11 19:47:55 ID:x71KteHiO
国分タイチwwww

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:48:16 ID:NlrcmP7F0
○○はタツヤに脳内変換

299 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 19:48:50 ID:4lr+VnCA0
好きなほうと言われても・・・。少しの間考えたが、すでにシゲルというイメージが。
しかし、本名をせっかく聞いたのに、それで呼ばないのも失礼のような気もする。
苦悩している俺を見て、彼女は笑ってこういった。

「あはははっw何考え込んでのよ〜。もう、シゲルでいいよ〜w」

むむ、結局そうなってしまった。しかしまぁ、それが一番自然な気がするし、いいか。

「いや、やっぱ迷うってwせっかく本名聞いちゃったしさ。」

「あ〜、別に本名で呼んでくれっていう意味じゃあないのよw
 ただ、なんとなく○○君には知ってほしかったというか、なんというか・・・。」

だんだんと声の調子が下がっていき、黙り込む彼女。
しかし、さっきまでの嫌な感じの黙り方でないことは、簡単にわかった。

「んじゃ、シゲルってことでw」

「うんうん。・・・て、そういえば、君のが私より年下なんだから、
 シゲルさんって呼びなさい。w」

「え〜・・・。」

「冗談w」

え〜・・・の後に「いいじゃん、別に〜w」って言おうとしたが、彼女に先に言われてしまった。
しかし、心が忙しいというかなんというか、こんなにも短時間で気持ちが浮き沈みしたのは
かなり久しぶりでさすがに疲れてくる。

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:49:51 ID:DHWELClD0
そこでシゲラナイって呼べばよかったのに

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:51:04 ID:yuSSs4060
シゲルが可愛すぎる件

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:53:35 ID:RklnRUZG0
変態は伝染していく件について

303 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 19:57:32 ID:4lr+VnCA0
「なんか・・・けっこう歩いたな・・・。どこだここ・・・。」

目的もなく目の前にある道を適当に歩いていただけに
完全に自分の居場所がわからなくなってしまった。

「ん〜、たぶん私の家から北東の辺りだと思う。
 このままそこを曲がって、で、すぐの角を右に行けば
 バス通りに出られるよ〜。」

さすが地元人。よくわかってらっしゃる。

「そかそか、んじゃ、通りに出て戻ろうか。」

自然と言ってしまったが、彼女の家に戻っていいものなのか・・・。
しかし、彼女も元気よくうなづくだけで、何も突っ込みはない。
まあ、さすがに今更帰れとは言われないだろうと思った。

「あ〜!!やっちゃった!!」

突然、立ち止まる彼女。何だ何だ?

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 19:59:54 ID:8JExOv6e0
映画化決定のAAたのむ

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:00:34 ID:NlrcmP7F0
____   r っ    ________   _ __
| .__ | __| |__  |____  ,____|  ,! / | l´      く`ヽ __| ̄|__   r‐―― ̄└‐――┐
| | | | | __  __ |  r┐ ___| |___ r┐  / / | |  /\   ヽ冫L_  _  |   | ┌─────┐ |
| |_| | _| |_| |_| |_  | | | r┐ r┐ | | | /  |   | レ'´ /  く`ヽ,__| |_| |_ !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘
| r┐| |___  __|. | | | 二 二 | | |く_/l |   |  , ‐'´     ∨|__  ___| r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_.| |   /  ヽ    | | | |__| |__| | | |   | |  | |   __    /`〉  /  \      │ | |   ̄ ̄|
|   | / /\ \.   | |└------┘| |   | |  | |__| |  / /  / /\ `- 、_ 丿 \| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く_/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   | |  |____丿く / <´ /   `- 、_// ノ\  `ー―--┐
           `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'     ̄          `  `´          `ー'    `ー───-′


306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:01:07 ID:yuSSs4060
>>303
切る所が絶妙すぎ

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:02:37 ID:NlrcmP7F0
近づくと彼女の様子がおかしい事に気が付いた。

「どうしたんだ?」
「・・・」
「?」

反応のない彼女を尻目にバス通りに出ようとしたその時
俺の目に映ったのは、

首のないツレだった

俺が慌てて振り返ろうとすると頭部に強い衝撃を受けた。
薄れ行く意識の中で俺は全てを理解した。

(ああ、あんただったのか)

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:04:17 ID:GNBMho6y0
>>307
不意打たれたwwwwwwwwwwww卑怯だwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:05:26 ID:hBVtaeYH0
また寸止めキタ━━━━ヽ(゚ー゚* )ノ━━━━!!!!

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:05:35 ID:iStSOphL0
>>307
毎回それワロスwwwwwwwwwww

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:06:39 ID:gMYzslqA0
>>307
またかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

312 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 20:08:39 ID:4lr+VnCA0
「まずい・・・鍵・・・。」

な・・・まじかよ。そりゃマズイ。っていうか、いつ?
ああ、そういや激しくぶつかれたしな・・・。なんてことだ。

「うそ?!まじで??」

「あ〜ん、早く帰らなきゃ!!パッコ(仮)が外に出てたら大変・・・。」

え?いや・・・。え?で、パッコって何・・・。

「鍵閉めてくるの忘れちゃった!急がないと!」

「ああ、そっちか・・・。ビックリした・・・。」

と思ったのもつかの間、パックがたぶんあの犬であろうと理解できたら
それはそれでヤバイ気がしてきた。しかし、ドアノブに手かけてまで犬って外に出れるのかな・・・。

とにかく、早めに戻ったほうがいいのは確か。
小走りに駆け出す彼女の後を追って、彼女の家へと向かった。

#今、仕事先から電話ありまして・・・。
#明日は泊り込みだそうです・・・。
#今日は21時には出発しまする。
#帰ってくるのは日曜日の朝5時くらい。
#スレ残ってるかな・・・?

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:08:47 ID:8JExOv6e0
>>307
ぽまえそれ好きだなwwww

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:09:55 ID:DHWELClD0
>>312

痴女スレは20日ぐらい保守られてた

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:12:02 ID:yuSSs4060
俺たちが保守するさ

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:12:12 ID:dtGIBVmw0
hoshu

317 :果林党 ◆T/rtHmtm4g :05/03/11 20:14:05 ID:x71KteHiO
乙カレー
保守しますよー

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:15:42 ID:1XN6MNyZ0
>>307
絶妙のタイミングでワロスwwwwww

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:15:59 ID:GNBMho6y0
なんかメンテらしいよ〜

> 緊急メンテナンスを実施いたします。

> 期間:2005年03月11日(金)PM23:00〜 24時間程度
> ※メンテナンス時間は変更される場合がございます。

320 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 20:19:03 ID:4lr+VnCA0
#ありがたきお言葉。
#メンテもあるっぽいですね。

「はぁ・・・はぁっ・・・。」

ハイツの前までたどり着き、階段を目の前に小休憩。
小走りといえど、この真夏に走ったりするもんじゃないな。
一息ついたとこで、階段を上る彼女。
その後ろをついていく俺。

"ガチャ・・・”

たしかに鍵はかかっていなかった。カードキーなんてハイテクな装備なわりには
オートロックはついてないのか・・・。

「パッコー?」

玄関の明かりをつけ、彼女がそう呼ぶと
奥のほうから、ドタドタを音を立てて、犬が出てきた。
よかった。無事みたいだった。

「あ〜、よかったぁ・・・。」

そういって玄関先でしゃがみこんで、犬を抱きかかえる彼女。
大事にいたらなくてよかった。


321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:25:32 ID:1tHDlAqMO
(;´д`)タツヤでいいです(;´д`)ワガママ言ってすみません(;´д`)ぜひ使ってください

322 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 20:27:56 ID:4lr+VnCA0
「はぁ〜、疲れた・・・。ごめんね、走らせちゃって。」

「ん?ああ、大丈夫。慣れてるからヘーキw」

ま、確かに走るのは慣れっこだ。
しかし、蒸し暑い外にいたのでさすがに喉が・・・。
できればクーラーの聞いた部屋で麦茶を飲みたい・・・。

「でも、さすがに喉が渇いたwお茶もらってもいい?」

「あ、ごめんごめん。ささっ、あがってくださいな。」

そういって再び彼女の部屋へ上がりこんだ。
エアコンと電気はつけっぱなしだった。
そういやさっき、そのままにして出てきたんだな。
ちょっと前の出来事だったが、それを思い出してまた沈むよりも
何より、クーラーの効いた部屋に入れただけでうれしいのが大きかった。

「あ、電気、ちゃんとしたのつけるね。」

さすがにブラックライトとネオン官だけじゃ生活はできないもんな。

323 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 20:37:03 ID:4lr+VnCA0
飲みかけていたお茶のグラスを見つけ、俺はそれを手にとって彼女に渡した。

「これでいいし、満タンでお願いします。」

「はいはいwちょっとまってね。」

グラスを彼女に手渡すと、ソファに腰を下ろした。
なんだか自然にしてしまっているけど、あつかましいと思われるのだろうか。
やがて最初と同じようにしてグラスに氷を入れ、お茶を注いで俺に差し出してくれた。

「氷、別によかったのにw」

「ああ、サービスですよ。ふふっw」

クスっと笑って俺の隣に腰を下ろした。
ゴクゴクっと喉を鳴らしてお茶を流し込む俺、とたんに彼女の視線が気になり
上を向いたまま、彼女のほうに目をやった。
彼女はグダーっとソファーにもたれかかっている。
さっきのことがあったので、同じことを繰り返してしまうんじゃないかと
半ば恐れていたが、そんなわけあるはずもなく。

グラスのお茶を飲み終わったところで、彼女がひょこっと起き上がり
俺の肩に掌を置いた。

「汗・・・かいちゃったね。シャワー使う?」

#本当に、本当に申し訳ない!!11!11!
#続きは日曜日の10時過ぎまでガマンしてくださいorz

324 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 20:38:34 ID:4lr+VnCA0
>>321
ありがとうございます。
次回より戻させていただきますね。

実は○○ってうつの面倒だったりするw

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:39:17 ID:dtGIBVmw0

いってらさい ノシ

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:39:46 ID:Krrjjeie0
だれかまとめ作ってくれ
こんな名作めったにねぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:42:30 ID:GNBMho6y0
またいいとこで切れたwwwww
ここでまたかまいたちの夜か?wwwwwwww

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:42:58 ID:Ue8ao96g0
ご無事な帰還をお待ちしております ノシ

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:43:47 ID:LY41raTS0
悪  意  す  ら  覚  え  る  絶  妙  の  切  り  方  の  件

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:46:40 ID:GNBMho6y0
(ああ、あんただったのか)

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 20:48:33 ID:8JExOv6e0
(ああ、卵男、あんただったのか)

332 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 20:57:56 ID:DOjYH+LmO
いや〜書きたくて仕方ないんですよ。
ここまで楽しんでもらえると、それがうれしくて

まあ、最後までついてきてくれた人にはささやかなプレゼントを予定していますw

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 21:00:51 ID:GNBMho6y0
おお、なんだろwww

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 21:01:56 ID:hBVtaeYH0
もうプレゼントの内容は決まってるんですか?

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 21:05:23 ID:EwYg6Q8g0
>>332
もちろん

シゲルの艶姿うp

だよな

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 21:05:47 ID:SUv8f33Q0
最後までって、シゲルがアメリカ行くまでやるてことかwww

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 21:08:48 ID:Ue8ao96g0
いやいや、最後までってここで実況し始めて俺らの反応もストーリーに含まれるんだよwww

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 21:17:05 ID:/zBhjZlmO
>>337
うはwwwww終りがないwwwww

339 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 21:28:32 ID:DOjYH+LmO
プレゼントの内容は決まっています。
シゲルがアメリカにたつとき、俺がシゲルに渡したものです。
あと、最後までっていうのはシゲルがアメリカに行くまでではなく、また現在まででもありません。
みなさんの期待にそうのが自分としても本望なのですが、この話はあくまで過去に起こった本当の話。
このスレに限っては、何の創作もありません。
ですので、希望にそうようなストーリーになるかどうか、心配しまくってます。
あくまで一個人の昔話として楽しんでいただければと思います

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 21:41:08 ID:DHWELClD0
愛の言葉か

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 21:47:30 ID:Ue8ao96g0
「帰ってきたら・・・結婚しよう」
ズッキュ―――――――――ン

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 21:52:46 ID:GNBMho6y0
「ああ、あんた(ry」
ズッキュ―――――――――ン

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 22:03:06 ID:jERyj7nz0
やっべ超ワクワクw

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 22:03:20 ID:Ro7GBnh30
やばい、続きが気になってしょうがない。
このスレ落ちたら、なにで検索して探せば良いんだろうか。
さて、日曜の夜までずっと寝るかな。

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 22:05:02 ID:Ue8ao96g0
やっぱ検索ワードはシゲルじゃない?
しかし読ませるねー。1レス毎に「次は?!次は?!」ってこんなに気になるのは初めてだよ

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 22:15:40 ID:Ju0AxBxs0
このスレだけは落とさせねえ

347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 22:25:28 ID:pXCU/fBW0
もしかして:性転換手術

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 22:42:52 ID:FBfCnTYZO
あげ

349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 22:46:26 ID:yuSSs4060
おk。
いてらノシ

350 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 22:50:36 ID:DOjYH+LmO
お前達…愛してる


351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 22:52:39 ID:iStSOphL0
嗚呼寸止めクオリティ

352 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/11 22:56:07 ID:DOjYH+LmO
いきなりスマソ

みんなのレス見てると目頭が熱くなってくる件について

ホントは昨日みたく仕事PC使いたいんやけどねー
そうすると125みたいなことになるわけでw
みんなには申し訳ないけど、日曜日までお待ちくださいm(_)m

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 22:57:55 ID:Ue8ao96g0
125の正体は同僚かなにかだ
というわけだったのか
マツヨマツヨー

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 22:59:16 ID:iStSOphL0
待ってるよ!

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 23:04:11 ID:slZkDf/p0
で、この続きはデアゴスティーニで読めるのか?ハァハァ

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 23:05:45 ID:A9EWH1j5O
変態さんの性癖は同僚に浸透済みなのか

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 23:11:34 ID:Ue8ao96g0
つーか真面目に起こったことぜーんぶ書いたらそれこそ小説だせるくらいの量になりそうだな・・・
文章うまいし小説家になっちゃおうよ!

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 23:15:05 ID:kZXr15mq0
○ーソンって何ていう店だろう・・・

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 23:16:01 ID:qBOSBS/Z0
125は会社のネットワーク管理者かなにかで、
会社のネットワークを監視していたら、変態さんが2chにアクセスしていた。
それを見て、125が悪ふざけしたって感じだと推測してみた。

125がこの性癖を知っていたかが気になるところだw

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 23:21:00 ID:GNBMho6y0
同僚クオリティたけえwwwwwww

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 23:22:07 ID:dtGIBVmw0
変態さんがっつり決めて下さいね

ところでエネマグラについて一言いただければ

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 23:29:44 ID:slZkDf/p0
俺の脳内シゲル
http://e-ch.org/up/src/vip8262.jpg

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/11 23:33:10 ID:iStSOphL0
うはwwwモエスwwwww

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 00:10:37 ID:Mugsyuow0
ほす

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 00:17:52 ID:/euQhKQR0
万が一スレが落ちたら
検索できるように同じスレタイでたててね

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 00:18:23 ID:my/jXgh/0
続きが気になる保守
変態さん仕事頑張れ

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 00:24:27 ID:i0Uj6+a/0
押忍

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 00:32:24 ID:IxPcV2p40
ほすほす

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 00:49:44 ID:ONcqzKky0
ほす

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 00:51:19 ID:kQj2S4MKO
寝るまえにほすい
おまいらおやすみおやすみ変態

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 01:00:58 ID:140c5RRm0
寝る前に保守

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 01:06:24 ID:i0Uj6+a/0
おいらも寝る前に保守
みんなおやすみ

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 01:15:45 ID:Hlo99A7e0
まだ寝ないけど保守
保守なんて初めてしたよ

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 01:41:43 ID:TTl6nGpJ0
保守

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 01:43:32 ID:iOrIfehy0
シゲルさんの部屋のこだわりっぷりがいいねえ

376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 01:54:54 ID:eGId0hTb0
シゲルと変態、俺はどっちを選べば・・・!!

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 02:09:28 ID:IxPcV2p40
おっすほっしゅ

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 02:09:30 ID:Hlo99A7e0
>>376 が今いいこと言った

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 02:22:49 ID:HUYyPpdq0
俺も俺も
生まれて初めても保守

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 02:32:28 ID:Hlo99A7e0
んじゃんじゃ俺も寝るわ
おやすみおまいら変態


381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 02:48:09 ID:cTwOAblt0
おやすみ変態

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 02:53:45 ID:cqSXHHpd0
ほすほすほすほすh

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 03:07:20 ID:kQj2S4MKO
やっぱ寝れなくてオナニーしてたらこんな時間orv
こうなったら変態帰ってくるまで保守
ついでにage

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 03:18:02 ID:kQj2S4MKO
と思ったけど、おしっこして寝よ
最後に保守

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 03:20:31 ID:wai9JVqk0
(つ∀-)オヤスミー
保守

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 03:29:40 ID:ga1wCAt5O
ホシュ初体験

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 03:35:20 ID:kQj2S4MKO
保守になってない

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 03:35:56 ID:kQj2S4MKO


389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 03:41:59 ID:JV2tnr3f0
sageでも保守にはなるぞ
書き込み自体が無かったら落ちるというだけの話

390 :sage:05/03/12 03:57:28 ID:7d+m0QPp0
vipで初ほしゅ

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 04:09:37 ID:JV2tnr3f0
寝る前の保守

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 04:34:57 ID:tDOvOTZGO
良スレ支援保守

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 04:34:58 ID:wbskEiZo0
シゲル シゲル シゲルとタツヤ
シゲルとタツヤ ボディビル!

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 04:35:05 ID:CCvzIzi80
タツヤとシゲルとタイチの為に保守!!!

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 05:13:56 ID:7QKp47a50
>393
兄貴キターとか突っ込んでみる保守。

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 05:15:19 ID:IxPcV2p40
>>393
ブラボー!

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 05:18:07 ID:5C49q29M0
今、万感の思いを込めて言わせて頂きます・・・・・・・












      ウ   ホ   ッ

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 05:58:40 ID:IxPcV2p40
保守

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 06:22:45 ID:HRjJdUmS0
ほす

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 06:55:39 ID:YnKZApFbO
保守

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 07:01:54 ID:+UOLIIpO0
今昨日の分読み終わった
保守

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 07:25:21 ID:YnKZApFbO
保守

403 :果林党 ◆T/rtHmtm4g :05/03/12 07:40:45 ID:wD+eChy9O
夜勤明け保守

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 07:58:57 ID:lYy/Cr8m0
ここまできて見逃すわけにはいかん保守

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 08:01:33 ID:vpuDr2Jg0
保守

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 08:23:38 ID:+UOLIIpO0
保守

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 08:57:53 ID:IxPcV2p40
ほす

408 : ◆4mlS.uDZqw :05/03/12 08:59:45 ID:wmG97j7F0
アサカラファイト ホシュ

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 09:05:41 ID:+UOLIIpO0
はぁはぁ

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 09:06:08 ID:6k1JTm5I0
おはようおまえら

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 09:17:48 ID:YnKZApFbO
保守

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 09:24:11 ID:7Wz5MBZE0
保守だけでスレが埋まりそうな件について

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 09:27:08 ID:IxPcV2p40
今日から明日の夜にかけて私用がが入った。
見られなかったらどうしよう('A`)

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 09:29:43 ID:+UOLIIpO0
>>413
変態さんが帰ってくるのは明日の夜だから問題ないんじゃね?

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 09:35:40 ID:IxPcV2p40
>>414
よかった、ちょっと安心した。

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 09:59:12 ID:UzSrBfSK0
ほしゅ

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 10:29:00 ID:upNHCjy10
ほしゅ

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 10:41:42 ID:8vID7/Dl0
もしゅ

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 10:58:18 ID:my/jXgh/0
しゅしゅしゅ

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 11:28:37 ID:lYy/Cr8m0
保守だ保守

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 12:00:27 ID:UzSrBfSK0
ほしゅ

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 12:01:39 ID:eGId0hTb0
/

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 12:05:57 ID:oS3aNN3A0
>>408
同僚キテルー!

424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 12:15:24 ID:r6D//kbP0
>>408
同僚GJ

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 12:26:18 ID:y71YTAEB0
ほす

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 12:27:28 ID:JK71tUM+0
ほっしゅ

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 12:31:47 ID:+UOLIIpO0
保守

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 12:41:14 ID:140c5RRm0
保守

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 12:41:33 ID:140c5RRm0
うはwwwwwwww保守できてねぇwwwwwwww

430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 12:54:52 ID:Hlo99A7e0
Hosh

431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 13:14:52 ID:EvxHciNg0
ボッシュ

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 13:23:15 ID:JUb0Tx4a0
保守だけで埋まっちゃ意味ないだろ…もう少し考えようよ
現時刻が前の書き込みから1時間以上経過してたら
保守カキコするのってどうよ?

433 : ◆4mlS.uDZqw :05/03/12 13:26:45 ID:wmG97j7F0
>>423-424
ドモ。

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 13:38:30 ID:iOrIfehy0
>>432
了解

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 13:53:07 ID:rwcAuxXU0
>>433
同僚さんは女の子っぽいな…

436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 14:21:15 ID:6k1JTm5I0
保守

437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 15:05:17 ID:vgtXWZrv0
おっきage

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 15:06:27 ID:cTwOAblt0
>>435さんは、間違いなくvipperぽいな…

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 15:53:52 ID:R7qMu/zy0
ホッシュゥ

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 16:45:11 ID:2bZcDc470
vipで保守するとは思わなんだ

441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 17:31:58 ID:ieDZ8ZOQ0
ほす

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 17:43:20 ID:r36K8w1P0
ほしゅぴたる

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 18:21:22 ID:g+nOUjqSO
保守!

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 18:33:42 ID:wai9JVqk0
人大杉w

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 18:45:29 ID:ATFfi7Go0
ほっしゅ

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 18:56:52 ID:+UOLIIpO0
保守は1時間ごとじゃないと保守でスレが埋まるらしいぞ

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 19:40:20 ID:7Ch4jU1z0
ぼっきあげほっしゅ

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 19:40:45 ID:vgtXWZrv0
そういうお前は11分後に保守ってるやんww

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 20:07:21 ID:Hlo99A7e0
保守
主義スレすげえなwwww

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 20:22:39 ID:YHFCY++H0
いかん、気になって眠れなさそうだ…

トロローンwwwwwwwwww

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 20:48:59 ID:140c5RRm0
保守

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 21:28:38 ID:HfjsTqiT0
おまえらリロードしてからほしゅしろーwwww

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 22:10:29 ID:HQm6K2DQ0
ほしゅ

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 22:12:54 ID:esE9qOOR0
俺とオタと姫の物語思い出した。

455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 22:57:00 ID:kQj2S4MKO
454
とりあえず言うね


詳しく

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 23:01:23 ID:5aA+Diya0
>>454
詳しく

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/12 23:38:33 ID:Vr0Ev/590
>>454
毒男板の奴だっけ?
文体が石田衣良に似てたな

458 :454:05/03/12 23:53:03 ID:esE9qOOR0
確か喪男、で自己紹介板かどっかに・・・

459 :454:05/03/13 00:00:35 ID:esE9qOOR0
http://makimo.to/2ch/love3_motenai/1092/1092540053.html  の70から
http://makimo.to/2ch/life5_yume/1097/1097151006.html 夢板だった

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 00:10:30 ID:EB77fpL90
保守

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 00:18:46 ID:EB77fpL90
ttp://www.tspartygirls.com/galleries/asiants/5mov/lgpx/3.wmv

シゲル

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 00:47:28 ID:UKVaDnVW0
>>461
モエスwwwwwwwwwwww

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 01:07:41 ID:FHCwSqrXO
俺のシゲル、俺のシゲル、ハァハァ

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 01:08:39 ID:EB77fpL90
ttp://www.tspartygirls.com/galleries/asiants/5mov/lgpx/1.wmv
ttp://www.tspartygirls.com/galleries/asiants/5mov/lgpx/2.wmv
ttp://www.tspartygirls.com/galleries/asiants/5mov/lgpx/3.wmv

シゲル・・・ハァハァ

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 01:11:49 ID:EB77fpL90
というか、完全に属性が花開いて満開になってしまっている件について。

オレ、後戻りできるのかな・・・(´Д`)

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 01:14:13 ID:DUdL1KFY0
>>464
なんだよ勃起しちゃったじゃないか。
なんなんだよ。俺の新しい引き出し開けるなよ。

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 01:59:07 ID:ZLKliz1a0
保守

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 02:16:16 ID:Avth6CmOO
保守

469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 02:27:16 ID:NegJFvw70
>>464
これは元女?
チンポノ形変じゃね?

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 02:27:36 ID:Ai94wQXL0
「俺とオタと姫の物語」最高だった。
休憩・トイレカットで一気に読んだ。
まさか2chでこれほどの体験、文章に出会えるとは思っていなかった。まじで。
ネタバレになるからこれ以上は黙っておくけど。

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 03:07:25 ID:HzOgJW8/0
>>459
途中まで読んだ、ほ酒

読み終わった奴、ほしゅよろ

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 03:13:40 ID:aauYIk2i0
>>470
俺もだ ノ
さて、寝るか・・・

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 03:52:13 ID:ilomNRzu0
俺オタ姫読了そして保守

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 03:52:57 ID:1Z3TwlHk0
今日って何曜日だっけ保守?

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 04:09:55 ID:ilomNRzu0
映画終わったので寝る ノシ

476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 04:40:26 ID:EB77fpL90
ttp://www.tspartygirls.com/galleries/asianshemalesxxx/11/lgpx/4.jpg
ttp://www.tspartygirls.com/galleries/captain/3pic/oleida043.jpg
ttp://www.asiansexyshemales.com/i/ladyboy/a/112/f/063.jpg
ttp://www.pimpfreepics.com/tcen/07/big/13.jpg
ttp://www.toplatinas.com/hg/etg/alexia/set-002/nude/exclusive-tgirls_000154.JPG
ttp://www.yesshemales.com/Galleries/Brazilian_Shemales_Club/gallery_pics/debora_carioca/F08.jpg
ttp://www.liveshemalecams.com/gallery/barbara/09.jpg
ttp://galleries.shemalesins.com/hg/jimena3/images/10.jpg
ttp://host.wildrhino.com/shakti/cr/ttrt/turr.jpg
ttp://www.tspartygirls.com/galleries/asianshemalesxxx/1/lgpx/2.jpg
ttp://www.pornopacks.com/gallery/04/a8-1-30/pic/shemale/3/p02.jpg
ttp://www.shemalexsex.com/05_01/id16_sol-bb1/01.jpg
ttp://www.backbuttonporn.com/gals/nd/20/tsa40/images/009.jpg
ttp://69.41.174.47/i/cap/0171/f/099.jpg
ttp://www.pornwebcams4free.com/shemalesxxx/jun28-03/barbie2049.jpg
ttp://69.41.171.10/i/cap/0041/f/086.jpg
ttp://www.ladyboys-guide.com/gal/asian-ts/0203bow/images/DSC_4787.jpg

もうフラグが立ったどころの騒ぎじゃない件について。

ttp://www.tspartygirls.com/galleries/asianshemalesxxx/11/11.html

477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 04:41:20 ID:9mFJotGm0
>>469
神聖包茎ってっやつじゃね?
俺も本物見たことないからわからんがwwwww

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 05:09:14 ID:HzOgJW8/0
よーし、ほしゅってねる


早起きな奴あとまかせたノシ

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 06:12:27 ID:1Z3TwlHk0
保守ノシ


480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 06:31:07 ID:0RJaPH0TO
俺オタ姫様、読んだ
寝る前に少しのはずが、こんな時間.....
しかも、イー歳してチョト泣いた。・゚・(ノД`)・゚・。

俺オタ姫様スレに縁を作ってくれた
このスレ住人達、シゲルに感謝して保守

481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 07:27:57 ID:LeGOyt6Y0
>>464
こんな彼女(彼?)なら一晩くらいいいなと思ってしまった俺が…
保守

482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 08:14:17 ID:V+lgoHrT0
そろそろ保守

483 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 08:19:29 ID:DNXFAGoJO
好きだったよ貴方
胸の奥でずっと…
もうすぐ私きっと
貴方を振り向かせる

おはよう
待ち伏せていた君達へ

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 08:20:29 ID:7/AtuQlH0
(ノ゚Д゚)おはよう

485 :変態さん@au ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 08:22:09 ID:DNXFAGoJO
あぁ、せっかくの決め台詞を間違える夜勤明けの朝
もうすぐ帰宅しますよー

486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 08:35:33 ID:7/AtuQlH0
期待しとく。

487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 08:36:51 ID:XkLrBRNB0
>>485
「の」が抜けてるwww

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 08:45:50 ID:1Z3TwlHk0
おはよう変態さん。

489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 08:51:36 ID:HuXs1SvU0
変態さん早く帰ってきてー
昼から墓参りに行くからその前にぃいぃぃぃぃ

490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 09:18:04 ID:hWFKqKnN0
うはwwwwwwwwww俺昼からバイトwwwwwwwwwwwww
変態さんの話リアルで聞けないwwwwwwwwwwwwwwww

orz

491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 09:35:04 ID:m959JoaA0
ここは保守っとくべきなのか?

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 10:02:43 ID:hWFKqKnN0
保守

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 10:22:41 ID:ncHu/W6G0
保守

494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 10:43:42 ID:HzOgJW8/0
>>490
いてら〜ノシ
話、俺が聞いといてやるよ

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 10:49:26 ID:lQNbtHIJ0
何時からだっけ?俺もバイトだ

496 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 11:15:40 ID:gIpxeRRi0
#ソファで寝ていて首がめっさ痛い件。

言われるまでもなく、全身は汗だくになっていて、
Tシャツの半分ほどが汗で染みていた。
彼女のその言葉の裏に、何かの期待を感じずにはいられなかった。
俺は少し考える振りをした後、

「じゃあ、お言葉に甘えて・・・w」

と、シャワーを借りることにした。

さすがは1LDKである。
もちろん風呂、トイレはセパレート。
湯船につかりたい気もしたが、さすがにあつかましいだろうということで我慢した。

浴室の内部は綺麗に片付けられていた。
洗顔用と思われるソープだかフォームだかわからないのが5種類も置いてあった。
甘い香りに酔いしれて、気持ちが悶々としてくる。

497 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 11:16:14 ID:gIpxeRRi0
シャワーコックを捻り、お湯の温度を確認すると、俺は頭からシャワーをかぶった。
素直に気持ちいいと感じた瞬間だった。
最初は汗を流すだけにしようかと思っていたのだが、やはり頭から体まで全て洗うことにした。
浴室脇に綺麗に並べられているシャンプーボトルとスポンジを手に取り、スポンジの上にシャンプーを垂らした。
正直、ボディシャンプー+スポンジの組み合わせというのは初めての体験だった。
実家の名残で石鹸+網タオルが板についていたし。
ボディシャンプーの便利さは納得できるが、スポンジはやはり物足りない。
力いっぱい体をこするには、やはり硬い網タオルのほうが最適だ。
と、一人でつまらないことを考えつつ、あまり時間をかけるのも悪いと思い、そそくさとシャワーを終わらせた。

「あ〜、ごめん。タオル借りてもいいかな?」

そういえば、事前に聞いていなかった。
浴室前には洗濯機が置いてあり、その上の棚にタオルが綺麗にたたまれて置いてあった。
さすがに勝手に使うわけにはいかないので、彼女に聞いてみた。

「あ、忘れてたね。ええっと、そこの棚の上のやつ、適当に使ってくれていいよ〜。」

リビングのほうから彼女の声が聞こえてきた。
その他にも、何か音楽が聞こえてくる。
俺は言われた通りに棚の上からタオルを1枚ひっぱりだし、それで全身を拭いた。

体を拭き終わったところで、あることに気づく。
あれ・・・?俺の服がない。

498 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 11:22:14 ID:gIpxeRRi0
「あれ?ねぇ、俺の服、どっかやった?」

慌てて彼女に問いかける。
すると、パタパタと音を立てて彼女がこっちにやってきた。

「あ〜、汗だくだったしね、洗濯機に入れちゃったwこれ、着れるでしょ?」

そういってTシャツを手渡された。
洗濯してもらえるのはありがたいが、まだほとんどお互いを知る関係ではないのに・・・。
しかし、悪い気はまったくせず、むしろずっと昔からお互いを知る夫婦のような気分にさえなってしまった。
何を考えているんだ、俺は・・・。
心の中で嘲笑してしまった。

「あ、ごめんね、別にあれでよかったんだけどなwさんきゅっ。」

そういって彼女が洗濯機の上に置いたTシャツに手を伸ばした。

「のおっ!」

Tシャツに手が届くか届かないかくらいのところで、彼女が俺の腰に巻かれたタオルを引き剥がしてしまった。
焦ってずり落ちたタオルで股間を隠し、彼女のほうを向いた。


499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:23:44 ID:HzOgJW8/0
│     _、_
│   ヽ( ,_ノ`)ノ 残念、それは私のおいなりさんだ。
│  へノ   /
└→  ω ノ
        >

500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:23:46 ID:rEUfO1oc0
    o-o、
    ('A`)  服!服!ドコイッタ!
    ノ ノ)_


501 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 11:28:19 ID:gIpxeRRi0
「ちょっ・・・w何すんだよw」

「あはは〜、やっぱ隠すんだぁw」

ヤバイ、そのとき彼女に飛びついてしまいそうになったが、なんとかこらえた。
しかしなんていうのか、あの日と同じようにどんどんと彼女のペースにハマっていってしまう。
それに期待しているんだろ?と言われてしまえば、否定はできないことではあるが・・・。

「いや、そりゃ誰でも隠すでしょw条件反射みたいなもんだし。」

「まあ、たしかにねw」

「ところで、パンツも下着も洗濯機の中・・・?」

そういえば、見当たらないのはTシャツだけではなく、下着、靴下、パンツ全てが見当たらなかった。

「あ、うん。勝手にごめんね。どうせ泊まっていくだろうしって思って。」

「そっか、それはありがたいんだけど・・・、何か俺がはけるものあるの・・・?」

いかに元男とはいえ、彼女が女としての道を歩みはじめてからはもう何年も経っているわけで・・・。
さすがに男物の下着なんてないだろうし、あったらあったで理由次第ではまた気持ちが沈むことになってしまう。

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:28:34 ID:rEUfO1oc0
    o-o、
    ('A`)  コンドハバスタオルドコイッタ!
    ノ ノ)_

503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:32:22 ID:vzclyU4/0
    o-o、
    ('A`)  セメテクツシタクライ・・・
    ノ ノ)_

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:34:11 ID:rTbUJb0n0
Tシャツ+下半身裸。
なんて萌えるシュチエーション・・・。

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:35:01 ID:vzclyU4/0
>>504
おい!しっかりしろ!
男だぞwwwww

506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:36:16 ID:gluns7dC0
>>505
お前もすぐにこっちに来るさ。

507 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 11:39:36 ID:gIpxeRRi0
「あ〜・・・私のはいてみる?w」

悪戯な顔をしてそんなことを言われてしまった。
しかし、さすがにこれにはノーリアクションというか、実は多少ひいていたと思う。

「いや・・・。それはマズイだろw」

引きつった笑顔でそう返したが、彼女は気づいてない様子だった。
さすがに男物はなさそうだし、ううむ、ノーパンで過ごすのか・・・。
いや、家でならごく普通に当たり前のようにノーパンなのでかまわないが、ここは自分の家ではなく、彼女の家なわけで。
それにノーパンといってもフルチンでいるわけにはいかないし、ノーパンで彼女のパンツをはくのはちょっとな・・・。

「ごめんごめん、冗談だよwえっとねぇ、さすがに下着は・・・ないw
 でもまぁ、そのままスウェットはいてれば?ダメ?」

いや、ダメではないんだが・・・。いいのか?本当に。

「いや、俺はいいんだけど・・・ノーパンで、いいの?」

「ん?私は気にしないよ〜。私も家でそうしてることあるしw」

まあ、それならいいか。・・・っていいのかな。
しかし意外だな、女らしく振舞うことに最新の注意をはかる彼女が、家でノーパンとは。
まあ、女でもそんなやつは5マンといるわけだが、彼女のイメージには合わないな。
なんてことを考えている俺はかなりの妄想癖なわけで・・・。

508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:39:50 ID:vzclyU4/0
>>506
シゲルには俺のJrは過敏反応してるけどwwwwwww

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:44:44 ID:gluns7dC0
>>508
俺なんて昨日夢精しちまったwwwwwwwwwwwww









もう引き返せない所まで来ちまった希ガス

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:49:13 ID:vzclyU4/0
>>509
ためすぎwwwwwwwwwwwww

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:49:32 ID:hWFKqKnN0
うはwwwwwwwバイトに間に合ったwwwwwwwwwww
変態さんおkwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 11:51:29 ID:gluns7dC0
>>510
寝る前にこのスレ見て何か男とやってる夢でwwwwwwwwwwwwwww
しかも二日しかためてなかったwwwwwwwwwwwwww

513 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 12:00:33 ID:gIpxeRRi0
「ん〜、悪いから後でコンビニにでも買いに行くよ。とりあえずそれ借りとくね。」

本当に行くか行かないかは別として、なんかそのまま返事できなくてこう言ってしまった。
まあ、たぶん買いにいくことはないのだろうけど・・・。

「別にいいってwじゃあ、私も入るからTVでも見ててくれる?
 あ、あとパッコが台所漁りだしたら怒ってやって。」

そういって俺を浴室の前から追い出し、リビングのドア向こうへと背中を押された。
怒れと言われてもなぁ・・・。犬飼ったことないんだけど。
まあ、なんとかなるか。

TVを見ててくれと言われたものの、さすがにこの時間にはおもしろい番組がなかった。
リモコンで順番にチャンネルを回し続け、気にいるものがないか吟味する。
やはりろくな番組がやっていない。
つまらなさそうにソファに深く腰をおろし、天井を見上げた。
目の前から聞こえるゴルフ解説の音声。
そして遠くのほうからはシャワーの音が途切れ途切れに聞こえてくる。

さすがに眠くなってきた。
彼女に再び会うまでの3日間、寝ているようであまり眠れていなかったし。
ウトウトしていたのもつかの間、俺は本格的に寝入ってしまった。

514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 12:14:25 ID:yCeYBjF00
う〜、どきどきするぜ。・。:::。。

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 12:14:50 ID:rEUfO1oc0
               _.. ..‐::´/
             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,   .!::∠
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(●)  (●) |::::`::-、
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──`
    ‐=.二;;;;;`‐t    \/  ノ       


     なんだかすっげえワクワクしてきたぞ!

516 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 12:14:59 ID:gIpxeRRi0
#めしくってきまする・・・。


517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 12:16:14 ID:rEUfO1oc0
               _.. ..‐::´/
             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,   .!::∠
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(●)  (●) |::::`::-、
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──`
    ‐=.二;;;;;`‐t    \/  ノ       


     よし!オラも飯くってくる!

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 12:18:39 ID:yCeYBjF00
               _.. ..‐::´/
             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,   .!::∠
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(●)  (●) |::::`::-、
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──`
    ‐=.二;;;;;`‐t    \/  ノ

      おら、仕事してくる!

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 12:23:20 ID:LeGOyt6Y0
               _.. ..‐::´/
             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,   .!::∠
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(●)  (●) |::::`::-、
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──`
    ‐=.二;;;;;`‐t    \/  ノ

      おら、ホワイトデーのお返し買ってくる!
      でもめっさ、もはやノーマルに戻れない気がするだ!

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 12:33:30 ID:HzOgJW8/0
               _.. ..‐::´/
             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,   .!::∠
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(●)  (●) |::::`::-、
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──`
    ‐=.二;;;;;`‐t    \/  ノ

      おら、オナヌーしてくる!
      

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 12:47:44 ID:zh+FmHcP0
>>519
すっかり忘れてた





つっても学校とバイト先の義理へのお返しだけど

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 12:55:54 ID:UiRUFA0A0
>>519
すっかり忘れてた





そういうイベントがあったこと。誰からももらってないからな(゚∀゚)

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 13:15:49 ID:rxXqhDCB0
さて今日の分追いついたぞ
んで途中で晒されてたぼくオタ姫の話も読んでみたんだけどなんか切ないなぁ
こういうのなんていうんだ?2ch文学?

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 13:29:43 ID:upblEm5u0
変態さんキテタ━(゚∀゚*三*゚∀゚)=3━!!

525 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 13:58:09 ID:gIpxeRRi0
#電話で仕事のトラブル対応してて遅くなりました。
#再開ですわよ。

突然、自分の座っているばしょがぐっと下がったような気がして目を覚ました。
気配を感じて横を向くと、彼女が隣に座っていた。
ああ、しまった寝ていたのか。と体を起こした。

「あら?起こしちゃった?」

「ああ、いや、ごめん。あんまり寝てなかったもんだからw」

「あらあら、夜遊びを満喫ですか?学生さんはいいね〜。」

君のせいだよ。と言い掛けて喉の奥に押し込んだ。
そんなこと言うもんじゃないしな。

彼女のが髪と乾かそうとドライヤーをを取り出しているのを見ると、
さほど長い時間眠っていたようではなかった。
ドライヤーの温風に煽られて、ほんのりと甘い香りに包まれる。

彼女の髪に触れたい。
そう思って、俺は引き寄せられるように彼女の髪に手をやった。
俺と同じくらい脱色していると思われる髪だったが、痛んだ様子はまったく見せていない。
根元から髪の先まで、一度もひっかかることなくすり抜けていく。
あまりにもそれが綺麗で、指先に毛先をくるくると回しつけたりして遊んでいた。


526 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 14:04:14 ID:gIpxeRRi0
「こらっ!せっかく綺麗にしてるのにw」

ドライヤーの温風を顔にかけられて、彼女に怒られてしまった。

「うへぇっ・・・、すいませんw」

本当に綺麗だった。
隣にいられて触れずにいることなんてできやしない。
しかし、怒られてしまったので髪の毛は諦めることにした。
大きなTシャツを1枚すっぽりとかぶっただけの彼女。
首を出す場所から右肩がはだけている。
今度の標的はそれになった。

指先でそっと肩を撫でる。
ほんのりと暖かい肌。
柔らかくて、ざらつきのない、滑らかな感触。
本当に同じ男の肌なのかと疑ってしまう。

「きゃっ・・・!?」

彼女が顎を引きながらのけぞった。
ああ、また怒られる・・・。

「んもう、もうちょっと待ってなさい!w
 髪乾かさないとグシャグシャになっちゃうのよ〜。
 先にベッド入ってていいから。」

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:11:00 ID:UKVaDnVW0
リアルタイムキター

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:11:54 ID:rTbUJb0n0
うはwwwwおっきしてきたww

529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:13:21 ID:6c3eVyjEO
自分を保てなくなりそうだ…

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:14:37 ID:SFwe5rVb0
今、俺的シゲルを、必死に脳内に設定していた。

531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:18:41 ID:YvNwGxX/O
きてるーーー

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:19:19 ID:QsfmzsQO0
>>530
俺の脳内ではシゲルは「とよた真帆」なわけだが。

533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:19:45 ID:SFwe5rVb0
>>532
センスいいな、お前

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:21:20 ID:QsfmzsQO0
とよた真帆ならチンコついてても我慢できるわけがない。

535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:22:07 ID:PsbyzgufO
キタァァァ(゚∀゚)ァ( ゚∀)ァ( ゚)ァ( )ァ(` )ハァ(Д`)ハァ(;´Д`)ハァハァ
ヤバイヤバイヤバイ。

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:23:59 ID:SFwe5rVb0
俺は、いとうあいこ
単純に好きなだけだが

537 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 14:26:37 ID:gIpxeRRi0
いやぁ・・・。激しく勘違いされてしまっているわけで。
いや、勘違いでもないんだけど、別にそういうのをせかすつもりで彼女に触れていたんではなく・・・。
しかし、素直にうなずいてベッドへ向かう俺。
これからまた、あの日と同じ感覚を再現できると思うと、それだけですごく興奮した。

リビング横の奥に置かれた、スプリングベッドに腰掛けて、俺は彼女が来るのを待った。
最初は寝そべって待っていたのだが、またもや眠気に襲われそうになり、それだけはやっちゃいけないと起き上がった。
この位置からは彼女の後姿が見えるだけ。
髪を乾かし終えた彼女は、何やら顔をパタパタと叩いている。
本当に女そのものだな・・・。と改めて思ったしまった。

「おまたせ〜。」

最後に化粧箱とドライヤーをTVボードの奥にしまいこみ、スタスタを俺に歩み寄った。
そのまま彼女に抱きつかれて、二人はベッドに倒れこんだ。

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:28:43 ID:QsfmzsQO0
ゴクリ・・・(AA略

539 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 14:41:16 ID:gIpxeRRi0
「ちょっ・・・、こらこらw」

予想していたというか期待していたというか、とにかく自分の希望通りにはなったのだが、
彼女を待っている間に悶々と思い出していたあの日のことと、これからのことを妄想していために、
俺のはモノはすでに肥大しきっていた。
それを隠すために、飛びついてきた彼女を引き離す。

「あれ〜?するんじゃなかったの??」

ストレートに言われてもちょっと・・・。
ムードのかけらもないな。と思いつつ

「ん?何をするの?w」

なんてトボけてみせた。
なんつーか、客観的に見ると俺も彼女もすごい寒い気がする・・・。
というか、俺の場合は単純に彼女の反応を楽しむためのものだったのかもしれない。

540 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 14:41:46 ID:gIpxeRRi0
普通の女に言って返ってくる反応と、彼女返してくる反応は同じものもあれば違うものもあった。
当然と言えば当然で、女でも人それぞれ反応は違うものである。
しかし、俺の中では”女”と”男”と”彼女”というカテゴリーができつつあった。

「何って・・・ふ〜ん・・・。いいんだぁ、そんなこといって〜。
 さっき飛びついたときにお腹に何かあたっちゃんだけどなぁ〜。
 何かなぁ〜・・・。」

チラチラと俺の顔と下半身に交互に目をやる。
その顔は円満の微笑みといったところか。

「私がわるうございました・・・。」

そういってベッドの上で正座して、彼女に土下座してみせた。
ああ、なんて馬鹿な俺・・・。

「わかればよろしいw」

そう言って彼女は再び俺の胸に飛び込んできた。
その彼女を受け止めるつつ、さっと体を反転させ、彼女をベッドに寝かす。
彼女顔をはさむようにして両手をつき、自分の顔を彼女の顔に近づけていった。

541 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 14:48:30 ID:gIpxeRRi0
彼女はじぃーっと俺の目を見ていた。
これには少し予想外だった。
普通はこうなったら目を閉じるものだと思っていたのだが・・・。
やがて俺の額を彼女の額がくっついてしまった。

「ね・・・電気消さなくてもよいの?」

普段はそんなこと全く気にしない俺ではあるが、なんとなく彼女にじっと見られていることが恥ずかしくて、そんなことを言ってしまった。

「ん・・・?いいの。タツヤ君の顔とか見えにくくなっちゃう。」

「そか。」

そういって俺は目を閉じ、彼女にそっと口づけた。
彼女はそれでも目を開いていたのだろうか、それはわからない。
一度の口づけの後、俺は自分の顔を持ち上げ、また彼女と見つめう格好になった。
お互いに無言のまま、じっとお互いの目を見つめる。
目をそらしたら、ニヤっと笑って「俺の勝ちねw」とでも言ってやろうと思っていたら、
彼女が両腕を俺の首に回してきた。

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:50:19 ID:SFwe5rVb0
すんません、感情移入と倒錯の虜な俺がきました

543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:53:19 ID:QsfmzsQO0
>>542
先に言っとく

モティトゥケwwwwwww

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 14:55:28 ID:SFwe5rVb0
シゲル、俺だけのシゲル
アメリカとか行っちゃヤだ

545 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 15:05:06 ID:gIpxeRRi0
彼女はそのままぎゅっと力をかけ、俺の顔を再び引き寄せ、キスをした。
最初に俺がしたキスとは違い、舌を激しく使った濃厚なキス。
俺もそれに応えるべく、彼女の下唇に吸い付いたり、舌先で彼女の歯茎を舐めまわした。
あまりの激しさに呼吸がしずらくなり、一度顔をあげた。
俺の唇と彼女の唇がいやらしく唾液の糸でつながっていた。

そのままお互いに唇を拭うことなく、さらにキスを続けた。

どれくらいの間、そうやってキスしていたことだろう。
やがて少しずつ唇の感覚がおかしくなってきていることに気づいた。
彼女のほうはもっと前から異変に気づいていたのか、キスのペースがやや滞ってきていた。
ちょっとやりすぎたかな。と思い、キスをするのを止め、彼女を抱きしめた。

「・・・好き。」

耳元で彼女がそう囁いた。


546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:09:45 ID:QsfmzsQO0
クスだけでこんなにチンコてん勃起するもんなんdなな

547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:10:29 ID:HuXs1SvU0
あぁなんだろうこの甘い胸のときめきは・・・

548 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 15:11:35 ID:gIpxeRRi0
ちょっとドキっとしたけど、今更お互いは引き返せない気がしていたのも事実。
特に臆することもなく、俺も彼女の気持ちに応えた。

「俺も・・・。」

彼女を抱きしめる手に力が入る。
世界中の誰よりも彼女が愛おしいと思える瞬間だった。
性別なんてどうだっていいじゃないか、俺は完全に彼女に惚れていると自覚した。
変態だと言われようが、なんだっていいさ。彼女といれるならそれだけでいい。

全くもってオーバーな感情だと思うが、しかしそのときにはそれが当たり前のように沸いてきた。
何をどう判断して、彼女のことをそこまで思うようになったのか、今でも説明ができない。
何か薬でも飲まされたかのような感じで、彼女以外が目に入らなくなってしまっていた。

それから、お互いの服を脱がし合い、俺と彼女は生まれたままの姿で抱きしめあった。

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:13:16 ID:QsfmzsQO0
愛って理屈じゃないんだよ。と童貞の俺がえらそうにいふ

550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:15:56 ID:+0ry74B20
シゲル、シゲル、シゲル、タイチ、タイチ、シゲル

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:17:14 ID:HdRmr0W40
俺の怒龍をなんとかしてくれ、シゲル!

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:17:23 ID:YvNwGxX/O
うはwwww出掛けられねwwwwww

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:24:13 ID:+0ry74B20
河原でナンパしてついてきた女を、「何だ女か」と放り出す症候群

554 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 15:27:11 ID:gIpxeRRi0
明るい部屋の下で、俺は彼女の体が女とは違うということを再び思い知らされた。
だけど、もう戸惑うことはなかった。
いびつに形作られた胸も、俺と同じ下半身も、全てを含めて彼女の体を愛おしく思った。

彼女の頭をそっと持ち上げ、左腕をまわし、右の手で彼女の胸に触れた。
一瞬、彼女の体がこわばったかのように見えたが、俺は躊躇せず彼女の胸を優しく揉んだ。
目を閉じていた彼女がうっすらとその目を開け、左手で俺の胸に触れる。
お互いにお互いの胸を触りありう形となった。

時折、ビクッビクッっと体を反応させる彼女。
俺のほうも、彼女の指が乳首の上をなぞるたびに腰をくねらせてしまった。
二人の吐息はだんだんと強くなり、やがてはか細い声を漏らすようになっていった。

「はぁっ・・・・んっ・・・・。」

少しずつ、胸から腰へと、指先を下半身へと向かわせる。
彼女も俺がするのに合わせ、同じように下半身へと指先を伝わせる。
二人の指先は今、お互いのへその下あたりで、うずを巻くように動いている。

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:28:39 ID:+0ry74B20
このスレで、ご飯三杯はいける

556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:29:33 ID:fLeTXvTR0
今日のビップは忙しいな

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:30:49 ID:UiRUFA0A0
ずっと張り付いてた甲斐があるってもんだ

558 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 15:36:22 ID:gIpxeRRi0
もう少し、もう少しでその場所に届きそうなところで、お互いに中々直接触れようとはしない。
そのもどっかしさというか、やりきれない気持ちをお互いに楽しんでいるようだった。

やがては俺のほうが先に根をあげてしまうかのように、彼女のそれに優しく触れた。

生温かい感じがした。
あの日とは違い、彼女のものもすでに俺と同じくらいに膨張している。
優しくそれを握り、ゆっくりと上下に動かした。

「はぁ・・・ん・・・うっ・・・。」

この声が俺を狂わせる。
彼女の漏らす声は女のものとは別格だった。
やがて彼女も俺のものを握り、同じようにさするように手を動かした。

彼女のものをさすっている掌に湿り気を感じた。
そしてその湿り気を生んでいる場所へと人差し指を伸ばす。
彼女もまた、同様に俺の先を人差し指でこすってきた。

「うっ・・・んぁっ・・・。」

「あんっ・・・・あっ・・・。」

同時に声が漏れた。
お互いに濡れた先を人差し指で優しく撫でる。
ビクビクと波打つ二人の体・・・。
静かな空間に俺と彼女の吐息と声がいやらしく響き渡る。

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:38:36 ID:L58EgBhO0
間に合いましたよっと

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:49:05 ID:2jZsI0ih0
やっぱり女に触られるよりつぼが分かってていいものなんでしょうか

561 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 15:50:56 ID:gIpxeRRi0
そのうちお互いの先が乾きだし、再び握り締めてこするようにした。
無論、先ほどよりもお互いの力は入ってきていて、その速度もさっきよりは速い。

俺は少しずつ体の向きを変え、彼女のそれが口に届くように体を反転させた。
彼女もそれに合わせて体を動かし、お互いにお互いの顔の前で、お互いのそれをしこきあった。

きゅっと先を絞ると、彼女の先から透明の液が溢れてくる。
それを再び人差し指で伸ばし、先全体に広げた。
そして、その場所に唇を触れさせる。
不思議と石鹸の香りしかしない。
俺は彼女のそれを勢いよく、先から咥えこんだ。
彼女もまた、俺のものを咥えこむ。

まるで、俺が彼女の体でリクエストをしているかのようだった。
俺が彼女にしていくことを、彼女は全く同じように俺にしてくれている。
そんな経験は初めてだった。

俺はむせ返りそうになるくらいにまで、彼女のものを喉奥まで飲み込んだ。
口の中いっぱいに彼女のそれを感じることができる。
気のせいかもしれないが、唇を通して、彼女の脈が伝わってくるように感じた。

562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 15:57:33 ID:L58EgBhO0
エロス

563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:01:15 ID:3oNVV9QX0
というよりキモス けど続きが気になる自分が居る。

564 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 16:03:03 ID:gIpxeRRi0
お互いに右手でそれを握り、先を唇と舌で愛撫し、左手の指先で股下をはうように摩る。
俺が今こんなにも気持ちいいのを、彼女も感じてくれているのだろうか?
しかし、悲しいことに男のそれは一瞬で絶頂を迎えてしまう。
そしてその後は満足感と脱力感でいっぱいになってしまうというもの。
このときはお互いが女であれば・・・。なんてことも考えたりしてしまっていた。
だんだんと変態に磨きがかかってきたと思う瞬間だった。

やがて彼女のほうが先に動いた。

「ねぇ、この間の続き・・・できる?」

全く躊躇しなかったわけではない。が、彼女を満たしてあげたい一心で、受け入れることにした。
彼女は手際よくベッドのサイドの引き出しからローションを取り出すと、それを自分の掌に垂らした。

「じゃあ、今日は前向いたままで・・・。」

そういって俺を仰向けに寝るよう誘導し、両膝を立てられて、足を開かされた。
なんというか、四つん這いよりはマシな気がしたが、しかし、これもこれでかなり恥ずかしい。
よく考えたら女のやっている格好はどれも恥ずかしいものばっかりじゃないか。

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:03:11 ID:+0ry74B20
あえて、シーメール風俗へ行ってしまいそうな俺がいる

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:04:52 ID:uQ+mETWz0
うほ!今度は変態さんが先受けかwwwwwwww

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:05:46 ID:L58EgBhO0
>>563
そうすると俺も相対的にキモス側じゃないか




でも、それでいいや

568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:06:17 ID:rxXqhDCB0
確認事項

これは俺の脳内で矢田亜希子にチンポ生えてる生物が出演しているから
俺のリュウがしゃがみ大パンチな訳であって俺はまだ大丈夫。大丈夫。

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:06:48 ID:uQ+mETWz0
うーん、なんでチンコ立ってるんだろう・・・

570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:06:57 ID:xBgqr85t0
四つんばいになると、彼女の様子がおかしい事に気が付いた。

「どうしたんだ?」
「・・・」
「?」

反応のない彼女が俺の背後をじっと見ている。
その視線の先をたどっていくと、半開きになった押入れ。
押入れの奥には、何か力なくうなだれた物体が目に映る。
そして俺の視線の先にあったのは、

首のないツレだった

俺が慌てて振り返ろうとすると頭部に強い衝撃を受けた。
薄れ行く意識の中で俺は全てを理解した。

(ああ、あんただったのか)

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:08:24 ID:Lb453BR60
IDが赤くなかったから見破った

572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:09:17 ID:uQ+mETWz0
>>570
惜しいな。
四つん這いでは話が繋がらない。

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:11:09 ID:L58EgBhO0
変態さんエネマグラについてなにか一言いただければ

574 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 16:13:53 ID:gIpxeRRi0
ひんやりと冷たいものが、股下に感じられた。
そしてそのまま下部へと、彼女の指で伸ばされていく。
やがてその場所にたどり着き、彼女はゆっくりとその周りを撫で始めた。
自分でもそこがヒクヒクとなっているのがわかった。
極限までに開かれているその場所は、彼女の人差し指でゆっくりと押されている。

彼女の人差し指が少しずつ、俺の体の中に入ってくる。
不思議と前よりも嫌悪感はなかった。
この体制がいいのか、思ったよりもすんなりと彼女の指を受け入れた。

彼女は俺の体の中で人差し指を曲げたり、伸ばしたりして動かしている。
ちょうど股下の裏側あたりを内部から強くこすられ、体がビクンと反応してしまった。

「ここ、気持ちいい・・・?」

彼女が優しく俺に問いかける。
正直、気持ちいいとは別の次元で勝手に体が反応してしまう。
しかし、冷静になっているよりも、もっと堕ちるとこまで堕ちてしまいたいと思い、
自分自身を騙し騙し、気持ちいいものだと言いきかせるようにした。

「うん・・・、気持ちいいよ・・・。」

575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:15:29 ID:uQ+mETWz0
>>574
なに!?その女みたいな反応!!!!!!!!!!

やっべ俺もさきっちゅからなにかでてきた

576 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 16:16:43 ID:gIpxeRRi0
#>>573 これは何・・・?
#スマソ 初めて見たおもちゃですわ。
#シゲルもこんなん持ってたのかな・・・・。

577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:17:40 ID:3oNVV9QX0
チンコ立ってるヤツはその気があるんじゃ?
変態さんの読ませる文章でそのうち覚醒するかもね。

578 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 16:18:02 ID:gIpxeRRi0
#>>573 ああ、今「エネマグラ」とググって最初に出たやつ見ただけです。
#何か勘違いしてたら、説明をよろしう・・・。
#ちなみに、言葉を聞いたのも初めてです。

579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:19:02 ID:L58EgBhO0
>しかし、悲しいことに男のそれは一瞬で絶頂を迎えてしまう。
>そしてその後は満足感と脱力感でいっぱいになってしまうというもの。

これが解決するらしい

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:22:51 ID:uQ+mETWz0
エネマグラ欲しくなってきた・・・

581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:23:31 ID:L58EgBhO0
>>578
それでおkです
ちなみにネタっぽいけどつttp://www.hehehe.net/users/kowloon/

変態さん、読者の皆様大変失礼しました
また、連投規制支援の一行レスに戻ります

582 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 16:27:03 ID:gIpxeRRi0
完全に男と女の立場が逆だった。
といってもお互いに男も女もない世界なので、関係もないことなのだが。

彼女の指の動きがだんだんと激しくなってくる。
彼女の指が出入りしている部分がだんだんと熱くなってくるのがわかった。
この前の時のような排泄感はなかったが、やはり素直に気持ちいいと言えるものではなかった。

「じゃあ、指、2本いくね。」

もはや返事はできず、だまってうなずくことしかできなかった。
彼女は人差し指をいったん抜くと、もう一度ローションを手に取り、人差し指と中指を同時に押し当ててきた。
少しずつ、さっきとは違う太いものが俺の体内に入ってこようとしている。
今どのくらいまで入っているのかわからない。
頭がぼーっとしてきた。

「今ね、真ん中くらいまで・・・入ってる。」

その言葉に本当に驚いた。
俺は無意識に自分で口を開いたんだろうかと疑ってしまったくらいだ。
しかし、そんなはずはなく、彼女がたまたまそう言っただけだったのではあるが・・・。
それにしても、気になったとはいえ、そう言われると見えない部分なだけに想像してしまう自分がいた。
今・・・指2本が真ん中まで・・・入ってる・・・。

583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:28:33 ID:+tUCJNhU0
>>579
ttp://vipper.info/index.php?%A5%DE%A5%C3%A5%B7%A5%E2

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:42:22 ID:AY0LDSLN0
新幹線のなかでちんぽたってるぼくちんがきましたよ


585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:44:24 ID:D1nDh8QI0
>>584
車内で露出しとけ

586 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 16:49:25 ID:gIpxeRRi0
彼女の指はさらに俺の体内へと入ってくる。
だんだんと広がっていくのがわかった。
ちょっとこれ以上は・・・と思ったときに彼女の指が止まった。

「全部入っちゃったよ・・・。」

全部・・・。全部か・・・。
何かいちいち解説されると、本当に恥ずかしくてたまらない。
でも、何も言われないとそれはそれで心配になる・・・。
複雑だ。女心がわかってしまう気がした。いや、それが女心とは違うと思うが・・・。

「ゆっくり動かすから、嫌になったら言ってね。」

そういうと、彼女の2本の指が少しずつ動き出した。
俺の体に出たり、入ったりをゆっくりと繰り返す。
さすがに2本にもなると、出るときに排泄感に似たような感覚になってきて、止めてもらおうかと思った。
しかし、なんとか限界まで・・・。と我慢しているうちに、そんなに感じなくなってしまった。

彼女は空いている手で俺のものを握って、顔を寄せ、口に含んだ。
もちろん、片方の手の指は俺の体内を出たり入ったりしているままだ。
どちらも片寄ることなく、動かされる。
ものを咥えられていることで、感度がよくなってきたようで、時々声を漏らしてしまう。

「はっ・・・んんっ・・・んっ・・・」

ビクっとなるたびに後ろに力が入り、彼女の指を締め付けた。
そのたびに彼女の指の動きも止まる。

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:52:23 ID:CtvbNi10O
ぃよっしゃあぁリアルタイムに追い付いた!!
Jr.は既にギンギンさ!

588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:53:21 ID:L99BNqlN0
>>586
これをホンモノの矢田チャンにやられてると想像しただけで気絶しそうだ・・・

589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 16:55:29 ID:L58EgBhO0
さげてる奴はスイッチ入りつつある

まあ、俺のことだが

590 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 17:02:08 ID:gIpxeRRi0
「そろそろ、大丈夫・・・かな?」

最後に2本の指を右へ左へとを180度回転させて、広がり具合を確かめてそういった。
とうとう、またの瞬間がやってくる。
この前はどうしてあんなにも泣けたのか、思い出すと情けなくなるのと同時に、だんだんと怖くなってきた。
彼女はそれに気づいたのか、俺を優しく抱きしめた。

「大丈夫、大丈夫よ。」

またもや彼女になだめられる。
不安はたくさんあったが、今回はちゃんとできるような気がした。
何がそうさせたのかはわからないが・・・・。

やがて彼女が自分のものに大量のローションをつけ、俺に覆いかぶさるような形になった。
優しくキスをしてくれる彼女。
俺にはそれが「入れるよ。」っていう合図に思えた。
俺は軽くうなずき、そっと目を閉じた。

「この体制だと力が入りやすいだろうけど、なるべく力抜いてね。」

足元のほうで彼女の声が聞こえる。
俺はまたうなずくだけ。
彼女が指でローションを丁寧に塗りなおす。
軽く人差し指を入れた後に、彼女のものが押し当てられた。

591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:06:26 ID:m959JoaA0
アカン!!もう限界や!!!

592 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 17:14:19 ID:gIpxeRRi0
ぐいっと彼女のものが俺を押し上げてくる。
ゆっくり、ゆっくりと押し広げられていく。
この感覚がなぜだか気持ちのいいものになってきてしまっていた。
入ったかな?と思ったところで、彼女は一度抜きぬいてしまった。
それに対して「ああ、抜かないでくれ・・・。」と思った俺はもうそらぁ変態さんだ。
どうやら、すべりが悪かったみたいで、再度ローションを垂らして俺の中へ入れた。

さすがに念入りに愛撫され、一度入ったというのもあって、すんなりと彼女のものを受け入れることができた。
そのことに喜びを感じずにはいられなかった。

「全部、ちゃんと入ってる?」

思わず自分で聞いてしまった。
彼女のものが入ってる。その喜びに心が浮かれていた。

「うん、全部・・・入ってるよ・・・。
 タツヤ君の中・・・気持ちいい・・・よ。」

彼女は今にもイキそうな感じに見えた。
確かに一度味わったことのあるものとしては、その感覚は理解できる。
本当にしめつけが良くて、下手に動くとすぐにでもイッてしまいそうになる。
彼女は眉をひそめながら、ゆっくりを腰を動かした。

「んっ・・・んんっ・・・あぅ・・。」

腰を振りながら声を漏らす彼女。
彼女の下方から見上げる彼女もまた、一段と綺麗に見えた。
彼女が俺の中に入ってきてる。
俺のが中が気持ちいいと言っている。
俺はなんとも言えない満足感に満たされていた。

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:19:09 ID:gFWCW76a0
俺の中はモゾモゾしてわけわらからんことになってるってのに!!wwwwwww

594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:20:11 ID:+0ry74B20
俺のシゲルに、矢田のイメージを重ねるのはやめてくれ。
俺には、俺の脳内シゲルがいるんだから!

595 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 17:22:55 ID:gIpxeRRi0
「んぁ・・・あぁ・・・ごめ・・・んっ・・でちゃう・・・。」

きっとものすごく我慢しているんだと思う。
そんな彼女がとても愛しくて仕方ない。
俺は軽くうなずいて彼女に言った。

「うん、いいよ。イッちゃって・・・。」

「中・・・あっ・・・いい・・?」

「いいよ・・・。出して・・・。」

そういうと彼女は腰を振る速度を上げだした。
ものすごい勢いで彼女の太いものが俺の中を出入りする。
その激しさに体全体が揺さぶられる。

「んっ・・・うっ・・・」

自然と俺の声も漏れてしまう。
彼女の腰がだんだんと小刻みに素早く動かされてくる。

「んんあぁっ・・・んっああぁっ・・・あああああっあぁ・・・!!!」

ドクっと大きく体を波打たせ、彼女は俺のなかで朽ち果てた。
そしてそのまま力なく俺の胸に倒れこむ。
俺は彼女をきつく抱きしめてやった。


596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:27:04 ID:CtvbNi10O
俺もう引き返せねぇ…

597 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 17:29:34 ID:gIpxeRRi0
#こういうシーンになるとレスが少なくなる件について。

「はぁ・・・はぁっ・・・。」

全身汗だくの彼女。
俺は彼女の顔を掌で拭って、キスをした。
彼女もそれに応じてくれる。

彼女のものはまだ俺の中にある。
彼女がイク瞬間、彼女のものが一瞬大きく膨れ上がったような気がした。
が、彼女のものから飛び出したものを感じることはなかった。

しばらくの間、彼女は俺の胸に顔を押し付けてぐったりしていた。

「あっ・・・。ごめん・・・先に・・・。」

突然気づいたかのように上半身を起こし、申し訳なさそうに言った。
それでもまだ顔はとても艶っぽくて、その顔を見るだけで興奮してくる。

「いいんだよ。俺、今、めちゃくちゃうれしいから・・・」

そういうと彼女は俺の額に優しく唇を触れさせた。

「ありがと・・・。」


598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:33:09 ID:PsbyzgufO
皆イロイロと忙しいんだよwwwwwwwww
早く続き(屮゚Д゚)屮 カモーン

599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:33:15 ID:DKaP1qct0
>>597
皆頭おかしくなってしまったんじゃないかな?

俺はギリギリ耐えてる
いやうそだ


600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:34:34 ID:+0ry74B20
俺の脳内シゲルも、優しく微笑んでるから、俺は幸せだ

601 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 17:35:11 ID:gIpxeRRi0
俺は笑顔で返す。

「あ・・・じゃあ、抜くから、力入れないようにして・・・。」

「うん・・・。」

そういって、彼女は少しずつ腰を後ろに引いていく。
さすがにこのときは、またもや排泄感に陥ってしまった。
彼女ものが俺の中から出されるとき、同時に何かがドロっと出たような気がした・・・。

「わっ・・・。出た!?」

びっくりして彼女に聞いてしまった。
彼女は大丈夫、大丈夫と。言いながら、ティッシュで周りを優しく拭いてくれた。
そんな自分に、またもや情けないと思いつつも、でも同じことを俺は彼女にしていたわけだしと言い聞かせた。

本来なら、男がこんなことをされるのは屈辱でしかないだろうと思う。
事実、少し前の自分だったら、耐え難いことだったと思う。
しかし、いざその立場になって見ると、俺達男は女に対してどんな仕打ちしているのかと、考えさせられた。
まあ、それは男と女の生理的な内面の違いにより、そんなに大事でもない気もしたが・・・。

彼女とはイーブンでありたい。
そう思うがゆえに、俺は彼女をこうやって受け入れることができたのだと思う。
彼女と男としてではなく、また女としてでもなく、性別を超えた存在として受け止めるには、
少なくともこういうことだ必要だと、俺なりにそう考えた結果である。


602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:36:26 ID:L58EgBhO0
まだ受け視点だと抵抗のある俺は正常なはず

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:37:49 ID:+0ry74B20
やっべ、恋するのはいつもjpegを超越した俺。
シゲルの幻影を追いかけて、生涯を閉じそうだ。

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:40:13 ID:q1dA7kpS0
息子は成長するが受けは不可能攻めなら可能と思う俺は正常のはず
ふたなりと思えば…

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:41:12 ID:HdRmr0W40
勉強になるなぁ・・・
と、限界破裂な俺の怒龍が申しております。

606 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 17:42:32 ID:gIpxeRRi0
「タツヤ・・・。」

ボーっと天井と見上げて考え込んでいると、突然彼女に呼ばれた。
君づけでなく、呼び捨てになってしまっている。

「ん?」

「本当に、本当に好き。大好き。愛してるよ。」

そういって俺に抱きついてくる彼女。
なんて可愛いんだ・・・。

「俺もだよ。」

優しくそういってキスをした。
今日だけで一体なんどのキスをしたのか、すでにお互いの唇は腫れ上がっていただろうが、そんなこと気にはしなかった。
そして、彼女の手が俺のものへと伸びてきた。

「今度は、タツヤの番だよ。」

そういって俺のものをくわえ込む彼女。
実は彼女が俺の中に入っている間、少しずつ萎えてきていた。
しかし、それは決して気持ち的なものではなく、説明はできないが、なぜだかそうなっていたのである。

彼女の口によって刺激をうけ、俺のものは簡単に元通りになった。

607 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 17:51:44 ID:gIpxeRRi0
俺も彼女のものに触れてあげたが、彼女に拒否されてしまった。
まあ、その気持ちもわかるわけで。
そういうわけで、俺は彼女に尽くされる形になり、完全に彼女まかせになってしまった。

舌先で先をチロチロと舐めつつ、右手で握ったものゆっくりとしごき、左手で胸を摩られる。

「んっ・・・うっ・・・。」

と、時々声を漏らしてしまう。
彼女はそんな俺の反応を楽しむかのように、俺の顔を見ながら愛撫してきた。

「ローション、とってくれる?」

彼女に言われて、枕元に置かれていたローションを彼女に手渡した。
そしてそれを俺のものに直接垂らす。
そのまま右手で握り締めてローションを伸ばしすと、今度は自分の後方へと手を伸ばした。
そうやって自分にもローションを塗り終わると、彼女は俺の腹の上をまたいだ。
腰を浮かせ、左手で俺のものを持ち上げ、少しずつ腰をおろしていく。

608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 17:59:13 ID:L58EgBhO0
騎乗位きた

609 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 18:03:44 ID:gIpxeRRi0
先っぽが彼女に触れた。
ぐっと押し当てられ、ズブズブっと彼女の中に入っていく。

「んっ・・・あんっ・・・」

彼女の声が漏れる。
やはり彼女のように慣れてくると、違った感じ方になってくるのだろうか。
少なくとも彼女は入れられることを嫌がっているようには見えない。

どんどんと俺のものが彼女の体に埋まっていく。
やがて彼女の体の中に俺のものがすっぽりと入ってしまった。
すごい締め付け感だ。
この感じ・・・。忘れられそうにない。

彼女は俺の上に腰をおろしたまま、ゆっくりと前後に動き始めた。
出たり入ったりという感覚とはまた違い、彼女の中で俺の先が彼女の内側の壁に擦りつけられている。
根元はきゅっと締め付けられていて、ちょっとやそっとじゃ抜けそうにない。
前後に激しく腰を揺さぶる彼女。
彼女のものが少しずつ大きくなってきてるような気がした。

610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:11:28 ID:L58EgBhO0
エロス

611 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 18:12:51 ID:gIpxeRRi0
そっと、彼女のものに手伸ばした。
優しく握ってみると、たしかに少し硬くなっている。
俺は彼女のものをゆっくりと上下に擦り始めた。

「んんっ・・・・んっ・・・ああっ・・・。」

彼女は俺の上下する手に合わせ、前後に振っていた腰を上下へと変化させた。
俺のものが彼女の中に出たり入ったりしている。
締め付けがいいので、だんだんとイキそうになってきた。

「ね・・・体位、変えてもいい・・・?」

このまま彼女に中に出してしまうのは勿体ない気がして、彼女に聞いてみた。
彼女はこくりとうなずくと、俺のものを抜いて横になった。
俺は彼女にされたように、彼女を仰向けに寝かせ、足を開かせた。
そして、彼女に俺の先っぽを押し当てて、ぐっと力を入れていく。
さすがに何の抵抗もなく、すんなりと入っていく。
その様をうつむいてじっと見ていた。

彼女の中に、ゆっくりと入っていく・・・。
だんだん、彼女と俺の距離がなくなる。
やがて彼女と俺がくっついた。
そこで少し力をいれ、彼女を押し上げるように突っ張った。

「んん・・・んんっ・・・!」

彼女が声もあげてよがる。
その声が聞きたくて、俺はわざと同じことを繰り返した。
だんだんと彼女の吐息は荒くなってきた。

612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:16:34 ID:2jZsI0ih0
正常位でもできるもんなんですねぇ

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:21:00 ID:w6VYwusX0
正直、勃起した

614 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 18:25:02 ID:gIpxeRRi0
「はぁっ・・・んっ・・あっ・・・はぁはぁっ・・・。」

彼女のものに目をやると、先のほうから透明の液が溢れているのに気づいた。
俺はここぞとばかりに、彼女ものを右手で握り、人差し指で彼女の刺激をこすってやった。

「んんんっ!!あぁっ!」

大きな声をあげて腰をくねらす彼女。
俺のほうもとうとう限界になってしまった。

「んっ・・・イク・・・よ・・・。」

力なくそういうと、彼女は吐息を弾ませたままコクコクっとうなずいた。
それを見て俺は腰の動きを早くした。
全部出てしまいそうになるくらい、大きく後ろにひいて、彼女の奥底まで届くくらいに突き上げる。
そんな大きな振りで、力の限り腰を動かした。
ぐんぐんと自分の中で高まっていくのがわかった。
握っていた彼女ものを離し、両手で彼女の腰をつかみ、更に加速する。

「はぁんっ!・・・ふぅ・・・あぁ・・・ぁ・・・っ!」

彼女の声もヒートアップしてきている。
もうすぐ、もうすぐ朽ち果てる。
俺は力の限り彼女に腰をぶつけ続けた。

「んっ!・・・んんっ・・・!!」

615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:27:49 ID:1Z3TwlHk0
ハアハア、ハアハア

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:28:39 ID:S4evdCbX0
キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

617 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 18:32:00 ID:gIpxeRRi0
ドクッドクッドクッと3回ほど波打って彼女の中に大量のものを注ぎ込んだ。
すかさず彼女の唇に口づけ、舌をめいいっぱい絡ませた。

「はぁはぁっ・・・はぁ・・・。」

彼女の胸になだれ込むように顔をうずめる。
今度は彼女が優しくを俺を抱きしめてくれた。
俺も彼女の背中に両手をまわし、彼女を抱きかかえて、きつく抱きしめた。
お互いにそうやって少しの間、抱き合っていた。

やがて少し距離を置いてお互いの顔を見つめあった。

「愛してるよ・・・。」

俺がそういうと、彼女はうなずいて目を閉じた。
そしてまた唇を重ねる。
しつこいくらいにキスをした。
たぶん、鏡を見たらすごいことになっていることだろう。

そのうち、俺のものが萎え始めてきたので、彼女の体から抜き、彼女はあの日と同じようにトイレへ行った。
彼女がトイレに行っている間、俺はベッドに寝転がり、天井を見つめて再び一人で考え事をしていた。

すでにもう彼女とは引き返さない気がする。確かにそんな気はある。
それにお互いに「好きだ」とか「愛してる」と口に出して行ってしまっている。
が・・・。
彼女と俺は今の段階では交際しているわけではなく、どんな関係なのだろう。と考え込んでいた。
それを解消するのは簡単なことで、俺が「付き合ってくれ。」と言えばすむものだと思っていた。
でも、何故かこのときにはそれが言えないでいた。
何かがあるわけではないが、今はそんなことを気にするよりも、彼女との幸せな時間を楽しもうを思った。
甘いようだが、たぶん、彼女は俺から離れはしないと、そう思っていた。

618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:34:02 ID:w6VYwusX0
何かに気づいた俺がいる

619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:34:40 ID:3oNVV9QX0
幸せも束の間 急展開な予感。

620 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 18:35:54 ID:gIpxeRRi0
#ひと段落ついたとこで、飯なわけですが・・・。
#今日はPCの前で食べることしまするよ。
#ただし、食いながら書くのつらいので、雑談タイム。
#VIPなノリとは違う気もするけど、たまにはいいじゃなーい。

621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:36:43 ID:5XTxapaB0
初めてリアルタイムでみれたーょw
御疲れ様です、漏れもおなかすいたな…

622 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 18:38:16 ID:gIpxeRRi0
#雑談タイムっていうか、ちょっと見てみたいスレ発見しますた。
#誰かが貼っていたヲタ姫(?)とかいうやつ。
#これは、まとめとかないのかしら

623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:38:59 ID:LeGOyt6Y0
乙カレー
切ないねー

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:39:30 ID:UKVaDnVW0
また切ない展開になりそう。

625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:44:28 ID:L58EgBhO0
>>622
それ長いっすよ

626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:45:25 ID:MGHozLoq0
変態さんはシゲルさんの精子をお腹のなかに入れっぱなしだったの?

627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:45:45 ID:S4evdCbX0
長いけど超いい話
考えさせられる

628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:47:50 ID:2jZsI0ih0
>>622
まとめ当時は誰かが本人の許可なしに作ったんだけど批判が相次いだので
一時的に、とかいってたんだよね。もうないかもしれないけどログのどこかに
アドレス載ってると思う。

629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:50:28 ID:L58EgBhO0
>>627
全く煽るとかそう言う気はさらさらないんだが何を考えたんだ
むしろこっちのが色々考えさせられるんだがな〜

630 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 18:50:41 ID:gIpxeRRi0
#>>625 長いっぽいね・・・。仕事中にでも読むことにしまする。
#>>626 入れっぱなしでしたwwwwwwww
#ていうか、彼女のは精子じゃないですよー。タンパク質おんりー。
#さて、もうすぐ飯終わりなんですが、私事でお出かけな予感。
#今晩は休みなのでそのまま遊んでるかもしれませぬ・・・。
#とりあえず、時間許す限り今から書きます。

631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:51:37 ID:L58EgBhO0
>>630
#ていうか、彼女のは精子じゃないですよー。タンパク質おんりー。
詳しく!

632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:51:56 ID:1Z3TwlHk0
なんだか自己嫌悪タイム

633 :628:05/03/13 18:52:00 ID:2jZsI0ih0
>>622
ログ見てみたけどまとめはもう消えてるみたい。

634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:52:02 ID:S4evdCbX0
>>629
現在の世界の構造について

635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:54:58 ID:WEP9m66QO
変態さんって、かなり文才あるなぁ。

636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:56:46 ID:WEw7fRo/O
>631
玉なしだからじゃないか?

637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 18:59:33 ID:2jZsI0ih0
あの話は読んでてニキータとかサブウェイとかを思い出した。

638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:02:04 ID:LeGOyt6Y0
精液ではあるが、精子は入ってませんってことか。
千夜一夜物語なんか読むと、タマだけ潰した男奴隷は長持ちするので
後宮で暇をもてあます女性には重宝されたとか書いてあるが…
正直、長持ちするんだろうか。

639 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 19:10:17 ID:gIpxeRRi0
彼女がトイレから出てきたの確認し、ベッドから起き上がって彼女に近づいた。
「どうしたの?」とでも言いたげな顔で、彼女が俺を見ている。
俺は彼女の手をとって自分に引き寄せ、彼女を抱きしめた。

「いつまでも、こうしていたいな・・・。」

「うん・・・。」

それ以上の言葉はいらなかった。
俺と彼女は再び手を取り合ってベッドに向かい、裸のままベッドに倒れこんだ。
すかさず、お互いのものを握り合い、キスをする。
さっきお互いに終わったばかりだというのに、お互いのそれは少しずつ膨張してきていた。

「タツヤってエッチだよね・・・。」

意表つかれた彼女の言葉に、俺は慌てて握っていた彼女のものを手放した。

「え・・・いやいや、そっちこそw」

と、笑ってごまかしたのもつかの間、再び彼女のものと握り、優しく擦ってやった。

「ま、エッチなほうがいいでしょ・・・w」

クスクスと笑う彼女の顔を確認して、俺は彼女の股間に顔をうずめた。
だんだんとこういうことに慣れてきてしまっている自分に、心底驚いていた。

640 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 19:10:40 ID:gIpxeRRi0
慣れ。というのは本当にやっかいだな。特に環境の慣れが一番怖い。
今のこの状況に慣れてしまったとき、この状況がなくなってしまうときが来るとしたら、俺はどうなってしまうのだろうか。
考えないようにしようとは思っても、やはり考えてしまうことはある。
なんと言っても、彼女は法律的には男なわけで、将来的な話なんかを考えると、何をどうしたらいいのか全くわからない。
まぁ、まだ大学もまともに卒業できてない俺がこんなこと考えても仕方ないか・・・。

「タツ・・・ヤ・・・上手に・・・なってるの・・・わか・・る?」

よがりながら、彼女がそんなこと言い出した。
正直、そんなこと意識したことはない。
まあ、歯を当てないコツはなんとなくわかってきたが・・・。
「んーんー。」と彼女のものと咥えながら、返事をする。
と、彼女が俺の髪をなでてきた。

「上手だよ・・・タツヤ・・・んっ・・・。」

何故だかわからないが、彼女にほめられるとうれしくてたまらない。
俺は調子に乗って、彼女を責め続けた。

641 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/13 19:17:05 ID:gIpxeRRi0
#スマソ・・・たいむあっぷ・・・
#明日の午前中くらいから続きいきますね〜。
#つーか、当初の予定では、1000までに終わろうと思っていたのですが・・・。
#なんか、刻々と書き綴ると色々思い出されて、
#「ああ、こんなこといったなぁ」とか「たしかこういうこと考えてたなぁ」とか
#どんどん出てきてまとまりにくい・・・。
#そして元スレの174からあわせて書き綴っている下書き用メモ帳が100KBを超えたorz
#ちなみに下書きといっても、そのまま貼り付けてるので、誤字脱字多いです。
#ヒマなときに貼り付けたやつを校正してバックアップ作っていこうかなぁ


642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:17:24 ID:L58EgBhO0
また、一歩彼岸に進む

643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:17:43 ID:2jZsI0ih0
>>641
乙でした!また待ってるよー

644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:18:16 ID:L58EgBhO0
乙でした ノ

645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:19:16 ID:LeGOyt6Y0
今日一日であちらの世界にオルグされた奴が何人いるだろうか
乙でした。続き楽しみに待ってます。

646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:25:41 ID:QAgxZyuZ0
>>622
ttp://www.asyura2.com/0403/lunchbreak3/msg/1070.html
検索してみた  ちゃんとみてないけどこれっぽい?

647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:27:09 ID:IVBIXO4+0
>>646
それそれ
その人、文才があるとかいう生易しいレヴェルじゃないぞwwwwww

648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:28:39 ID:TXfwif9H0
              -― ̄ ̄ ` ―--  _        
          , ´         ,    ~  ̄、"ー 、 
        _/          / ,r    _   ヽ ノ
       , ´           / /    ●   i"
    ,/   ,|           / / _i⌒ l| i  |
   と,-‐ ´ ̄          / / (⊂ ● j'__   |
  (´__   、       / /    ̄!,__,u●   |   柿食べたくらいで撃つことないじゃん
       ̄ ̄`ヾ_     し       u l| i /ヽ、 お腹が減ってただけなのに・・・
          ,_  \           ノ(`'__ノ
        (__  ̄~" __ , --‐一~⊂  ⊃_
           ̄ ̄ ̄      ⊂ ̄    __⊃
                   ⊂_____⊃





649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:28:49 ID:QAgxZyuZ0
昨日途中まで読んで 長すぎてダウン 今日の夜か明日の仕事中でも読むかな

650 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:33:42 ID:IVBIXO4+0
>>459がまとめじゃなく過去ログね

651 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:49:56 ID:1scBtchj0
ヲタと姫の話を今朝から読んで夕方凹みながら読み終わって
今変態さんの続き読み終わった。
シゲルに癒された・・・二人の愛情の交流がたまんねーよ
保守だけでスレ埋まらなくてよかったw

652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 19:56:43 ID:PsbyzgufO
変態氏乙!楽しみに待ってるよ

653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 20:35:36 ID:LeGOyt6Y0
>>646
読んだ
リアル横須賀住民なんだけど
JR横須賀駅周辺の描写がものすごくリアル

654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 20:54:20 ID:2jZsI0ih0
変態さんも70さんも文章力はもちろんだけど記憶力もすごい。

655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 21:35:23 ID:fys7Sc4F0
シゲルは今戸籍上男なのか女なのだろうか、ちと気になる

656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 21:39:55 ID:rxXqhDCB0
>>655
スイス。

657 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 21:52:50 ID:0bjDxas90
文学的レベル

このスレ>>馬鹿ペニス>>>>>>>(超えられない壁)>>>電車男

658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:00:44 ID:Lb453BR60
>>646
小説を読んでいるような気分になっている件
本当に実話だとしても信じられないくらいだぜ

659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:00:47 ID:LlqKcmuW0
>>657
なんというか、このスレ、文字だけなのに、
何枚も画像うpされたような感覚に陥るよな。

電車男は画像うpもあり信憑性持たせてたが、、

660 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:08:23 ID:EB77fpL90
このスレには読み手の価値観すら変えるパワーがある、、、

661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:10:59 ID:3oNVV9QX0
>>646
まだ最初のほうしか読んでないけどかなり引き込まれるな。


662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:13:41 ID:HdRmr0W40
今読み終わった。変態さん乙
今から>>646いってきます。

663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:19:49 ID:rxXqhDCB0
http://www.amebabooks.co.jp/tokyo_syoujyo/tokyo_syoujyo.html

664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:31:15 ID:P086F33C0
このスレなら書籍化しても問題ないだろうけど、
70氏の話が実話だとしたら結構ヤバイよね。。。まじで
書籍化とか本人絶対したがらないだろうな。

665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:32:57 ID:UKVaDnVW0
出版業界もネタ枯渇してんだなwwwwwww

666 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:47:09 ID:kbf61nly0
>>655
1.成人していること
2.医師による認定
3.子どもがいないこと
4.工事が完了していること

こんな感じじゃなかった?新女性の条件は。
ストーリー上、2.と4.が充たされてない。

667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:50:12 ID:Lb453BR60
結構女性になろうと思ったら大変なんじゃなかった?
カルーセルマキが苦労してたって聞いたけど、前科でもあったのかね?
にしても姫様の話、怖くなってきた

668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 22:57:15 ID:D5kRK3Xo0
>>667
カルーセルは大麻所持か何かで捕まってたハズ。
その時男の刑務所に入れられたのが嫌だったとか。

関係無いけど同姓愛ってことで任天堂スレから派生したレズスレを
思い出した。あの続きが気になるんだが

669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 23:03:11 ID:Td7se6/x0
>>667
それが正常だとオモ。切なくいい話だけどな>姫様
でもいかにもメンヘラが好みそうな話だから書籍化はなぁ…

670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 23:10:37 ID:HzOgJW8/0
・・アナニーしてしまった・・

671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 23:11:59 ID:L58EgBhO0
>>670
詳しく

672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 23:12:44 ID:OEA7E5UY0
アナニーワロス

673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 23:13:16 ID:0bjDxas90
姫様の話をやっと1ページ目読み終わった。
正直、凄く頭に情景が広がった。本気で映像化したいと思った。
そしてその能力の無い自分を嫌悪した。

スレ違いすまぬ

674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 23:34:41 ID:HzOgJW8/0
>>671

ローションないしリンスで
コンドームに入れたスーパーボールのようなものを中に・・


あああ変態さんの階段を確実に上へと、誰かとめてえええええええええ

675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 23:36:11 ID:9mFJotGm0
>>674
で、気持ちよかったの?ニヤニヤwwwwwwwwww

676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 23:38:09 ID:kbf61nly0
>>675
俺、中学のとき化粧水の瓶のキャップ部分を挿入して、試してみたことがある。
当時はホモセックスとか知らないで、本能的に入れてみたかった。

677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 23:49:35 ID:HzOgJW8/0
>>675
やってみればわかるとおもうが、
入れた状態でチンコいじるとちょっと気持ちいいようなきがする
でもあんまり集中できない=チンコは半立ち、しごいても半立ち
だがその状態で精子がだらだら〜っとΣ(゚Д゚* )
普通にオナニーのが気持ちいいが、女の子の気持ちが少しわかったような気がした。

678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/13 23:52:10 ID:IVBIXO4+0
>>673
あの話は映像化すると劣化するだけだと思うなぁ
映像化はやめて欲しい。とか始めて思った。

679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 00:17:50 ID:PAoEQ7gbO
エネマグラ超気持ちいいよ
イッた後間髪入れずにイッた時は気持ちよすぎて
意識が飛びそうになった
ドライじゃなかったけど小便でるような勢いで精液が残らずでちゃう感じだった。

680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 00:22:00 ID:Ueuxf0xQ0
よし、このスレ見るのやめる!!
今なら、まだ間に合うはずだ!!!

681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 00:35:10 ID:+Mo7fcAKO
>>680!! 貴様ッ! 見ているなッ!!

682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 00:55:56 ID:Ueuxf0xQ0
|-`).。oO(・・・・・・・・・)

683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 01:07:39 ID:Z5Vd5+mV0
姫話読み終えた。あれで終わり?(´・ω・`)

684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 01:20:01 ID:5vGDPmZo0
ああいう終わりもかっこいいと思う

685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 01:21:49 ID:5vGDPmZo0
今日あたり落ちそうな気がするけど落ちちゃったらその2とかでいいよね

686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 01:24:16 ID:Ueuxf0xQ0
>>685
いんじゃね

687 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 01:29:20 ID:5vGDPmZo0
↑手遅れ確定w

688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 01:41:41 ID:Ueuxf0xQ0
⊂⌒ヽ          (⌒⊃
  \ \  /⌒ヽ  / /
 ⊂二二二( ^ω^)ニニ二⊃  空も飛べるはずー
     \ \_∩_/ /
      (  (::)(::)  )
       ヽ_,*、_ノ  ブーン
   ///
 ///
               スイスーイ   ⊂⊃
\____________________/
                O  
               。
       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
     |    /       ブーン
      ( ヽノ
      ノ>ノ
  三  レレ

689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 01:55:28 ID:vr6Ek1Xb0
>>683
俺はああいうのダメだなぁ
意味のない描写が臨場感出してて邦画っぽくて

690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 02:02:19 ID:PAoEQ7gbO
ああ、言われてみれば寅さんなんかに雰囲気は似てるかも。

691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 02:59:25 ID:XA3u9KQyO
( ゚д゚)ホスゥ…

692 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 03:07:39 ID:byUHKDWWO
保守のカービィ

693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 03:22:03 ID:obrqs/6Z0
hosu

694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 03:35:20 ID:nDenymjsO
ほす

695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 04:25:33 ID:MJzbClVb0
ほしゅ

696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 05:14:33 ID:c8Eg3KMJ0
冷や保守中華

697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 07:28:01 ID:aGyR5Ams0
出勤前保守

698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 08:23:11 ID:PAoEQ7gbO
ほす

699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 09:03:20 ID:Ueuxf0xQ0
ほしゅぴたる

700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 09:18:36 ID:Ocok9teW0
良かったよまだ落ちてなくて...








と言うことでホッシュ!ホッシュ!ホッシュ!

701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 09:57:59 ID:MOzaKD9AO
緊急ほしゆ

702 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 10:20:13 ID:5Vb6fOuH0
#おはようおはよう
#70氏の話。全部読みました。
#自分の文体と比べると、明らかに知的レヴェルが違う・・・
#なんか、書いてて恥ずかしくなってきますた(´・ω・`)
#もっと勉強して書かねば。
#と、いうわけで再開です。

703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:21:37 ID:??? ?#
>>702
そんなー気にしないで、プロじゃないんだから。

704 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:21:46 ID:JzwCAW2n0
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! 

705 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:27:49 ID:wxubf1p60
別にお前に合わせて、起きたわけじゃないからな。

706 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:30:34 ID:oJa1zwWN0
久々のリアルタイムきたあああああああああああああああああああ

707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:33:18 ID:S729YMxG0
さぁ最初っから張り付いてる俺がきましたよ

708 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 10:34:40 ID:5Vb6fOuH0
しかし、思った以上に顎に負担がかかる。
情けないが顎のダルさに耐えきれなくなり、仕方なく彼女のものを口から出した。

「疲れちゃったw」

そういって彼女に笑いかけた。
彼女はうっとりした表情で俺を見つめた。
その目は俺に「ありがとう」と言っているように思えた。

もう一度くらいなら、彼女を抱くことを出来たとは思う。
だけども、彼女のほうも少し眠そうにしていたので、そのまま眠ることにした。
最初は寄り添って抱きしめあって寝ていたのだが、さすがに寝辛いということで手をつないで寝ることに。
外はもううっすらと明るくなりかけていた。

709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:34:54 ID:JzwCAW2n0
昨日このスレを女に見せたら俺のことを「シゲル」と呼び出した件について

710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:36:10 ID:JzwCAW2n0
俺のも顎が疲れるほど咥えてくれぇええええええええええええええ!!!


orz

711 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:40:45 ID:n+a/26J50
>>640から>>708

712 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:41:12 ID:MvpQUY5q0
今読み終えたけど 姫の話はなんか悲しくなっちゃったな…。
シゲルさんと現在進行形(?の変態さんに超期待。

713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:43:02 ID:JzwCAW2n0
>>712
君のIDが少しうらやましく思う。

714 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 10:44:24 ID:5Vb6fOuH0
”ワンッ!ワォン!”

犬の鳴き声で目を覚ました。
携帯の時計を見ると、14時を回っていた。
ずいぶんとまた寝てしまったもんだな。
まだはっきりとしない頭を起こしつつ、彼女の姿を探した。
隣に寝ていた彼女がいない。
リビングのほうを見たが、気配がなかった。

"ワンワンッ!”

犬がさっきから立て続けに吼えている。
一体何事か。
俺は重たい体を起こし、リビングへ出た。

「あれ?」

なんと、彼女はソファーで丸くなって眠っていた。
PUMAのピンクのジャージ姿で。
俺が寝ている間にコンビニにでも出かけたのだろうか。
寝ている彼女を横目に、犬が吼えている玄関へと向かう。

”ワンワンッ!ワンッ!”

何を伝えようとしているのか、しきりに吼えまくる犬。
俺にはさっぱりわからない。
仕方ないので、頭を撫でてやろうと手を伸ばした瞬間・・・。

715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:46:15 ID:JzwCAW2n0
爆発した。

716 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:48:35 ID:wxubf1p60
チンコカットしてたか、おい

717 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 10:55:44 ID:5Vb6fOuH0
あまりにも不覚だった。
昨日、あのまま寝てしまって起きたばかりなので、全裸の状態。
その全裸の俺に犬が勢いよく飛びついた。
幸いにも股間は両手でガードしたものの、腹をひっかかれてしまった。

「うぅ・・・。」と体制を崩して、後ろによろけた。
まったく、困った犬だ・・・。
と思ったのもつかの間、引っかかれた部分が赤く滲んでいるのを見て、慌てふためく。
げげ・・・。犬の足ってばい菌だらけじゃないのか??
しょ・・・消毒せねば。
とりあえずバスルームに行って患部を軽く洗い流した。
思ったよりもしみないな。大丈夫か。と安心し、結局消毒のことは忘れてしまった。

”クゥ〜ン・・・”

犬の声の調子がだんだんと下がってきた。
もしやこれはエサを要求しているのか。
俺は、昨日彼女が出したままにしてあったドッグフードを皿に盛り、玄関へと運んだ。
量がわからないので、ドッグフードの袋にある写真のように大盛りにしてしまったが・・・・。

その気配を察してか、犬が突然元気になった。
バンッ!バンッ!としっぱが玄関のドアに叩きつけらる音が響く。
さすが、大型犬・・・。しっぱの力もそんなに強いのか。
犬の足元にドッグフードがてんこ盛りになった皿を置いてやると、犬はものすごい勢いで皿に顔をうずめた。
そりゃ、昨日の晩から食ってなけりゃ、腹も減るわな。

718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 10:57:27 ID:JzwCAW2n0
なに!?この和み空間wwwwwwwwww

719 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 11:02:26 ID:5Vb6fOuH0
リビングに戻り、彼女の寝顔を上から覗いた。
すーっと深く息を吸い込んで、ふーっと一気に吐き出す。
その寝息のリズムに合わせて、彼女の肩が上がったり下がったりしていた。
そんな姿を見ていると、起こすのは悪いな。と思ってしまうのだが、俺も腹が減って何か食べたくて仕方ない。
悪いとは思いつつも、彼女を起こすことにした。

「シゲルさ〜ん・・・起きませんか〜?」

耳元で優しく呼びかける。
が、全くの無反応だった。
今度は体を揺すりながら、呼びかけてみた。

「シゲルさ〜ん、朝ですよ〜。起きて〜。」

「んんっ・・・」と眉をひそめる彼女。
その姿がかわいくて、思わずキスをした。
「ん〜・・・」と暑苦しそうに、俺の胸を押しのける彼女。
だめだ。起きてくれそうにないや。

720 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:03:32 ID:JzwCAW2n0
なんて夢空間を作り出すんだ・・・

うらやますぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

721 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:05:48 ID:oJa1zwWN0
人間って幸せな気持ちになると勃起するんだな

722 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:06:45 ID:TBwvky+w0
わんこ、(;´Д`)ハァハァ


723 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 11:09:17 ID:5Vb6fOuH0
#そういや、シゲルにメール送ってたの忘れてた・・・。
#さっきチェックしたけど、返信はまだ来てなかったです。
#忙しいのかな〜。

724 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:12:16 ID:oJa1zwWN0
>>723
すげー5年も付き合ってるのかー
早くメール返ってくるといいな!

725 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:13:25 ID:JzwCAW2n0
時差のせいかな?
むこうっていま何時なんだろう。

726 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:15:55 ID:oJa1zwWN0
もう暗くなってるかもな

727 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:21:36 ID:wxubf1p60
やはり、変態さんは、リアルクロスオーバーを用いようとしている。
素敵な舞台装置。

728 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 11:21:59 ID:5Vb6fOuH0
仕方ない、コンビニ探しにいくか。
っていうか・・・服が・・・。
さすがに素っ裸のままじゃ、外にも出れない。
洗濯機の中身を見に行くと、中身はなくなっていた。
あれ?干してくれてるのかな。
リビングに戻り、ベランダを見てみると、彼女の衣類に混ざって俺のものもきちんと干されてあった。
いつのまに・・・。

窓を開けてベランダに出た。
むっとした空気に思わず顔をゆがめる。
今日も外は炎天下か。
室内はクーラーがついたままだったので、ベランダに出て窓を閉めた。
自然と両手を大きく上の伸ばして、体をのばした。
暑いのは好きじゃないけど、こうやって太陽の光を浴びるのは気持ちいい。

自分の下着に手に取り、パタパタと叩きながら乾いているかを確かめた。
いつから干していてくれたのかはわからないが、Tシャツと下着は完全に乾いていた。
パンツがまだ少し湿っていたけど、はけないこともないので、そのまま取り込んだ。
リビングに戻り、素早く着替えると、携帯を片手に玄関へと向かった。

さっきまで吼えまくっていた犬は満足げな顔で床に寝そべっている。
皿にはドッグフードが半分以上も残っていた。
うわ、やっぱり入れすぎか。
幸い固形のエサだったので、そのまま袋に戻しておいた。

#メールは、こないだの125の確認のときに送ったものです。
#向こうは今夕方くらいかなぁ?

729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:22:09 ID:wxubf1p60
ごめんなさい、アゲちゃいました。

730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:34:02 ID:oJa1zwWN0
むこうは夜の8時とか9時じゃね?

731 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 11:35:14 ID:5Vb6fOuH0
彼女を起こさないよう慎重にドアを開け、犬に向かって子供にするように人差し指を口の前にたて、「シーッ」とウィンクをして部屋を出た。

階段を軽快なステップで降り、昨日歩いた道を頼りにバス通りのほうへと向かった。
途中で念のためにメールを入れておこうと思い、ポケットから携帯を取り出したが、彼女の本当のアドレスをまだ聞いていないことに気づき、そのままポケットにしまった。
まあ、起きたら電話でもかかってくるだろう。

たった1日前のことが、ずっと前のことのように思えた。
昨日、俺はこの場所で彼女に泣きつかれたんだっけ。
そのことを思い出し、少し胸が締め付けられた。
彼女の元に一刻も早く戻りたいを思い、小走りにバス通り西へと向かった。
コンビニの詳しい場所はわからなかったが、バス通りであれば何メートル間隔かに1件くらいはあるもの。
かなりの思い込みではあるが、少ししたら前方に看板が見えた。

コンビニの前までつくとすでに顔中に汗をかいていて、シャツもうっすらと湿っていた。
相変わらず、汗っかきな自分が嫌になる。
俺は店内に入ると、弁当コーナーへと一直線に向かった。
15時前ということで、ほとんどの弁当は昼に出てしまったようだった。
残っている弁当から牛丼とサラダを手にとり、ドリンクコーナーへと向かう。

ドリンクコーナーでお茶を手に取り、少しの間考えて、元の位置に戻した。
そういや、彼女の家にあるじゃないか。
それより、彼女にも何か買っていったほうがいいかなぁ。
もう一度弁当コーナーに戻ったが、彼女の好みを聞いてなかったので、何を買えばいいかわからず、結局サンドイッチを2つを手にとってレジへ向かった。

732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:37:28 ID:JzwCAW2n0
風景蛾目に浮かぶ。

733 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 11:39:08 ID:5Vb6fOuH0
#>>729 意識してスレを潜伏させてるわけではないので、気にしませんよw
#ブラウザのクッキーにsageが残ったままなので、ずっとさげてるだけです。
#ケータイやら、別PCからだと俺も上げてますし。
#>>730 ですね;
#時差を勘違いしていた・・・。NYなんで、10時前くらいかな?

734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:40:29 ID:/HSx4T8e0
NYと日本の時差は日本時間から-14時間だよ

735 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:41:52 ID:JzwCAW2n0
じゃぁ今深夜じゃねぇかwwwwwww

736 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:43:45 ID:AITs2tb20
なにこのなごみまくりすてぃーな感覚はwwww



737 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 11:50:15 ID:5Vb6fOuH0
彼女の家へ戻る道中、ずっと彼女のことを考えていた。
彼女はこの先、どんな人生を生きていくんだろう。
普通じゃないことは彼女自身が一番よくわかっているはず。
普通の人が人生で目指すゴールと、彼女のそれとは全然違うものだと思うし、彼女が普通の人と同じようなゴールを迎えることができるとはとうてい思えない。
今はまだ若いから、何も考えないのだろうけど・・・。
いや、もしかしたら、考えているのかもしれない。
彼女の家族は彼女のことをどう思っているんだろうな。
そうやってたくさんの自問自答を頭の繰り返しながら、彼女の部屋の前までたどり着いた。

出てきた時と同じようにそっとドアを開き、玄関に入り込んだ。
犬は相変わらず寝そべっている。
犬と目が合って、とっさにコンビニの袋を背中に隠したが、すぐに目をそらされてしまった。
そういや、さっきたらふく食ったんだったな。

リビングでは彼女がまだ寝転がっていた。
何度か寝返りはうっているらしく、左腕をだらっと床に向かってたらし、仰向けの状態になっていた。

コンビニの袋をテーブルに置き、もう一度彼女を起こしてみることにした。

「シゲル〜、シゲルさ〜ん。サンドイッチ買ってきたよ〜。
 お腹空いてるでしょ?起きて食べようよ〜。お〜い。」

「ん〜・・・う〜ん・・・・。あとで・・・。」

さっきよりは反応があったが、やはり起きようとしてくれない。
こうなったら、奥の手を使うか・・・。

738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:50:52 ID:/HSx4T8e0
>>735
いや、22時前だよ

739 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 11:56:48 ID:JzwCAW2n0
               _.. ..‐::´/
             _/::::::::::::/
           _/:::::::::::::/ ____
         ,..::::´::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::._/
       /:::::::::::::::::| ヽ、:::::;::::::::::::/
       /:::::::::::::::::::::|´|ヽ   |/_:::.::/
  _ .. -─':::::::::::::::、::|`'   ,   .!::∠
  `'' ‐-.._:::::::;-‐、`(●)  (●) |::::`::-、
 =ニ二::::::::::::::::|6    \___/、| -──`
    ‐=.二;;;;;`‐t    \/  ノ    

          おらのちんこが元気玉だぞ!

740 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 12:02:37 ID:5Vb6fOuH0
「こらっ!タイチッ!起きろ!」

ヤバイかな。とも思いつつ、そういって彼女のお腹をつっついてやった。

「え!?」

するとどうだろう、突然ガバっと勢いよく起きて、キョロキョロと辺りを見回した。
やがて、俺を見つけて

「はっ・・・な〜んだ・・・もうw脅かさないでよ〜w
 お父さんかと思ったじゃん・・・。」

と目をこすりながら微笑んだ。
なんとか成功。寝起きで寝癖のついた彼女も一段とかわいい。心が和んだ。

「あはっ、ごめんごめん。だって全然起きてくれないんだもん。
 サンドイッチ買ってきたよ。食べる?」

そういってコンビニの袋からサンドイッチを取りだし、彼女に差し出した。

「あら、いつのまに!?ありがとw」

そういってサンドイッチを受け取ると、一切れだけとって残りを手渡してきた。

「ん?全部食べないの?」

「え?タツヤ君の分はあるの?」

昨晩、呼び捨てだったのに、今になって君付けに戻っている。
そのことに少し妬きながら、コンビニの袋を手に取り、中身を全てテーブルに並べた。

741 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 12:03:40 ID:5Vb6fOuH0
#そろそろ昼飯の時間ぽいですわ。
#続きはまた後で〜
#>>727 リアルクロスオーバーって何ですか?

742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 12:07:18 ID:AITs2tb20
会社でもっきした。

743 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 12:12:20 ID:oJa1zwWN0
>>741
もりもりくってらー

744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 12:15:10 ID:zSkS37HD0
くてら〜

745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 12:37:10 ID:IeCVjduC0
追いついた!
リアルタイムだー!

746 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 12:44:51 ID:FpiQ6fxk0
くっそー!
このまま待っていたいが、飯食ったら仕事再開だ・・・('A`)

747 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:12:37 ID:8idDiSXx0
>#>>727 リアルクロスオーバーって何ですか?
シゲルがこのスレにやってくることかと思われ

748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:15:14 ID:lyNi2AhR0
変態さん=シゲルじゃなかったの?
ずっとそう思ってたよ俺・・・・・・

749 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 13:17:06 ID:5Vb6fOuH0
#再開の巻。

「おっ、牛丼あるんじゃん。」

取り出してすぐに彼女が牛丼を手に取る。
こんなものに半法するとは意外だった。
コンビニの牛丼なんてお世辞でもうまいとは言えないと思っていたのだが・・・。

「うん、じゃあ、全部半分ずつ分けるようにしよっか。」

「うん、私もそのほうがいいなw」

意見があったところでお食事タイム開始。
彼女がグラスにお茶を注いでる間に、俺は牛丼とサラダの封をあけて待つ。

「何か器か皿かある?このままじゃ食べにくいっしょ。」

「ちょっとまって〜。」

グラスをテーブルに置き、再びキッチンのほうへと向かう彼女。
食器棚から綺麗な花柄の小皿と、グラタン皿のようなものを2つずつ取り出して戻ってきた。

「こんなものしかないけど、いけるよね?」

「うんうん、大丈夫。」

丁寧に半分ずつに分け、グラタン皿に牛丼を、小皿にサラダを盛り付ける。
彼女はその様を隣に座って大人しく見ている。
まるでエサを待つ子猫のように思えた。

750 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:17:18 ID:oJa1zwWN0
>>748
どんな読み方してたんだよw

751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:23:37 ID:SvBgRIGH0
オレの中で>>550の発言以降なぜかリセッタのCMの二人が、二人がぁああああああ

「すごい」
「すっごいだろぉー」

「すごい」
「すっご(ry」

違うとわかっているのだが…

752 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:24:30 ID:n+a/26J50
半法って反応?

753 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:25:45 ID:ynxvQP7s0
うまいだろ〜ワロス

754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:27:54 ID:RT+4Z0py0
ふと思ったんだけど 性転換する男の人って
チンコ取ったら穴開けて 塞がらない様に棒入れておくって聞いたけど、
一応セックスは出来るの?できるんなら気持ちいいのかな?
我ながら馬鹿っぽい疑問だとは思うけど…。

755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:37:52 ID:4MjCYkx10
>>754
俺もずっと、そのことを考えていたんだ。
でも、俺は下半身は工事しない方がいいと思う。

756 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:42:07 ID:lyNi2AhR0
>>750
いや、始めは変態さん本人が書いてると思ってたけど
トリばれとかプレゼント云々の話が出た時から
シゲル本人が変態さん視線で書いてるのか?って思ってしまった次第でして・・・

プギャー>俺

757 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 13:48:54 ID:5Vb6fOuH0
「タツヤ君って几帳面だねぇ・・・。女の子みたいw」

それは・・・実はよく言われたりしていることだった。
ツレにも「お前って、なんか女々しいよなぁw」と言われることが多い。
自分では特に意識はしていないのだが・・・。

「そうか?猫かぶってるからかもw」

適当に笑ってごまかし、皿によそった彼女の分のサラダと牛丼を彼女の前に差し出した。

「ふ〜ん・・・w」

彼女がやたらとニヤニヤしているのを横目に、照れ隠ししながら自分の分を手元に引き寄せた。
彼女の部屋には似つかないお粗末な昼飯になってしまったが、急なことだし仕方あるまい。
俺は牛丼の入った皿を持ち上げ、箸をつけた。

「ねぇねぇ。」

彼女が俺の肩をポンポンと叩く。

「ん?」

箸の上に一口分の牛丼を乗せたまま、彼女のほう振り向いた。

「あ〜ん・・・。」


758 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 13:49:20 ID:5Vb6fOuH0
両手を顎の下で組み、無邪気な子供のように大きく口を広げ、催促された。
さすがにこれは・・・。
恥ずかしいことこの上ないが、誰かに見られているわけでもないわけで。
甘えた目で俺を見つめる彼女に負けて、箸に乗せていたものを彼女の口へと運んでやった。

「はいはい、何甘えてんだよw」

「ん〜、おいち〜。」

「ぶっ・・・。あははははっ。おいちーって何w」

あまりのことに笑い転げてしまった。
しかし、同時に幸せの絶頂でもあった。
彼女はバツの悪そうな顔で、ぷーっと顔を膨らませる。

「いいじゃない、普段こんなことする相手いないも〜ん。」

普段も何も、そんなことする相手というか、カップルだってそこまではいないだろうに。
と、思ったりもしたが、実際はやってるヤツいるんだろうな・・・。

「あはははっ、まじウケるwもう、可愛すぎだよ、シゲルさんw」

そんな風に二人でお互いの分を食べさせあって、ゆっくりと食事を楽しんだ。
玄関先では俺たちの笑い声に、何事かと犬が恨めしそうに見ていた。

759 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:58:35 ID:oJa1zwWN0
俺もシゲルさんにあーんてされたい・・・( ゚∀゚)

760 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 13:59:18 ID:cmbOKpAL0
あーんするといいようのない幸福感に包まれるよな…

761 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:00:44 ID:dtOej6aFO
今日このスレ見つけて今やっとここまで見終わった
最初の方を見てないんでドラマの1話を見逃したみたいになってるけどwww

762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:00:53 ID:mEqPxfPy0
かわええな・・・

763 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:01:24 ID:oJa1zwWN0
>>761
超展開スレにまだあるぞ

764 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:06:43 ID:dtOej6aFO
あったあった!
つか最初の方に書いてあったよ
見落としてた…OTZ
サンクスです

765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:07:37 ID:4MjCYkx10
何かさ、「あーん」のとこで快楽物質分泌された。
アルファ派も出た。

766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:08:05 ID:oJa1zwWN0
>>765
俺漏れも

767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:15:46 ID:+Mo7fcAKO
ベッドで「あーんして」って言って口にt

768 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 14:15:51 ID:5Vb6fOuH0
まったりと食事をした後、TVをつけてボーっとしていた。
そういや、彼女は明日まで休みなんだっけ。
俺今晩バイト入ってるんだった。
休んでもいいんだろうけど、今日は確かオーナーのお客さんが来る日だったな・・・。
行かないとマズそうだ。さて、どうしたものか。

俺の肩に頭の乗っけてTV画面を見つめる彼女。
チラっと彼女を見ると、「ん?何?」と言った感じで、俺を見てきた。

「シゲルさん、明日まで休みなんだっけ?
 俺、今夜バイトなんだ。22時から10時なんだけど・・・。」

「ん?あ、そうなんだ。って・・・夜中12時間?大変だねぇ・・・。」

しまった、コンビニバイトと言ってあるのに、そんなシフトありえないじゃないか。
でもまぁ、何も気づいてなさげなので、そのままにしておくか。

「うん、今日はちょっとどうしても休めそうにないから、8時半くらいになったら、ここを出るようにするよ。」

「そっかぁ〜、わかったよ。バイトは次の日もあるの?」

「いや、次の日は休み。その次からまたバイト。基本的に1日ずつ休みがあるんだ。」

12時間勤務でそんなシフトのコンビニなんて、この世に存在するものか・・・。
まあ、突っ込まれたら突っ込まれたで何とでも言いようあるだろう。
しかし、バイト行きたくないな・・・。

「へぇ〜、変わってるのね、最近のコンビニはそんなシフトなんだ。
 ん〜、そのまま家帰っちゃう?てか、さすがに眠いよね・・・。」


769 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 14:17:22 ID:5Vb6fOuH0
できれば、バイト終わったらここに来たい。
だけども、今から眠ることなく明日の朝10時まで働くことを考えると、ここへ来たところで寝てしまうだろうな・・・。

「ん〜、本当はここに帰って来たい。けど・・・、
 さすがに寝ちゃうと思うのよね・・・。それじゃシゲルさんに申し訳ないし・・・。」

「だよね。まあ、私はかまわないけど?
 でも、家に帰るほうが近いんじゃないの?」

確かに、若干自分の家のほうが近いのは近い。
しかし、彼女はそんなこと知らない。
またまた彼女にウソをついてしまうことになるが、背に腹はかえれない。
どうしても彼女と一緒にいたかった。

「いや〜、それがさ、ここからほうが近いのよね。
 ここらへんって交通の便がいいしさ。」

「あら、そうなんだ?じゃあ、うち来て寝る?
 私、次の日から仕事だけど、夕方からだし。」

「シゲルさんがかまわないなら、そうさせてもらおうかなw」

「うん、いいよ〜。」

やった。これでバイトも少しやる気になった。
彼女の家から出かけて、彼女の家へと帰ってくる。
大したことでもないとは思うが、たったそれだけのことで浮かれてしまう自分がいた。

770 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 14:33:33 ID:5Vb6fOuH0
それからバイトまでの間、TVを見たり、漫画を読んだりと、二人でダラダラと時間を費やした。
ところどころで、お互いに顔を見合わせては、お互いにニヤニヤと笑っていた。
本当に幸せな時間だった。
TV見たり漫画読んだりなんて、家で一人でもやっているのだが、彼女の家で彼女のそばでそれをすると、全く次元の違うものに思えてくる。
一人ではどんなにつまらない空間も、彼女といれば全てが幸せな空間へと変えられていく。
俺はこの魔法にいつまでもかかっていたいと心底思っていた。

とうとう8時近くになり、俺はバイトへ行く支度を始めた。
支度と言っても、立ち上がってテーブルに置いた携帯をポケットに入れるだけであるが。

「あ、ご飯、食べないで大丈夫?」

そういえば起きてから牛丼とサラダとサンドイッチを食べただけだったか。
しかし、食べた時間からまだ5時間程度しかたっていないし、特別腹が減っているわけでもない。

「ん〜、まあ、バイト先で食べれるから、大丈夫w」

「そっか、まぁ、コンビニだもんねw」

うっ・・・。ちょっと胸が苦しくなったが、微笑んでうなずいておいた。
いつかは本当のことはなすべきだよな。
話したら軽蔑されるだろうか・・・。

「じゃ、行ってくるよ。」

そういって玄関へと向かう。
その後ろを彼女がスタスタとついてきた。

腰を下ろし、靴を履きかける。と、その時、彼女が後ろから俺の背中に飛びついた。


771 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 14:34:28 ID:5Vb6fOuH0
「がんばってね・・・。」

そういって耳たぶに軽くキスをされた。
ゾクゾクっと体に電気が走る。
こんなことされたら、バイト行きたくなくなってくるじゃないか・・・。

首に回された彼女の手を握り、ポンポンと俺の胸を叩いた。

「うん、がんばってくるよ。」

我ながらよく耐えたと思った。
彼女の手を優しく振りほどき、立ち上がってドアを開けた。

「じゃあ。また明日の朝に。」

「うん、いってらっしゃい。」

円満の笑顔で送り出してくれた彼女。
ドアを閉め、階段を駆け下りる。
そういや、玄関での一部始終を犬に見られていたな。と思っておかしくなってきた。
もし犬が人間と同じように物事を考えているとしたら、どんなこと思っているんだろう。
おかしなことを考えてる。と思いながらも、それが今は犬であるだけましなのか。なんて考えたりもした。

俺と彼女の関係を知り合いに話したら、一体どんな反応が返ってくるだろうか。
想像もつかなかった。
とにかく、今はそんなことを考えても仕方ない。毎度毎度同じようなこと思っては、結論は出せずにいた。
一人になると考え込んでしまうのは、俺の悪いクセだ。

772 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 14:38:34 ID:5Vb6fOuH0
#番組の途中ですが、視聴者の皆様に質問です。
#この後のバイトで、シゲルとは関係のないことで超展開を迎えます。
#シゲルとの出会いに比べたら、大したことでもないのですが
#物語からは少し遠ざかってしまう内容ですので、割愛すべきか迷っています。
#あえて超展開スレにバイトの出来事だけを書いてもよいかと思ったのですが、
#なんかそうやって2スレ消費するのも勿体ない気がしまして。
#以下の2通りからお選びいただければと思います。

#1.バイトでの超展開を書く。

#2.バイトでの内容は省く。

#っていうか、みんなに聞くのも筋違いのような気もしますが・・・。

773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:39:08 ID:Cl5TSLmw0


774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:39:56 ID:lyNi2AhR0
#1.バイトでの超展開を書く。

775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:40:25 ID:CQutOnJ70
1!1!

リアルタイム更新に参加できて嬉しい俺ガイル

776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:41:00 ID:yViGloGE0
書籍化するときに必要になるから
#1.バイトでの超展開を書く。
こっちで。

777 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:41:24 ID:RT+4Z0py0
みんな1しょ。

778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:41:44 ID:A0iE4Aiz0
1
ここでオニャガイ

779 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:41:54 ID:/3VryuNj0
1・・・!

780 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:43:01 ID:yViGloGE0
そろそろ、まとめサイトのことも考えた方がいいな。

781 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:44:58 ID:qynkEF2X0
>>ヘムタイ
ここのスレ主はおまいであり、主役はおまいさんなのですよ
愛のままに我侭にヲナヌーしてください

782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:45:38 ID:4MjCYkx10
1!!!!!!!!!!!!!!!!

783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:45:38 ID:FO1eQpY2O
111111!!!!!

784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:47:50 ID:oJa1zwWN0
>>776
書籍化とか水さすようなこと言うなよ



785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:47:54 ID:+FCbqCGw0
#1で!!!

786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:48:31 ID:4sROLXn6O
1だな
バイトで何があったか知っといた方がその後の心情に感情移入できる

787 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 14:48:47 ID:5Vb6fOuH0
#ありがとう。
#じゃあ、書きます。
#これ、信じてくれない人多いんだけどな・・・w
#まあ、そういう世界もあったということで。

788 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 14:52:03 ID:TBwvky+w0
1!1!!!!!

789 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 15:06:05 ID:5Vb6fOuH0
10時ちょっと前にバイト場へついた。
店のドアを開けると、待ち席にはあからさまっぽい人が2名・・・。
はぁ・・・。今日も寿命縮めながら麻雀打つことになるのか・・・。

待ち席に向かって軽く会釈をすると、店奥へいって素早く着替えた。
店長が駆け寄ってきて、小声で俺にささやいた。

「なぁ〜、今日ボス(オーナーは店員にボスと呼ばれていた)おらへんねんて・・・。
 高木も休むって言うてるし、今日ワシとタッちゃんだけやで・・・。」

店長は30歳の既婚男性、その昔は代打ちと呼ばれる、本物の麻雀を打っていたという。
その手の知り合いも多く、顔も広かった。
まあ、オーナーはそれ以上に顔が広いので、こうやって店に来る人がいるわけで・・・。
高木(仮名)さんは、一応最高位戦のBリーグプロ。
一流国公立に通いながらも、麻雀の道を歩んでいる人だ。

「ああ、そうなんですか・・・。もしかして、俺が打つんですかね・・・?」

790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:07:07 ID:cmbOKpAL0
元のスレが「超展開を書くスレ」なんだから
それに沿ってるわけだし1だよな

791 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 15:29:30 ID:5Vb6fOuH0
オーナーの代理で打つわけだから、負けてもオーナーの懐が痛むだけで、オレには関係のないことなのだが、通常の麻雀レートではないだけに、胃が痛くなってくるのだ。
しかし、店長が自ら打ってくれるとは思わない。
一般のお客さんもいるわけで、そちらの相手をしなきゃならないし。

「っていうか、今日2人っすか?無理でしょ、普通に・・・。
 昼番の誰か残れそうにないんですか?」

「ああ、0時くらいに松尾(仮名)がきよるから、それまでの間だけや。」

松尾か・・・彼に代理変わるのは無理だろうな・・・。
う〜、辛い。打ちたくないけど、仕方ない・・・。
しかしうなだれていても仕方ない、明日になれば彼女に会える。
がんばって。といった彼女のことを思い出し、覚悟を決めてホールに出た。

待ち席に向かい、2人と卓へと誘導する。

「お待たせしました、本日はオーナーが不在のため、変わって自分がお相手させていただきます。」

深く頭を下げ、2人の様子を伺う。
安岡力也にそっくりなヤツ(名前しらない)が立ち上がって、こっちへ来た。

「お〜、そうかそうか、よろしく頼むわ〜。金ちゃんの代理やったら強いんやろうなぁ。」

上機嫌のご様子。
ちなみに金ちゃんとはオーナーのあだ名らしい。

もう一人もつられて立ち上がった。
こっちは今でいうパパイヤ鈴木風。
ただし、アフロではなく、ちょっと長めのパンチパーマだが。

792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:32:01 ID:oJa1zwWN0
胃が痛くなってきた・・・

793 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:32:24 ID:ynxvQP7s0
マージャン編は詳しく
いや、別に任せますけど

794 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:34:27 ID:+EEjrxx+0
明日は、晴れるかなあ。


795 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:38:17 ID:l66ei5/P0
おれマージャン大好きだからすっごいドキドキしてきた!!!

こんな経験したことない!ってかしたくない・・・やっちゃんと麻雀なんて・・・

796 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 15:38:18 ID:5Vb6fOuH0
「これ、預かっといてくれ。」

そういってパパイヤから手渡されたヴィトンのボストンバッグ。
手に持つとズシリとして、思ったよりかなり重かった。

床につけないように慎重にカウンター裏へと運ぶ。
上部のファスナーがかすかに開いていて、かすかに中身が見える。
どうせいつものヤツだろう。
このパパイヤは何を考えているのか、このカバン一杯に札束を入れて持ち歩いてる。
初めてそれを見たとき、その場にいたバイト全員で、奪って逃走しようか。なんて冗談にならない冗談を言っていた。
推定では、100万束が50〜60束ほど入っていると思われる。

さすがに初めて見たときは頭がヒートアップしたが、見慣れてしまうとなんてことはない。
ただの紙切れにさえ思えてくる。
自分の財布に入ってる紙切れとは明らかに価値が違っていた。

バッグを丁寧に金庫に入れると、店長からチップケースを3人分受け取って卓へと向かった。
働いていたお店は3人打ちがメインのお店で、これから打つ麻雀も3人打ちであった。
チップケースの中身を確認して、ため息をついた。

ケースにはそれぞれ100万円のチップがセットされている。
それをこれから行う、1000点30000円の麻雀で奪い合うのだ・・・。
よく考えていただきたい、このおかしなレートの麻雀を・・・・。
タンヤオであがった時点でプレステを買えてしまうのだ・・・。

797 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:40:08 ID:l66ei5/P0
でたあああああああああ!!!でかさんぴんwwwwwwwwww

798 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:40:09 ID:RT+4Z0py0
麻雀ワケワカメ

799 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:40:11 ID:ynxvQP7s0
飛んだら飛ぶなんてもんじゃねえな
沈む、だな

800 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 15:41:31 ID:5Vb6fOuH0
#ご無礼、このミスはおかしいことになるので、早めに訂正。
#1000点30000円 ⇒ 1000点10000円の間違いです。
#それでも、極悪レートですが・・・。

801 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:41:32 ID:l66ei5/P0
俺最高レート1000点500円wwwwwwwwwwwwwwww

802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:42:40 ID:3Jr7i8up0
俺なんてテンピンより上でやったことないwwww

803 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:42:56 ID:l66ei5/P0
あせったwwwwwwwwwwww
それでもでかぴんかよ・・・w

804 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:43:46 ID:+EEjrxx+0
うああああああああああwwwwwwww
すげwwwwwwwww
学生の俺には考えられないwwwwwwwwwwww

「ヒヒヒ…こいつぁおかしいや…おかしくって笑いがとまらねえぜ」
「おっさん、何がそんなにおかしいんだい?」
「和了ってるんだよ…」

805 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:44:57 ID:l66ei5/P0
「て、てんほ、ほ、ホァアアアアアアアア!!!!」

806 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:47:50 ID:yViGloGE0
デカピンのサンマwwwwwww
ロシアンルーレットじゃねーかwwwww

807 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 15:50:02 ID:5Vb6fOuH0
35000点もちの40000点返しで、ウマがトップにそれぞれ10000点ずつ。
で、ハコるとさらに10000点マイナス。
つまり、ハコテンジャストで60万失うことになる。
そういう麻雀なのである。
しかも、裏ドラ、立直一発にはそれぞれ1チップ(5000円)が付き、役満には5チップが祝儀としてついてくる。
役満なんて滅多に出ないだろうと思われるかもしれないが、3人打ちではかなりの確立でできあがってしまう。

とまぁ、説明はこれくらいにしておこう。
この麻雀漫画のような世界で、俺はバイトをしていたのである。
年間で稼いだバイト料は310万ほど(自給だけの純給料)、そして勤務中に打って負けた額は年間308万くらいだったと思う。
誰しもが馬鹿だと思うかもしれないが、そういう世界にいたのである・・・。

安岡の起家で1回目の半荘がスタートした。
これから明日の朝10時まで、泥沼のような麻雀を打つことになる・・・。

808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:50:19 ID:/HSx4T8e0
マージャンを知らない俺には良く解らないんだが何が凄いの?

809 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:51:05 ID:Cl5TSLmw0
>>808
黙って読んどきなさい

810 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:51:34 ID:l66ei5/P0
う〜〜〜、ある意味シゲルとの情事よりスリリングwwwwwwwww

811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:53:14 ID:l66ei5/P0
>>808
この麻雀にボロ負けすると君の年収が飛ぶくらい金が動くんだよ。

812 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:53:50 ID:+EEjrxx+0
これが裏マージャンか…
兎とか天牌みたいだなwwwwwwwwwwwwwww

813 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:54:14 ID:cmbOKpAL0
>>808
下手すると普通のサラリーマンの年収位が一晩ですっとぶ位凄い

814 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:54:21 ID:0QwSuwcw0
ワンツーデカピンワレメで打って先輩に口利いてもらえなくなったことがある

815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:54:34 ID:l66ei5/P0
>>812
ばっかw兎はデカウーピンだぞwwwww

816 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:55:09 ID:/HSx4T8e0
なんとなく解りましたww

817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:55:17 ID:SvBgRIGH0
>>808 ハイリスク・ハイリターン
勝っても地獄、負けても地獄。家に帰ればローション天国。

818 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:55:45 ID:lyNi2AhR0
このレートで12時間やってボロ負けすると年収とかでは収まらない気がする

819 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:55:57 ID:l66ei5/P0
>>817
ワロスwwwwwwwwwwwwww

820 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:56:19 ID:+EEjrxx+0
でも麻雀で超展開つーことは…
うはwwwwwwwwwwww

かなり期待してる俺ガイル

821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:57:24 ID:l66ei5/P0
俺ずっと下げ忘れてた・・・

822 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 15:57:39 ID:5Vb6fOuH0
出だしは調子よかった。
上がるたびに点数を金に換算し、ああ、これが自分の金になればなぁ・・・。と嘆いていた。
1回目は俺のトップに終わった。
終始ニコニコ顔の安岡に比べ、一度も上がることができなかったパパイヤはかなり険悪な表情。
おいおい、まだ始まったばっかだろ。簡便してくれよ・・・。

合計69万ほどが俺のケースに追加された。

「じゃあ、今日はここまでで。」

と言ってやりたい気分だったが、間違いなく殺されると思ったので、そこは我慢した。
ああ、彼女に早く会いたい・・・。
一息つくたびに彼女のことばかり考えていた。

そして2回戦、早々とケアレスミスからパパイヤに大三元を放縦。
心で泣いた。

このパパイヤはそういう星の元に生まれているのか、のってくると手がつけれない。
この時の大三元なんて、役牌は全て暗刻になっていて、おまけになぜかリーチなどをしていた。
基本的に親の番では子供のリーチには全部突っ張り通すのが俺のサンマスタイル。
明らかに大物手とわかるとき以外は、いつもそうやっていた。
この時も、どうせあたっても倍満くらいだろうと、余裕な顔で危険は牌を打っていた。


823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:57:50 ID:cmbOKpAL0
>>821
べつにどっちでもいいらしいぞ

824 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:58:52 ID:cmbOKpAL0
>>822
ぇえっと…いくらになるのかなwwwwwwwwwwwwwwww

825 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:59:13 ID:IeCVjduC0
暗刻で大三元てwwww
コワスwwwwwwwwww

826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:59:20 ID:l66ei5/P0
パパイヤwwwwwwwwスゴスwwwwwwwwww

827 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 15:59:28 ID:+EEjrxx+0
ここから逆転劇ですか?wwwwwwwwwwww

828 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 16:00:02 ID:5Vb6fOuH0
#結構麻雀好きな人多いね〜。びっくり。
#ちなみに、オーナーが自分で打つときはデカウーでした。
#さすがにチップじゃ無理なんで、10時時点で清算して、その後3人で銀行いってました・・・。
#本当に、心臓に悪いです。

829 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:00:59 ID:l66ei5/P0
てか、大三元聴牌で役暗刻でリーチてwwwwwwwwwww
パパイヤもしかしたら普段鴨にされてるんじゃねぇか?w

830 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:01:34 ID:lyNi2AhR0
この話大丈夫なの?
オーナー目付けられたりしないのかしら・・・・

831 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:01:37 ID:SvBgRIGH0
うはwwwwwww変態さんの顔が一気にカイジにwwwwwww


ゴクリ



緊張しまくりんぐwwwwwwww

832 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:01:50 ID:l66ei5/P0
>>828
うはwwwwwwww連行wwwwwwwwwwwwww

833 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:02:29 ID:IeCVjduC0
ざわ・・・・

    ざわ・・・

834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:02:38 ID:+EEjrxx+0
ざわ……ざわ……

835 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:03:46 ID:l66ei5/P0
もし俺が漫画家なら確実にゴラクか、アフタヌーンあたりで連載だな。

836 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:04:38 ID:PRlufIXc0
でっかいリプレイに期待しちゃって、バカみたいな俺

837 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 16:07:34 ID:5Vb6fOuH0
牌を倒されてガックリくる俺。
パパイヤの声が店内に響き渡る。

「よーし!大三元じゃ〜、どうや〜!祝儀と合わせて8万や〜!」

おいおい、こらこらこらこら・・・・。
うれしいのはわかるが、金額を口にだすなってオーナーに言われてただろうが・・・。
いっつもお前が来ると、他の客が帰っちまうんだよおおおおおお。

心でしか言えない情けない俺。
しぶしぶと3万2千点分の点棒と、チップ10枚(放縦なので一人払い)を差し出した。
すでに残り1000点。
もういい、この半荘は捨てよう。
案の定、次の次の局でハコテンをくらった。
合計70万ほどを奪われてしまった。
あははは〜。

それから、パパイヤの独壇場。
安岡はもともと麻雀がうまいわけでなく、オーナーいわく金ヅルらしいので、気にも止めていなかった。
それにしてもマズイ。
さすがにこのばかりは麻雀に集中するあまり、彼女のことは一時的に頭の中から離れていた。

838 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 16:10:40 ID:5Vb6fOuH0
#>>830 現行犯じゃないと捕まらないんですよ。
#一度だけ、管轄の警察が来たことありましたが
#このお客さんは毎日来たり、決まった日に来るわけじゃないので
#店と特定されても捕まえられることはないと思います。
#っていうか、安岡はカジノがばれて捕まっておりましたが・・・w
#あと、今もこの店が続いているのかは不明です。
#4年前にここでのバイトは終えてしまっているのでw

839 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:11:08 ID:0QwSuwcw0
ざわ・・・ざわざわ・・・

840 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:13:15 ID:nteFUxbx0
艶姿純情からいきなりアカギかよwwwwwwwwwwwww

841 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:16:18 ID:lyNi2AhR0
>>838
そかそか
これで安心して雀鬼の続きが読めます

842 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 16:18:11 ID:5Vb6fOuH0
10回戦を終えたところで、3回目のおかわりをカウンターにもらいにいき、店長にSOSを出した。
(おかわり=チップ追加。つまりこの時点で200万負けwwwwwwwwっうぇwwww)

「松山さん、もう無理っすわ・・・。変わってください。パパイヤ止まりません。」

「え〜、しゃーないやっちゃなぁ。ほんなら、これ、3番卓の山本さんとこ、もっていって。」

そういって俺にアイスコーヒーを手渡し、チップケースを手にして卓へと向かう店長。
その後姿が本当にありがたく思えた。
とりあえず言われたようにコーヒーを届け、カウンターに入ってタバコに火をつけた。

ああ、早く帰りたい・・・。
さっきは一時的と言えど、彼女のことを忘れてしまっていた自分に嫌悪を抱いていた。
やっぱり、そろそろ麻雀はやめてまともにバイトしようかな・・・。
なんだかんだで、毎月の給料は全て客との相手ですっとんでいっている。
何のために働いているのか?と言われたら返す言葉はないが、しいて言えば、無料で毎日麻雀ができて、あわよくばお金がもらえる。ということか。
こんなことに魅力を感じるのはかなりの麻雀好きだけだとは思うが・・・。

843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:22:27 ID:cmbOKpAL0
パパイヤ止まりませんワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

844 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:23:55 ID:t2xsCOXi0
俺も麻雀良く知らないんだけどうまい人ってのはお金持ちなの?
200万負けって((((((;゚Д゚))))))

845 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:24:38 ID:Cl5TSLmw0
金持ちとか関係ない
なくても突っ張るときは突っ張る

846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:28:03 ID:ynxvQP7s0
ヒント:恐らく8がつく

847 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:29:25 ID:OHvpkOI80
おいついたwwwww
ローションでチンチンおっきしてwwwwwっうぇw
高レート麻雀でもチンチンおっきしたwwwww

848 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:30:55 ID:0QwSuwcw0
変態さんの脳内イメージ画像がカイジに変更されつつある

849 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:31:05 ID:WSQ0MkON0
追いついたおもしれー
興奮して追いついたっていうのなかなか打てなかった
手に汗握ってしまう。

850 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:31:22 ID:+EEjrxx+0
麻雀やったから金持ちになるんじゃなくて
金持ちだから麻雀やる

まあこういう高レートの麻雀は
ほとんどそっちの世界の人たちばっかり
普通の学生諸君はテンゴとかテンピンで細々とやっております

851 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 16:32:17 ID:5Vb6fOuH0
例の卓からはパパイヤの声が途切れることなく響き渡る。
横耳で聞いている分には、店長がどうやら勝っている様子。
さすが店長。元代打ち。
はぁ、それにしてもこうやって座っているのも退屈で仕方ないな。
今、卓についてる松尾にカウンター任せて、俺が卓につこうかなぁ。
っていうか、いつの間に来てたんだろうか。気づかなかったな・・・。

あまりにも退屈すぎて、ツレにメールを打ったみた。
そういえばこないだゲーセンで別れたきり、連絡を取り合ってない。
と言っても2日前のことだが・・・。

=============================================
件名:今手元に・・・
本文:諭吉さんの写真集(100ページ)が60冊ほどありますが・・・。
=============================================

送信っと。
つまらないメールを送ってしまったかな、と思っていたが、意外に食いつきは早かった。

=============================================
件名:Re:今手元に・・・
本文:はぁ?今日バイトかよ。今女と飲んでる。これから勝負。
=============================================

さすが、よくわかってらっしゃる。
てか、こいつ・・・また女持ち帰るつもりか・・・。
このツレ、顔がラルクのHydeと堂本剛を足して割ったような顔に
木村拓哉がドラマで演じるときの、独特な雰囲気を持っていて、男の俺から見てもカッコイイと思えるヤツだ。
なので、何もしていなくても自然と周りに女がついてくる。
そんなヤツと張り合ってもとうてい敵わないとは思っていても、ただ白旗を振っているだけなのはプライドが許せず、何かにつけてコイツとは競い合うことが多い。

852 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:44:23 ID:dtOej6aFO
シゲルも面白いが麻雀のほうが面白いwwwww

853 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 16:49:35 ID:Gq1ER0Wy0
でも、わかるなぁ。雀荘で働いてるツレも楽しいからっていってた。
最近やっと給料もらえるようになった(つまり負けが減ってきた)らしい。
漏れも遊びに行くことあるけど(東風回しの点3で長く遊べるから)大変そう。

そして店長さんの結果もちょと気になるところww

854 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 16:49:40 ID:5Vb6fOuH0
=============================================
件名:Re:Re:今手元に・・・
本文:ああ、パパイヤにやられたぜ。つーか、お前ちょっとは自粛しろって。
早いとこ彼女作って落ち着けよ。
=============================================

まるで自分には彼女がいるかのような一文だ。
ヤツに送信してから、そう気づいた。
これを見逃すことはないだろうな・・・。
なんて返そうか。

客に呼ばれてオーダーを取りながら、言い訳を考えていた。
言い訳というか、別に適当に作っておけばいいか。
紹介しろと言われてもうまいことかわせば問題ない。
と安直な考えででツレからの返信を待った。

=============================================
件名:Re:Re:Re:今手元に・・・
本文:いやいや、なんだその言い回し。まさかこないだの子か?
=============================================

予想通り。
迷うことなく文字を入力し、メールを返す俺。
なんかコイツの前では負けず嫌いになってしまう。
俺もまだまだ子供だな。と20歳になったばかりの小僧なりにマセたことを思っていた。

855 :199:05/03/14 16:56:25 ID:weY356eQ0
ざわ・・・
    ざわ・・・

856 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 17:05:27 ID:5Vb6fOuH0
=============================================
件名:Re:Re:Re:Re:今手元に・・・
本文:ん〜、まあ、まだ決まったわけじゃないけどな〜。
一昨日からずっと一緒にいてた。
つか、すまん。今から交代して卓つくからまた今度。
=============================================

自分からメールしておいて悪いとは思ったが、なんというか性格上携帯でのメールのやりとりを長く続けるのは億劫だった。
残り6時間、まだまだ半分しか時間はたっていない。
それにしても、退屈だ。
今更店長に代われとも言えないし、待ち席の本棚から漫画を10冊ほど抜き取ってカウンターに持ち込んだ。

ここの店ではバイトのこういう態度が容認されているので、金がもらなくても居心地のよさを感じてしまう。
交通費と勤務中の飯代も全て出してもらえるし。
オーナーが気のいい人だったので、ここのバイトは本当に楽しかった。
パパイヤと安岡が来る日以外は・・・・。

そういえばパパイヤの声が聞こえてこなくなっている。
ちょっと気になって店長の様子を見に行った。


857 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 17:05:50 ID:5Vb6fOuH0
うわ・・・。
店長のケースに生の諭吉写真集が・・・・。
どっちが差し出したものかはわからないが、店長の一人勝ちなのはすぐに察した。

ちょうど店長が親番でリーチ。
手は七対子で、抜きドラと赤ドラ(5は全部赤という悲惨麻雀)、本ドラを合わせて倍満手。
待ちは8ピン。

この店長、バイトの間では「8ピンの神様」と呼ばれていた。
店長が8ピン単騎で、リーチをしたとき、8割を超える確立でアガってしまう。
そのオカルトなメカニズムは俺もよくマネをしていた。

8ピンは場に1枚も切れていない。
店長の手の中に1枚。
そして、残り3枚は・・・。
なんと、安岡の手のうちで使われていた。
店長が空テンとは、珍しいな。と思っていたのもつかの間、安岡が店長の罠牌を引いてしまう。

安岡の手の中で8ピンは「67888」と1面子+雀頭として使われている。
そこへ安岡が5ピンを引いてきた。
5ピンは店長にはまだ通っていない。
しかも、全赤なために切り辛い牌である。
悩んだあげく、安岡は手の中から1枚8ピンを切ってしまった。


858 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 17:09:05 ID:5Vb6fOuH0
「失礼、ロンです。立直、七対子、ドラが5つで倍満になります。」

店長が牌を倒した。
「あ〜、しまったぁ。」と声を上げる安岡。
すかさず俺のほうを振り返り、ニヤリと笑う店長。
やっぱすごいわ、この人。と素直に思った。

店長の理論では、うちのように5が全赤のルールになると、キー牌として5の筋の2や8が大変重要な役目をするという。
少し考えればなるほど。と思えるのだが、それを完全に信じて実践し、見事に勝利につなげるというのは、なかなかできやしない。
さすがとしかいいようがなかった。

店長の勝ちパターンを見届け、今日は負けることないな。と安心しカウンターへ戻った。
正直、この店は立地条件が悪く、また他店に比べてルールがギャンブル性に富んでいるため、客足はよいほうではなかった。
そのために、オーナーがしぶしぶ知り合いを呼び込んでは、その人たちからお金を巻き上げ(言い方悪くてスマソ)、それを店の資金にしていた。
やがてパパイヤや安岡のようなものまでも巻き込んでいくようになってしまったのである。

859 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 17:11:22 ID:5Vb6fOuH0
#>>853 俺は入って半年間は毎月マイナスでしたよ・・・。
#全部繰り越されるので、次の月の給料がマイナス12万からスタートとか・・・。
#今ではいい思い出ですが、あのままどっぷりつかっていたら、えらいことになっていただろうな・・・。

860 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:12:08 ID:lyNi2AhR0
「失礼、ロンです」って言う最高位所属の人知ってるけど
決まりなのかしら

861 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:13:29 ID:CCtwKm420
>>860
フリー行ってみ、メンバーなら間違いなく「失礼」ってつける

862 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:15:16 ID:CCtwKm420
「御無礼」なら傀だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

863 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:15:30 ID:+EEjrxx+0
店長sugeeeeeeeeeeeeeee

864 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 17:25:51 ID:5Vb6fOuH0
#>>860 861さんの言うよう、マナーとしてお客さんに対してはそういいます。
#>>862 メンバー間ではそれでしたよw
#「御無礼、12000点です。トビですね?」とかw

865 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 17:27:48 ID:5Vb6fOuH0
#861さんの言うよう、ってのはおかしかったですね・・・。
#大体フリー雀荘では、店員はそういいます。
#また、お客さんがリーチすると、同席の店員が
#「○○さんより、リーチが入りました。みなさん、がんばってください。」
#などと、実況したりするお店もあります。

866 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:28:49 ID:dtOej6aFO
店長におれのパパイヤがおっきしたお

867 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 17:28:59 ID:5Vb6fOuH0
夜が明けると共に、一般の客は掃けてしまい、残っているのは例の卓だけとなった。
俺は松尾にサンデーとマガジンをコンビニで買って来ると伝えて、外へ出た。
さすがに夏と言えど、明け方は涼しい。
空気の悪い店内から外へ出て、思いっきり深呼吸をした。
さあ、あともう少し。
彼女に会える。

今頃はまだ、夢の中だろうか。
普段は一人で何をやっているのだろう。
仕事の付き合いとは言え、客とも体の関係を持つっていうのはどんな気分なんだろうか。
不思議と、彼女にその話をされたとき、客との体関係については特に気になることはなかった。
自分でもそれには驚いていた。
昔、ツレとの話題で、「自分の女が風俗嬢だったらどう思う?」ということに対し、自分は絶対嫌だと言っていたのに。

今はまだ、なんというのか、実感がないのだと思った。
あまりにも短い間に、たくさんのことを経験した、価値観を変えられてしまった。
これから少しずつ、彼女のことを知っていく上で、もっと違うものが見えてくるかもしれない。
今まだ、夢の中にいたい。
いつか覚めてしまうかもしれない、この夢の中で、安らぎに満たされていたいと強く思った。


868 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:29:08 ID:ofEotA4W0
まぁ、「いやっほう、それドーーーン!!」とか言ったら
射殺だな。

869 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:29:30 ID:lyNi2AhR0
いやフリーには通ってるから分かるんですよw
決まりなのね・・・・
ぼこっと沈んでる時に言われると物凄く腹が立つのは俺だけですかぃ?

870 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 17:44:29 ID:5Vb6fOuH0
#>>868 自分のいた店でそれ言ったときの雰囲気考えたらワロスwwwwwww

どうしてこんなことを考えてしまっていたのか。
彼女に対しての自分のはっきりした気持ちが自分でつかめず、いろいろな自分の意見がぶつかりあい、まとまりがとれなくなってしまっていた。
まるで脳が細胞分裂を繰り返すたびに、思考がコロコロと変わっているような気がしてくる。

彼女は何を考えているのか、知りたい。
彼女の考えていることがわかれば、俺も自分の気持ちをはっきりできるような気がした。
どうすれば彼女の気持ちをわかることができるのか。
表情やしぐさや会話から、ある程度のことを察することができても、結局それは知ったふうになっているだけなのか。
何かのアニメで言われたセリフを思い出し、思わず苦笑いをしてしまう。
そうとう頭わいてるな・・・俺。

コンビニでサンデーとマガジンを購入し、人気のない道をトボトボと歩く。
店の前まで来たところで、ものすごい音が遠くから聞こえてきた。
まるでF1でも走っているのかと思う勢いで、こっちに近づいてくる。

店先の角を曲がって出てきたのは、真っ赤跳ね馬だった。
それが店前に止めらるまでの様をぼーっと見ていた。

「お、タッちゃん、おはよう〜。」

助手席側から出てきたのは、オーナーだった。

871 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 17:45:29 ID:5Vb6fOuH0
「あ、おはようございます〜。って、これボスの車ですか?」

モーターショーでくらいしかお目にかかることのない、その大きなボディのスポーツカーをじまじまと見て言った。

「いや〜、違うよ。これは知り合いの〜。あ、そうそう、気づいても絶対に口にしちゃダメだよ。」

一瞬何のことかわからなかったが、運転席から出てきた人物を見て、すぐに悟った。
身の丈は俺より少し高いくらいで、俺よりも細身。
茶髪に赤い色のスーツ姿。この悪顔(ゴメンサイッ)は間違いない・・・。

「あ・・・。お、おはようございます。いらっしゃいませ。」

ちょっとキョドってしまった。
その人物はクスっと笑うと、車のキーを俺に渡した。
これは・・・。駐車場に回せということなのか・・・・。
いや、普通に無理だ。こんなもの乗れない・・・。
オドオドしていると、オーナーが助けてくれた。

「ああ、いいよいいよ、松山さんに頼むから。」

オーナーが店長のことをそう呼ぶのは、店長のほうがオーナーよりも年上だということと、オーナー自身も店長の麻雀の腕を認めているからだと聞いた。
とにかく俺はほっと胸をなでおろし、店長とその人物に続けて店に入った。


872 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:46:42 ID:4sROLXn6O
こっからが超展開か?

873 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:50:42 ID:ynxvQP7s0
店に入るとパパイヤの様子がおかしい事に気が付いた。

「どうかしましたか?」
「・・・」
「?」

反応のないパパイヤを尻目にホールに入ろうとしたその時
俺の目に映ったのは、

首のない安岡だった

俺が慌てて振り返ろうとすると頭部に強い衝撃を受けた。
薄れ行く意識の中で俺は全てを理解した。

(ああ、あんただったのか)

874 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:51:22 ID:ofEotA4W0
フェラーリの中でふぇらーりだな。

875 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:51:29 ID:nFjgobNv0
ワロスwww

876 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 17:54:59 ID:5Vb6fOuH0
途中、その人物が振り返って俺に声をかけた。

「自分、もうちょっと痩せたらジョッキーなれんで。どうや、やってみーへんか?」

突然何を言い出すのかと、思いきや・・・。
簡便してください。
丁寧にお断りをしておいた。

しかし、ビックリだ。
店に入るなりパパイヤがその人物を呼び捨てて罵倒している。
っていうか、いいのか、仮にも俺みたいな一般人の前で・・・。
まあ、詳しい人ならウワサの一つや二つは聞いているとは思うが・・・。
それにしても、この店にはいろんな人が来るものだ・・・。

ちょっと前にT書房という麻雀雑誌をメインに扱っている編集部から、取材以来を受けたこともあった。
ちょうどその頃、その会社の麻雀漫画で・・・(タイトル忘れ。萬の番外編で西がメインのやつ)というのを連載しており、その作者が自ら全国のフリー雀荘を取材していた。
バイト仲間の内では、もしかしたら来るんじゃね?などと冗談で言っていたが、本当に電話がかかってきて、その日だけは全てのバイト員が召集され、リフォームしたのかと思うくらいにまで店内を掃除した。

#ストーリーからどんどん遠ざかるorz
#自分史書いてるような気がしてきた・・・。

877 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:55:48 ID:yViGloGE0
フェラーリ乗ってて、茶髪に赤い色のスーツ。悪人顔。

加藤鷹だな。

878 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:58:43 ID:+EEjrxx+0
ここでアサダさん登場かwwwwwwwwwwwwwww

879 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 17:59:00 ID:t2xsCOXi0
>>876
読んでる方としてはわくわくしながら待ってるんですよw

880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:02:10 ID:wMpphYiC0
ずばり、田原成貴だな?

881 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:03:03 ID:4sROLXn6O
俺は最初キング連想した

882 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 18:07:53 ID:5Vb6fOuH0
で、やってきたのは、その漫画の作者にT書房の編集者、そしてなぜか予定外で現れた、麻雀大好き俳優H。
最初の2人はともかく、最後のHには度肝を抜かれた。
思わず「サインください。」と言いそうになった自分のミーハーぶりに萎えた。

結局2日間続けてその3人組みはうちの店に通い、その次の日に別の店を行くといって最後に漫画家のサインとケ○(伏せる必要あるのかな・・・w)の絵を置き土産に去っていった。

後日談として、楽しみにしてた漫画の京都編を読んで、店員全員で雑誌を床に投げつけたのを付け加えておこう。

ということがあったり、はたまた試合前日に宿舎から抜け出したと思われるプロ野球の中の人が来たり・・・。

ちなみにそのときは誰か知らなかったが、後で聞くと・・・ちょっと前アメリカから帰ってきて、今、日ハムにいてる人らしい。

とまぁ、この地域ではこれだけの有名人(一部8の人)が入る雀荘としては、珍しいほうだったとは思う。

883 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:08:00 ID:HO5HrWDg0
赤い色のスーツと聞いてルパンしか思いうかばない・・・

884 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:08:47 ID:LYeZGoQp0
萩原?w

885 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:09:49 ID:PRlufIXc0
ルパンの足首が気になってしょうがない

886 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 18:10:05 ID:5Vb6fOuH0
#いや〜、この当時のことをそのまま書いてるので、今はどうなってるんだろう。
#漫画くらいは晒しても大丈夫かな・・・?
#「フリー雀荘伝説 萬」の作者さんでした。

887 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:10:10 ID:ynxvQP7s0
野球選手はしんじぉか?

888 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:11:21 ID:weY356eQ0
新庄以外の何者でもない

889 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 18:14:27 ID:5Vb6fOuH0
うああああああああああああああああああああああああ
やっちまったあああああああああああああああああああああ

つい、気が緩んだ。
頼む、みんな全力で、全力でスルーお願い。
本当に頼むorz

890 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:15:08 ID:5vGDPmZo0
どうした?

891 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:15:17 ID:+EEjrxx+0
いや違う
SHINJOだ

892 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:16:44 ID:weY356eQ0
フェラーリ = 新庄 = スルー

893 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:18:31 ID:LKAttRhH0
うはー夢が広がりんぐ

894 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:18:47 ID:5vGDPmZo0
>>892
ルーマニア

895 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 18:20:33 ID:5Vb6fOuH0
そんなわけで、オーナーが店長と交代し、店長は赤い跳ね馬を車庫へと移動させにいった。
カウンターでは松尾が目の前の光景にオドオドしていた。
まあ、無理もない。俺だってキョドった。
というか、これ絶対写真撮ればスキャンダルネタで売れると思う。
そんな勇気はなかったが・・・・。

さすがに店前もにぎやかな時間になってきて、さすがのパパイヤも体力の限界といったところだった。
結局9時過ぎごろに、その極悪な麻雀はお開きにされた。
結果は店(オーナー)が340万勝ち。
このところ負け続けていたので、オーナーは機嫌がよかった。
小遣いを2万ももらった。

そしてパパイヤと安岡と跳ね馬の運転手は、3人揃って店を出て行った。
去り際にまで、ジョッキーを誘われたが、まじで簡便してださい。と断っておいた。

やつらの去った後の片付けが終わるとちょうど10時を過ぎていた。
俺はすぐさま着替え終わると、店を飛び出した。

896 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:23:23 ID:ofEotA4W0
なんてスリルとサスペンス・・・

897 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:25:21 ID:4sROLXn6O
変態さん(159cm)よりちょい背が高い程度だからあの宇宙人じゃないんじゃ?

898 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 18:28:58 ID:5Vb6fOuH0
店を飛び出した俺は、すぐさま彼女に電話をかけた。
3回ほどの呼び出し音の後、彼女が電話に出た。

「あ、俺、タツヤ。今終わったとこなんだ。今からいくね。」

「お〜、お疲れ様〜。お昼前くらいになるよね?ご飯どうする?」

そういえば、結局バイト時間中に何も食べていなかった。

「あ〜、シゲルさんは?まだ?」

「うん、まだだよ〜。」

「じゃあ、一緒に食べようか。どっかお店いく?」

「そうだね〜、今何もないしなぁ。」

「わかった〜、じゃあ○○のバス停で待ち合わせようよ。」

「おっけ〜。」

彼女の声を聞いたとたん、バイトでの疲れが癒された。
どうして彼女は俺にとってこんなにも心地よいのだろう。
俺は急ぎ足でバス停へと向かった。

899 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:31:45 ID:weY356eQ0
麻雀篇はいろいろ情報が詰まってるな

900 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 18:32:40 ID:5Vb6fOuH0
#やっと本編へ戻れたところで、晩飯です。
#しばしお待ちを・・・。
#やっぱ、危険な身の上話は、怖いですな・・・。
#でも、調子の乗ってきて自分の全てをさらけ出したい俺がいる件。

901 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:41:31 ID:CQutOnJ70
全てをさらけだしちゃえ!

勝手に作っちゃっていいのかわからないんですが
まとめサイトとか作ったほうがいいですか?



902 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:42:15 ID:oJa1zwWN0
>>900
もりもりくってらー

903 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:43:15 ID:oJa1zwWN0
>>901
本人は個人情報さらけだしたいって言ってるけど
この場だけにしといたほうがいいと思うぞ

904 : ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 18:45:07 ID:L6JF759b0
マダツヅイテルノネ・・・

コレカラハ「ヘンタイサン」ッテヨブホウガイイノカナ?

905 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:46:59 ID:FNqQ7Y9U0
リアルではスルーがダンディズム

906 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:47:16 ID:B21+Ydyd0
個人情報をうまく隠せる形でまとめサイト作れないかな

907 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:47:42 ID:OwvPTBj+0
シゲルさんはハスキーなボイスしてるって前かいてたけど
初めて会ったら女性と間違えるくらい高い声してたの?
俺の友人でその道に入った奴がいるんだけどまだ声低くて
ちょっと怖いw
その人とは昔からの友人なんで特にいやがる事も無く今もよく遊んだり
してるんだけど。

908 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:52:40 ID:4sROLXn6O
>>904
あんたも忘れてやんなよ、ねちっこいな

909 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:52:50 ID:A0iE4Aiz0
ハンゲで20歳の女の人と知り合ったらヤクザの愛人だった来春から工房の俺が来ましたよ

910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:54:42 ID:6yL93JVv0
高校の同級生でちょっとそれっぽいなって友達がいて、
まさかと思って気にもして無かったけど、
高校時代を振り返ると色々さわられてたなと気付いたwwwwwww

911 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 18:55:35 ID:5Vb6fOuH0
#>>901 こんな私的な過去回想にまとめなんて勿体のうございまする。
#作っていいのか?と聞かれてしまうと困るのですが、
#自分の見解としては、このような場に書いた時点で
#自分の知らない不特定多数の人に見られてしまうという意識はしていました。
#なので、本編ではそれなりに気を使っていたのですが・・・。
#麻雀編で調子に乗りすぎました・・・orz
#もしも、作られるのであれば、止めることはしませんが
#できれば麻雀編は省くか、うまいこと隠しつつやっていただければと思います。
#バイトへと出かけた>>771の後、>>898につなげてもらえれば、それなりにつながるとは思うのですが・・・。
#あと、自分で書き溜めたこれまでのものを、自分自身で校正してHTMLにまとめたりしています。
#ここまで書いたのであれば、ちゃんと小説にしてみたいな。と思い、誤字脱字を見直して
#表現などをうまく統一させて手を加えてあります。
#公開する気はありませんが、完結したときに渡すとお約束している品と同時に
#圧縮ファイルにてこれらの清書したものを期間限定で、アップしようかと考えています。
#>>901さんへの解答になっているかどうかわかりませんが、とりあえず、自分はそう考えていますので
#>>901さんの善意にお任せしたいと思います。

912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 18:59:55 ID:WGNc3YCU0
勝手に作っちゃダメだろ、1が今マズいと思われるようなことかいちゃったって言ってるわけだし

913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:05:17 ID:h5XNffia0
>>911
変態さん、それはあなたの著書になるわけだから、
うpしてくれるのはウレシイけど、その前に出版社にメールしてみるってのは
どうだろう。

914 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:07:20 ID:weY356eQ0
シゲルの了解は得たのか?

915 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:07:28 ID:H41KMSt00
>>904
空気嫁

916 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:09:14 ID:h5XNffia0
ちなみにここで宣伝するって手もある

http://yamaken.ameblo.jp/entry-71b006d197fc990ca18bab7fc7bd53f2.html

917 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:10:42 ID:WGNc3YCU0
何故、そんなに書籍化を薦める?

918 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 19:16:13 ID:5Vb6fOuH0
#いや・・・書籍化を狙ってのHTML化ではないです。
#自分自身の自己満足のためだったので・・・。
#シゲルには、このことはまだ伝えていません。
#この間送ったメールにはここのアドレスと、どうしてそうなったかの説明と
#シゲルっぽいのがいるけど違うよね?という内容で、送りました。
#もしかしたら、ホットメール見てないのかなぁ・・・。
#もう少し待って見て電話してみようとは思いますが、シゲルの性格と僕らの今現在の関係からいくと
#本編に関しては問題ないだろうと思っています。

919 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:17:01 ID:4sROLXn6O
仕事先の人に鳥バレしてるし、もし出版したいんなら
今のうちに鳥変えた方がよくない?

920 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:18:12 ID:/3VryuNj0
もうすぐ次スレの季節。

921 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 19:18:22 ID:5Vb6fOuH0
バスが到着する前から、彼女は待ってくれていた。
俺は素早く運賃を支払うと、バスを飛び降りた。

「ただいま。」

「おかえり。」

ニッコリと笑う彼女がまぶしかった。
白のノースリーブに水色の膝丈スカート。
大きな白い日傘をさして、彼女は俺の帰りを待っていてくれた。

「お疲れ様。」

そういって、彼女はバッグからお茶のペットボトルを差し出した。
ちょうど喉が渇いてたので、とてもうれしかった。
けど・・・、これって気が利くってレベルじゃないような・・・。

「は〜、生き返った〜。ありがとw
 てか、どうしてわざわざ買ってくれてたの?」

別に超能力者か?だなんて疑ったわけではない。
彼女がどんな答えをするのか、それが気になって聞いてみた。

922 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:22:18 ID:FpiQ6fxk0
仕事が終わって、飯も食わずにPCの電源を入れた俺が来ましたよ。

923 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:22:49 ID:AITs2tb20
出版社の立場で言わせてもらうなら
書籍化事体が記念出版的なものである。
電車男は例外としてね。

変態さんの純愛物語だとおれは思ってるけど
ただ性描写がどぎついから、一般書籍って訳には
いかないと思うよ。

電車男以降商売になるって安易に考えてる、版元多いよ実際
取次も今なら多めにとってくれるしね。

まあ、話が完結してからでいいんじゃね?




924 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 19:29:59 ID:5Vb6fOuH0
「ん?あ〜、なんとなくw」

「ん?それだけ?w」

「ん〜、タツヤ君のことだから、バイト終わったら一目散に帰ってきてくれる気がしてねw
 途中で買おうにも買えないんじゃないかと思って・・・wうぬぼれだけどねw」

恐れ入った。
照れながらもタオルまで差し出してくれる彼女。
本当に彼女は最高だ。

「あははっ、すごい!すごいなぁ、シゲルさんは!」

自然と声が高ぶってしまう。
俺は彼女の手を取り、大きく上へ下へと振ってみせた。

「やだっ・・・痛い痛いwどうしたのよ〜w」

「あはっ、ごめんごめんwあまりにもうれしくってw」

「もう、大げさなんだから〜w」

彼女ははしゃぐ俺を見てクスクスと微笑み続ける。
俺のテンションは変わらぬまま、心が躍り続けていた。


925 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:33:00 ID:2VHWxd280
だからなんで書籍化の話してんだよ
変態本人が書籍化は狙ってないつってんだろーが

926 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:35:20 ID:wEQCgF0Y0
もうそう怒るなって。
わざわざsageでやるような貴重なスレなんだからまったりしようぜ。

927 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:41:18 ID:t2xsCOXi0
次スレはいくつになったらたてる?

928 :変態さん ◆4mlS.uDZqw :05/03/14 19:42:54 ID:5Vb6fOuH0
「さてと・・・、何が食べたい?臨時収入があったから、好きなもの言ってねw」

そういや、オーナーから小遣いをもらったのを思い出した。
しかし、調子にのって臨時収入だなんて言ってしまった後で、まともや「しまった。」と我に返る。

「え?奢ってくれるの?悪いよ〜。こないだも奢ってもらったし。」

臨時収入については深く気にしてないようだ。
というか、俺が心配しすぎなのかもしれないな。
遠慮する彼女を「いいから、いいから。」と俺が押さえ込み、なんとか俺が彼女にご馳走することに。
彼女のリクエストは冷たい食べ物だった。

「う〜、思いつくのは・・・ざる蕎麦、冷やしうどん、冷やしそうめん、冷やし中華くらいなんだけど・・・。
 あ、あと一応冷製パスタという手もあるけど、こないだ五○衛門いったとこだよね・・・。」

「そうねぇ、まあ涼しいところならどこでもいいよ。」

と言われても、ここらへんにあるのはラーメン屋か小さな定食屋くらいのものだ。
しかし、暑い中じっと立ち止まって考えているわけにもいかない。
こうなったら、ラーメン屋でも行くか。
冷やし中華はかなり好きだし。

#次スレ・・・、どうしましょう。
#どのタイミングがいいのやら・・・。

929 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:44:05 ID:2VHWxd280
せっかく面白い話してるのにうざいこと言ってたもんだからついかっとなってやった
今は再読しておっきしている


偽者がまだうろちょろしてるみたいだからわかるうちに酉変えしてほしいなぁ
絶妙のタイミングで首の無いツレとかやられたら

930 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:45:33 ID:h5XNffia0
いやしかし、なんて素敵な情景なんだろうなぁ。

ああああああああ!!ざる蕎麦くいてぇえええええええええwwwww

931 :変態さん ◆ygLwUQlNuI :05/03/14 19:55:00 ID:5Vb6fOuH0
「ん〜、そこの天○いこっか。なんかじっとしてても暑いし・・・w」

「そうねぇ、ここらへん何もないもんね・・・w」

結局、二人とも暑さに負けて妥協したような感じでラーメン屋に向かうことにした。
お昼時なだけに結構な人が入っていた。
テーブル席は全て埋まっているようで、カウンターへと通された。
一番奥まで進み、彼女を先に座らせた。

「はぁ〜、すごい人。ここってこんなに込んでるんだ〜。
 普段こないからわかんなかったなぁ。」

店内を見回して感心する彼女。
そう、やっぱ来るわけないよな、こんな店。
いや、こんな店と言ったら店に失礼か。
少なくとも、俺とツレはこのチェーンは絶賛である。

ホールの店員はかなり忙しいようで、呼びかけて返事しているにも関わらず、俺と彼女のとこへ来るまでに5分はかかっていた。
やっとのこよ一人の店員がこっちへ来てくれて、注文を聞いてくれた。

「冷やし中華、2人前。一つ大盛りでお願い。」

初めてくるお店に興味深々の彼女。
カウンターの目の前に見える調理場をじーっと眺めていた。

#>>929 了解、トリ変更いたします。
#同僚はお茶目さんなのですが、みなさんがそうおっしゃるのでしたら
#オイタはダメヨ。とすぱんきんぐしておきます。

932 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:56:54 ID:cmbOKpAL0
>>931
すぱんきんぐうp

933 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:59:19 ID:2VHWxd280
うpだな

934 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 19:59:50 ID:wA+trv1J0
>>932を見て
あぁここはVIPなんだなと思い出した

935 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:05:03 ID:PRlufIXc0
>>934
薄く笑った

936 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:05:18 ID:oJa1zwWN0
癒されるう

937 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:06:11 ID:oJa1zwWN0
>>927
>>950>>960くらいじゃね?

938 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:09:09 ID:wEQCgF0Y0
万が一落ちた場合、変態氏に”シゲル”が入ったスレタイで立てて貰う方向でいいかな?
超展開スレが残っていればそこに誘導を書き込んでくれるとありがたい。

939 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:11:26 ID:T3KDpxVh0
TOKIO大学物語

940 :901:05/03/14 20:19:14 ID:CQutOnJ70
変態さん氏がhtml形式にされているバージョンがあるのであれば
それのうpを期待して、私はまとめサイトを作らないことにします。

先ほどはぶしつけな質問を大変失礼しました。


941 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:22:16 ID:w9eaQWiz0
それにしてもここはVIPなのに全く荒れる事を知らないいいスレだな
住人も実に暖かく、礼儀正しいし
それもこれも変態氏の人柄と文才のおかげだろう
リアルで参加できていることを誇りに思う

942 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:22:37 ID:+vgT9ui60
>>940
どんまどんまい
気にするな

943 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:34:00 ID:5vGDPmZo0
同僚にはすでにカミングアウト済みなのか…
そしてNYに張られる伏線、ああ!妄想がひろがっていく

944 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:36:30 ID:oJa1zwWN0
つーか変態さんがここのスレをシゲルさんに教えてるってことは
本人みるんじゃね?俺ファン1号な

945 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:40:02 ID:ZrNLQK370
ホントVIPらしくねースレだ。

946 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:41:44 ID:qynkEF2X0
変態さん本人の主観でしかシゲルさんのビジュアルが評されてないから
漏れはまだ感情移入出来ずにいる、まぁ写真うpでもなきゃ無理なんだが
妄想力弱いんだよな漏れ、どうしてもフレディマーキュリーみたいな方向に想像してしまう


947 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:41:48 ID:wA+trv1J0
だがそれがいい

948 :変態さん ◆ygLwUQlNuI :05/03/14 20:54:29 ID:5Vb6fOuH0
#PCの前で意識を失っていた件について。
#眠気がひどいらしい・・・。
#シャワー浴びてきまする・・・。

949 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 20:56:03 ID:gA9LUBZW0
>>946
矢田亜希子にチンコがついてると全力で妄想しるwwww

950 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:08:43 ID:65PSJRi1O
>>948
変態さん無理すんな。家帰ってずっとPCの前にいるんだろうから…
楽しみにはしてるけど体調崩したりしたらシゲルも心配すんぞw

951 :950:05/03/14 21:11:33 ID:65PSJRi1O
しまった今出先で携帯なんだ…誰か次スレ頼むorz

952 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:15:36 ID:eNaKPeG30
>>941
書く側の心?が伝わってくりゃ荒すやつは少ないと思う。

953 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:20:54 ID:0QwSuwcw0
麻雀格闘伝説シゲル

954 :変態さん ◆ygLwUQlNuI :05/03/14 21:29:32 ID:5Vb6fOuH0
#>>950 お気遣いありがとうございます。
#しかし、否。
#自分は結構タフなほうだとは思うので、大丈夫かと。
#何より、早く書き上げたい一心でいますのでw


955 :変態さん ◆ygLwUQlNuI :05/03/14 21:30:03 ID:5Vb6fOuH0
「ね、昨日の夜は何してたの?」

野暮なことかとは思ったが、聞かずにいられなかった。
彼女がいつどこで何をしていたのか、全てが気になりだしていた。
過去についての詮索には自然とブレーキがかかるというのに、一体なんでだろう。

「ん?家にいたよ?どうしたの?」

特に変わった様子もなく、淡々と答える彼女。
ウソをついているようには見えない。
って、何を気になってるんだ俺は・・・。

「そかそか、ごめん、なんとなく気になってしまってw」

「変なの〜。」

そういってまた厨房を覗き込む彼女。
よっぽど珍しいのか、ラーメンの出来上がる様を必死で見ていた。

そのうちに俺と彼女が注文したものと思われる冷やし中華が皿に盛られた。
どう見てもラーメン屋というよりかは、土建屋の兄ちゃんにしか見えない店員が、両手にそれを持ってやってきた。

「わぁ〜、こういうところで食べるの初めてw」

彼女がじまじまと皿に盛られた冷やし中華を見ている様を横目に、俺はかぶりつくように自分の前に置かれた冷やし中華にむしゃぶりついた。
彼女も「いただきま〜す。」と小声で言った後に、丁寧に麺をすくって口へと運んだ。

956 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:31:29 ID:OwvPTBj+0
次スレ建ててみる

957 :変態さん ◆ygLwUQlNuI :05/03/14 21:31:48 ID:5Vb6fOuH0
「おお、冷やし中華の味だ!」

いきなりそんなことを言われて、思わず噴出してしまった。

「うはっ・・・。何してんのよ、タツヤ君w」

「い、いや・・・。シゲルさんがんなこというんでもんw」

「え〜、何か変なこと言ったかぁ?私のせいなのか〜?」

「や、そういうわけじゃないけどwおもしろかっただけw」

「んもう、お馬鹿さんだね。」

その後は、しきりに「おいしい」を連発しながら夢中で冷やし中華を口へ運んでいた。
なんでも普段食べるのは、きちんとしたラーメン屋のものではなく、コンビニか自分で作るか、デパートの大衆食堂にあるようなお店だと言っていた。
俺やツレからすれば当たり前のことでも、彼女にとっては新発見。
なんだか彼女が少し俺に近づいてくれたような気がした。

食べ終わった後は、休む間もなく店を出た。
次から次へと人が入ってきて、とてもなじゃないけどゆっくりできそうにもなかったからだ。

店を出た俺と彼女は、店の評論をしながら彼女家へと向かった。

#あああ、次スレどうしましょう。
#俺が立てますか?

958 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:32:31 ID:cmbOKpAL0
賭博艶愛録シゲル
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1110803486/

ごめん一足違いでたててきちゃった

959 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:33:31 ID:/3VryuNj0
>>958
スレ立てthx&乙です。

960 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:34:03 ID:OwvPTBj+0
>>958

リロードして良かった。

961 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:34:43 ID:cmbOKpAL0
>>960
宣言しときゃよかったスマソ
GJ

962 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:39:22 ID:oJa1zwWN0
>>957
正直俺は変態さんの記憶を5年間かけて読みたい

963 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:39:40 ID:H41KMSt00
賭博追加ワロスwwwwwww

964 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:39:56 ID:4sROLXn6O
>変態さん
このスレの残りは帰宅組の感想用に放置して
区切りいい所で投下は次スレでどうです?

965 :変態さん ◆ygLwUQlNuI :05/03/14 21:40:20 ID:5Vb6fOuH0
#スレたて乙&THX
#待っててよかったw
#ところで、先ほど自分で校正した文章をまとめているといいましたが、
#あくまで文章だけです。
#できれば、みなさんのレスも残したいと思うのですが
#ログの取り方がわかりませぬ・・・。
#ブラウザはスレイプニルを使っています。(ギコナビも一応ありますが、いまいち使い方わからないw)

966 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 21:41:11 ID:ynxvQP7s0
2ch専用ブラウザを使うんだ!
おれてきにはOpenJaneシリーズがオススメ

967 :変態さん ◆ygLwUQlNuI :05/03/14 21:41:14 ID:5Vb6fOuH0
#>>964 了解しました。
#ちょうどキリもよいと思いますので、続きは次スレに移動します。

968 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 22:02:52 ID:4sROLXn6O
このスレで例え目覚めなくてもシーメールに対する
認識だいぶ変わった奴多いだろうな

969 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 22:14:59 ID:w9eaQWiz0
続きは次スレで、みたいだね
変態氏&958氏乙です

こっち埋めますか?

970 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 22:19:19 ID:FRjVYF9f0
埋め

971 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 22:20:14 ID:wEQCgF0Y0
>>969
埋めちゃうと今見れて無い住人が路頭に迷う事になるから自然に埋まるなり落ちるなりのがいいかも。


972 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 22:28:24 ID:+mvavfvR0
>>666
亀レスもいいところだが2が満たされていると仮定すると
4の条件を満たして女性になるためにアメリカに行ったのか
そして変態さんとケコーン
うはwww夢が広がりんぐwwwwwww

973 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/14 22:30:29 ID:ynxvQP7s0
>>972
広がりすぎりんぐwwwwwww
ありえるな

974 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 00:10:21 ID:l3jBf3QwO
子供のいる男性が女性になろうとした(なった)記事を見た記憶がある

975 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 00:15:01 ID:6XjfXZNXO
マトリックスの監督兄弟の一人が身体も戸籍も女性になったよな

976 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 00:31:57 ID:qlqqAl/m0
コーマン兄弟!?

977 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 00:37:22 ID:CEqZ04fM0
貼り

ぼくの、わたしの体験した超展開2
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1110814249/

978 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 01:25:14 ID:c/1Xeyca0
>>946

>>362
シゲル
http://e-ch.org/up/src/vip8262.jpg


979 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 01:26:25 ID:c/1Xeyca0
あ、消えてました。ごめん。

980 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 02:22:14 ID:G1P11L6D0
一応緩やかに終わらせとくか

981 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 02:33:59 ID:EZZWicKp0
age

982 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 03:17:11 ID:0Yp/+Vfc0
も〜ちょいで

983 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 03:17:33 ID:0Yp/+Vfc0
1000だね!(><)

984 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 04:45:13 ID:0Yp/+Vfc0
おいおい落ちそうだぞ(汗

985 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 05:35:34 ID:s493cdgA0
やっと追いついた。
記念カキコ

986 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 06:53:22 ID:VY7q+tC+0
落ちないで

987 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 07:45:19 ID:2hV0jtUCO
保守

988 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 08:56:22 ID:0BsnPD9A0
保守

989 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 10:56:18 ID:fzeM3KGp0
保守

990 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 11:57:19 ID:rS2ubVBN0
賭博艶愛録シゲル
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1110803486/

ぼくの、わたしの体験した超展開2
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1110814249/


991 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 11:57:57 ID:B0j4AhaiO
1000

992 :モララー( ・∀・) ◆Ygp4MORaRA :05/03/15 12:30:24 ID:Bp6xsoE40
992

993 :モララー( ・∀・)3=A`$)lc5:05/03/15 12:32:26 ID:Bp6xsoE40
しかしあれですね

994 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 12:34:00 ID:ouglJaG40
>>993
とり公開?

995 :モララー( ・∀・) ◆Ygp4MORaRA :05/03/15 12:35:16 ID:Bp6xsoE40
だな

996 :モララー( ・∀・) ◆Ygp4MORaRA :05/03/15 12:36:55 ID:Bp6xsoE40
吉田茂タンハァハァ

997 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 12:38:19 ID:pMkQSiA80
あばよ涙

998 :モララー( ・∀・) ◆Ygp4MORaRA :05/03/15 12:38:34 ID:Bp6xsoE40
998age

999 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:05/03/15 12:39:16 ID:pc/z+57h0
シゲルは俺のもの

1000 :マララー( ・∀・) ◆uAUwMARaRA :05/03/15 12:39:18 ID:pMkQSiA80
暗黒時代の幕開けだ・・・

1001 :1001:Over 1000 Thread
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +        このスレッドは1000を超えました。
     〈_} )   |                                次スレも…VIPクオリティ!!
        /    ! +    。     +    +     *         http://ex7.2ch.net/news4vip/
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

277 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)